FC2ブログ

G-FRONT関西さんでライフプラン講演

 2回完結の、大阪でのライフプラン講座の後編です。前回のお金につづき、発病や介護、認知症時、そして終活など、セクマイの「老・病・死」について考えます。関西のかた、この機会にぜひご参加ください。

 2021年2月7日(日) 15時30分~
 クレオ大阪中央(谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3分)
 入場無料 要申込み(gfront@muh.biglobe.ne.jp)

 チラシ表
 チラシ裏

 

Comment (-)

第2回「高齢性的マイノリティの生活課題に関する研究会」

 当会では今秋より、「高齢性的マイノリティの生活課題に関する研究会」(略称:シニア研)を開始します。これは、高齢期にかかわる「専門家」による、ネットワークづくり、情報交換、高齢性的マイノリティへの理解深化の場とすることを目的としています。専門家とは、介護、医療、福祉、法律・後見、金融、葬祭、行政などの領域を想定しています。
 毎月第3金曜の夜に、メンバーによる事例報告や研究報告と全体でのシェア・討議を重ね、知見を蓄積していく予定です。ズーム併用ですので、全国からご参加いただけます。

【第2回研究会】 
 日 時:12月18日(金)19:00~20:30 
 場 所:東中野事務所(先着5人)+zoom参加
 題 目:私が見た、聞いた、セクマイ高齢期のあんな事例、こんな相談
 話し手:永易至文

 パープルや私に寄せられた/耳にした、セクマイ高齢期の難題事例を(プライバシー処理のうえ)いくつかご紹介し、シェアしたいと思います。

【シニア研への参加希望者は、当会へご連絡ください!】
 ・介護、医療、福祉、法律・後見、金融、葬祭、行政など高齢期にかかわる専門家(修学中も含む)によるネットワークです。お名前(いわゆる本名でお願いします)、職種・資格等、できれば勤務先を開示してお申し込みください。セクシュアリティ不問。責任あるネットワーク形成のため、匿名・匿職種のご参加は遠慮いただきます。秘密厳守。
 ・上記専門家に当てはまらないかたで、どうしても参加したいというかたは、当事務局あてアピールのメールをお寄せください。
 ・参加者は、一度は事例報告/話題提供をしていただくことを予定しています。傍観希望はご遠慮ください(笑)。セクマイ関連事例はもちろん、類似する高齢おひとりさま支援の実態報告も歓迎します。
 ・掲示板でメンバーの自己紹介、例会の案内、報告などを掲載しています。(お申し込み者へご案内します。)
 ・今後の例会は、12月18日、1月22日を予定しています。

 申込先:info@purple-hands.net シニア研希望と明記
 
Comment (-)

「パープル・ハンズをより良くするためのアンケート」集計報告(第1回)

 9月の1か月間、初の試みとしてアンケートを実施し、予想をはるかに超える248件の回答をいただきました。みなさんの貴重なデータやご意見は、来春にイベントを開催してお伝えしたいと思っていますが、それに先立ちメルマガで、集計結果や大まかな傾向を少しずつお伝えしたいと企画しました。第1回は、調査の概要と集計結果のあらましをご紹介します。

 回答者の年代は50歳代が35.1%で最も多く、ついで40歳代(31.9%)、60歳代(12.5%)と、この3世代(?)で8割近くを占めたほか、下は20歳代から上は70歳代まで、幅広い年代から回答をいただきました。お住まいの地域では、関東甲信越が79.3%を占めましたが、国内全域、そして海外からも回答がありました。
 自認する性別は男性が72.8%、女性が21.5%、男女以外の回答が5.7%、性的指向は同性が81.0%、異性が7.7%、左記以外や不明の方が10.3%でした。性自認や性的指向には当然グラデーションがあり、選択肢として区分けすることの難しさや回答する方の戸惑いがよく理解できるものでした。

 おもなお仕事、お住まい、同居人の有無、悩みごと・困りごと、参加したことのある活動や情報入手方法、パープル・ハンズの活動全般に対するご意見、そして活動への参加やお手伝いのご意向をうかがいました。悩みごと、感想や意見は自由記述にもかかわらず、最大で92件もの記入がありました。このアンケートへの感想には「回答を書くことで、自分と向き合う機会になった」「結果をフィードバックして、他の人がどんな思いを持っているのか知りたい」といった声が多く聞かれました。
 私たちの生の声(悩みごとだけでなく、良かったことや小さな工夫や知恵も)が会の活動に反映され、それを踏まえた情報発信によってそれがまた他の誰かの役に立つ――こういった循環がとても大切だということが、身に沁みてわかりました。
 呼びかけに答えてアドレスを開示してくださったかたも多かったです。今後、ヒアリングなどのお願いをするかもしれません。ご無理のない範囲でご協力いただけると幸いです。

 次号では、お仕事や生活実態、悩みごとなどの集計結果をご報告していきます。(文責:まぎゑ。理事)

Comment (-)

事務局長が、G-FRONT関西さん(大阪)で講演します

 性的マイノリティのマネー&ライフプラン講演会(全2回)
 第1回 性的マイノリティのマネープラン

 と き:12月6日(日) 
 時 間:15時開場、15時半開始 入場無料
 会 場:クレオ大阪西( 西九条駅から西へ徒歩約5分)
 申込み:12月5日(土)までに、G-FRONT関西のアドレス gfront@muh.biglobe.ne.jp へ、氏名、電話番号を記入の上、事前予約をお願いします。受付確認メールの発行をもって受付となります(注意事項、要閲覧)。
 
 結婚して2子をもつ「標準家族」を営むのではない性的マイノリティは、どういうライフコースを送るのでしょう。「お金は死ぬまで続くのか」「田舎に置いてきた老親をどうする」「子なしで迎える私の老後」ーーこのセクマイの3大難問を概観し、身体の動くうちに備えられるお金について、セクマイのライフスタイルに即した方法を考えます。

 参考
 チラシ表
 チラシ裏

 ※第2回は2021年2月開催予定
 一般財団法人ゆうちょ財団 2020年度金融相談等活動助成事業
Comment (-)

新設「高齢性的マイノリティの生活課題に関する研究会」の開始と募集

 当会では今秋より、「高齢性的マイノリティの生活課題に関する研究会」(略称:シニア研)を開始します。これは、高齢期にかかわる「専門家」による、ネットワークづくり、情報交換、高齢性的マイノリティへの理解深化の場とすることを目的としています。専門家とは、介護、医療、福祉、法律・後見、金融、葬祭、行政などの領域を想定しています。
 毎月第3金曜の夜に、メンバーによる事例報告や研究報告と全体でのシェア・討議を重ね、知見を蓄積していく予定です。ズーム併用ですので、全国からご参加いただけます。

【第1回研究会】 
 日 時:11月20日午後7時~8時半
 場 所:東中野事務所(先着5人)+zoom参加
 報 告:北島洋美さん(日本体育大学教員)
 「LGBの特別養護老人ホーム入居者に対するスタッフの対応―アンケート調査の報告」
 昨年末に特別養護老人ホームのスタッフの方に,LGB入居者への対応について調査を行いました。
 架空事例を用いた調査なので限界はありますが,そこで見えてきた傾向を話題提供します。

【シニア研への参加希望者は、当会へご連絡ください!】
 ・介護、医療、福祉、法律・後見、金融、葬祭、行政など高齢期にかかわる専門家(修学中も含む)によるネットワークです。お名前(いわゆる本名でお願いします)、職種・資格等、できれば勤務先を開示してお申し込みください。セクシュアリティ不問。責任あるネットワーク形成のため、匿名・匿職種のご参加は遠慮いただきます。秘密厳守。
 ・上記専門家に当てはまらないかたで、どうしても参加したいというかたは、当事務局あてアピールのメールをお寄せください。
 ・参加者は、一度は事例報告/話題提供をしていただくことを予定しています。傍観希望はご遠慮ください(笑)。セクマイ関連事例はもちろん、類似する高齢おひとりさま支援の実態報告も歓迎します。
 ・掲示板システムの利用を予定しています。メンバーの自己紹介、例会の案内、報告などを掲載していく予定です。(お申し込み者へご案内します。)
 ・今後の例会は、11月20日、12月18日、1月22日を予定しています。

 申込先:info@purple-hands.net シニア研希望と明記

 
Comment (-)

キャラバン・トーク再開(11月、12月)

 老後に役立つ場所を訪ねて交流する、セクマイ版おとなの社会科見学「キャラバン・トーク」は、当会の名物企画です。これまでも、特別養護老人ホーム、地域包括支援センター、訪問看護ステーション、地域クリニック、樹木葬霊園を訪ねてきました。
 春からはコロナでお休みしていましたが、11月と12月につぎの企画をいたします。いずれも人数限定ですので、ご希望のかたはお早めにお申し込みください。

【12月】
 社会福祉協議会が提供する「あんしんサポート」(高齢単身者の見守り事業)

 子なし・おひとりさまが多いセクマイの高齢期サポートには、地域の行政や社協の信頼できる事業を知ることが大切です。今回は、中野区社協が実施している「あんしんサポート」の説明を聞き、社協の活動について理解を深めます。
 あんしんサポートは、年会費15,000円で隔週の電話による安否確認、3か月ごとの自宅訪問をベースに、賃貸時の緊急連絡先や入院時の支援、また生活・福祉の無料相談のほか、有料で死後事務や遺言作成の引き受けなどもするそうです。
 利用は65歳以上の中野区民が限定ですが、他地域での社協の活用のコツ、そして地域で高齢者をどう支えるか、相互に理解を深める機会とします。

 日 時:12月13日(日)午後2~4時
 場 所:すまいる中野(中野駅北口2分)
 お 金:1,000円(会員証提示で700円) 限定15人
 申込み:info@purple-hands.netへ 名前(ニックネーム)と年齢、12月希望と明記 
 参 考:あんしんサポート 


【11月】
 プライドハウス東京レガシー 見学
 
 新宿1丁目に開設された「LGBTQ などのセクシュアル・マイノリティに関する情報発信を行う、ホスピタリティ施設」。10月にオープンし、話題となりました。おもに若者支援に注力するそうです。シニア層の多い当会ではあまり関連がないかもしれませんが、新しい施設ですのでいちど参観してみたいと思います。
 参観後は、となりの新宿御苑で、晩秋の東京を楽しんでみましょう(希望者のみ)。

 日 時:11月23日(祝、月) 午後2~3時
 集 合:2時に丸の内線新宿御苑駅 出口2(地上)に集合
 お 金:無料、限定15人 
 申込み:info@purple-hands.netへ 名前(ニックネーム)と、11月希望と明記 

  参 考:プライドハウス 
     新宿御苑の散策には別途、入園料が必要です

 現在、どちらも残席が若干名です。お早めにご連絡ください。

Comment (-)

TOKYO AIDS WEEK参加 ライフプラン講座

TOKYO AIDS WEEK 参加企画

陽性でも、そうでなくても
知りたい「セクマイのお金と老後」講座

12月2日、9日、14日 いずれも午後7時〜8時半
全3回、単発受講可 参加費無料


医薬の発達で、HIVは「死なない慢性病」になる一方、ウイルスと生きる「老後・高齢期」の課題が出現しました。老後のお金や孤立など、生活の問題に多くの人が不安を感じています。
これはゲイに多いHIV陽性者にかぎらず、「標準家族」からはずれた性的マイノリティみんなが抱える課題でもあります。

「暮らし(老後)と同性パートナーシップの確かな情報センター」である当会では、昨年まで開催していたライフプラン講座(今年はコロナでお休み)を、オンラインと事務所とで、アンコール開催いたします。セクマイ版で、「老・病・死」の基本的なことをお伝えします。(画像は昨年度のチラシ)

コミュニティでの困窮する仲間へ「支援」を広げるとともに、支援のいらない人を増やしていく、その両輪が必要です。老後の不安に、「知識のワクチン」を打ちませんか。

 1回 老後2000万問題は怖くない、いまから知りたい老後のお金……
 2回 入院・認知症、シングルでも同性二人でもできること……
 3回 セクマイ版終活 はじめの一歩……

受講回と、オンライン/会場受講の希望を明記して、メール(info@purple-hands.net)へお申し込みください。会場は先着3名までです。

講師:永易至文(当会事務局長、行政書士、FP)

 *この企画は事務局長の個人事務所で開催している講座を、AIDS WEEKの趣旨に賛同し、12月は無料で開催するものです。
 *東京エイズウイークのHPもぜひご覧ください。

Ej9kAOUUcAQVcVl.jpeg


Comment (-)

ウェブアンケートのご協力、ありがとうございました!

 先月のメルマガでご案内し、9月いっぱい募集させていただきました「暮らしや老後」に関するウェブアンケートは、おかげさまで「248」通のご回答をいただき、予想を上回る回答数に、理事会・事務局一同、驚き、また大いに感激しております。
 このアンケートは学術調査的に厳密に設計されたものではありませんが、性的マイノリティの老後問題に関心を寄せるみなさまの傾向が大ざっぱに把握できました。それにもまして、任意回答にお書きくださった数々のコメントが、じつに参考になることばかりでした。
 当会の今後の活動に活用するとともに、コメントにもご要望が寄せられていましたが、今回の結果をなんらかのかたちでみなさまにも還元させていただく所存ですので、いましばらく集計・解析にお時間をいただきますよう、お願い申し上げます。

 末尾に、あらためてご回答くださったみなさまに御礼申し上げますとともに、今後とも当会の活動に、ひきつづきご注視・ご関心のほどをお願い申し上げます。

 理事会・事務局一同

Comment (-)

レインボーフラッグサロン(性的マイノリティの居場所サロン)のご案内

 
 大田区「エセナおおた」(女性センター)では、性的マイノリティのサロンを毎月開催しています。今回、当会事務局長がファシリテーターとして参加し、「中高年期のセクマイ」をテーマにおしゃべりします。
 大田区在住のかたはもちろん、他地域からも参加できるそうですので、ふるってお申し込みください。

 日時:10月18日(日)10時~12時、無料、当事者および支援者(10名、先着順、要ZOOM)
 詳細、申込みはこちらをご覧ください。
 
Comment (-)

新冊子の発行

「情報センター」であるパープル・ハンズでは、このたび小冊子『「LGBT」終活ガイドはじめの一歩ーーひとりで逝(い)けるもん』(8ページ)と、老後・終活サポート事業の概要を示した「終活コンシェルジュ」のパンフレットを発行しました。単身高齢者のサポートは行政などでも大きな課題です。公的制度や公的セクター(行政や社協)のサポートをきちんと使い、備える方法を紹介するとともに、いま当会でできるサポートのあらましと費用をご紹介しました。
 今後、協力スポット(団体、スペース、女性センター、ゲイバー・ショップ等)で配布していくとともに、ご希望のかたには郵送いたしますのでご利用くださいませ。
 なお、賛助会員・近3年の元賛助会員のみなさまにはご郵送申し上げます。

【請求方法】
 返信用封筒(94円切手貼付、宛先明記)を同封して、当会へお送りください。
 封筒サイズは「長形3号」(A4三つ折りが入る)です。わからないかたは94円切手と宛先を書いたラベルをお送りください。
 いただいた個人情報は、今回の発送のためのみに使用し、会に保存しません。
 発送者として裏面にパープル・ハンズのゴム印を押します。

 住所:164-0003 中野区東中野1-57-2 柴沼ビル41 パープル・ハンズ

IMG_20201001_135000_resized_20201001_015024585.jpg

Comment (-)