第2回「にじ色あんしん老い仕度」講座 開催ご報告


 性的マイノリティ版、老後にそなえるライフプラン講座の第2回が終了しました。「シングルでも、同性二人でも、入院や介護、認知症、どうする?」と、病の場面をテーマに開催でした。

 36席の貸会議室が満室になるお申し込みでした。また、交流会にも18名のかたが参加され、なかなか会うことのできないシニア層のリアルな姿に、少し下の世代も興味深く質問を重ねていた姿が印象的でした。世代交流の場になっているようです。

 最近は、「友人に紹介された」「ラインでチラシの画像を送ってもらった」という口コミ系の参加が増え、広がりを感じます。また、上野のバラエティショップ(BIG GYMさん)で配布していただくと、「久しぶりにDVDを買いにきてチラシをもらい興味をもった」など、こちらもかなり効果がありました。シニアのかたが、チラシを見ながら「電話」で申し込んでくださるのも、この講座ならではと思います。
 
 アンケートに記された今回の参加の動機には、

 ・セーフティーネットが希薄な状態で、独りで生きる者にとって役に立つ内容だから。
 ・パートナーに親兄弟がいないため、私がいざというときにできることを準備したいから。
 ・現在、家族の入院や介護問題の真っ只中にいるため、参考になれば、と。
 ・若いと思いつつ、40歳を迎えて今後の自身の老後を考えなくてはと思い参加。

 など、中年ならではの家庭環境が目を引きました。いただいたご感想はさまざまですが、

 ・バラバラだった知識が相互につながり、まとまったのがとても良かった。
 ・講座の雰囲気があたたかくていいです。
 ・講座の参加者数が多いのにおどろきました(心強く感じました)。

 などの言葉に、主催者側としてもホッと安心しました。たしかにゲイの参加者が多いのですが、女性のかたも複数おられ、交流会でもたがいに打ち解けていたのが印象的でした。
 今後への希望、「知りたいこと」などには、今後の企画へのヒントも満載でした。

 ・老いた親との関係をみなさんどうなさっているのでしょうか。同居や介護で問題は出てないのか。母にはカムアウトしているんで、パートナーを加えて3人で暮らすことを検討中。そういう事例があれば知りたい。
 ・いずれひとりで死ぬわけなので、どう死んだか、ひとりで死んだあとどうなるかを知りたい。老後のための仲間作りと思いつつ、このコミュニティは団体行動が苦手なのが矛盾点。私は一人っ子なので、いずれ両親が亡くなったあとの一人っ子の老後の過ごし方について知りたい。
 ・介護段階になるまえで、老齢で具合が悪くなったときの病院のつきそいなど、ちょっとしたときに頼れる人をどう確保するか。現在友人に恵まれ、将来は助け合おうと話し合っているが、実際にはどうなるかわからず、シニアの人たちの事例を知ってみたい。
 ・老人の賃貸住宅の問題
 ・安心して助け合える仲間がほしい。一人暮らしでも安心して老後が迎えられるようなサービスがあるとよい。

 講座や相談は、専門家(行政書士、FP)でもある私からの一方通行な発信になりがちですが、生身の先輩たちの声や経験を相互にシェアできないか。せっかく多世代のかたが集まっているパープル・ハンズが、もっと生きた情報を学ぶ場になれないかーー今後の宿題をいただいた気がしています。

 第3回の「遺言や相続、片付けやお墓」など、いわゆる終活テーマについては、12月17日(日)を予定しています。申し込み受付開始まで、いましばらくお待ちください。
Comment (-)

第2回「にじ色あんしん老い仕度」講座(9/30、上野)受付開始

シングルでも、同性二人でも、
入院や介護、認知症、どうする?


 3年目を実施中の性的マイノリティのための老後ライフプラン講座「にじ色あんしん老いじたく」。ひとり暮らし、同性二人暮らし、家族にカミングアウトしていない、戸籍の性が違う、HIV陽性……など、私たちの事情に即して、老後のお金や暮らし、法律のことなどの不安やお悩み解決に役立つ情報をお届けします。

 第2回は、一人暮らしや、家族と認知されづらい同性パートナーとの暮らしで、高齢期にはつきものの入院や介護。病院面会や財産管理の代理など法律的な知識を正確に理解しておくための内容です。
 富裕層向けではなく、ほどほどのお金で安心して暮らすために、本当に備えなければいけないことはなんなのか。みなさまとご一緒に考えてみたいと思います。
 当事者の専門家による、当事者の事情に即した、当事者のための、老後のライフプランセミナーです。ぜひ、ご参加になってみませんか。

 日 時:2017年9月30日(土曜)午後1時半~3時半(座席数30名)
 会 場:地下鉄銀座線・上野駅から徒歩1分(お申込者にご案内)
 講 師:永易至文(パープル・ハンズ事務局長、行政書士、2級FP技能士)
  性別不問、参加費無料、秘密厳守 

 お申込みは、お名前(ニックネーム可)と年齢を書いて、info@purple-hands.net へご送信ください(上野申し込みと明記)。
 おおむね40代以上のご参加を想定。 申込み締切は9月28日夜12時
 定員を超えた場合、年齢のお若い順にご遠慮いただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 昨年と同様の内容ですが、2度ご聴講いただいてもかまいません。
 終了後、向かいのイングリッシュパブのハッピーアワーで軽く交流会を予定しています。(自由参加)
 交流会だけのご参加も歓迎です。別途お問い合わせください(昨年受講されたかたもぜひどうぞ)。

 *一般財団法人ゆうちょ財団助成「金融相談等活動助成事業」

第2回チラシ


Comment (-)

無料対面ライフプラン相談をご利用ください

 性的マイノリティやLGBTという言葉がブームのように語られる一方、シングルだったり、法律に規定のない同性パートナーがいたり、HIV陽性だったり、出生時と異なる性別で暮らす人にとって、日常の暮らしや老後についての情報は乏しく、多くの当事者が不安を感じています。しかし、社会の法制度やライフプランに関する情報は、まだまだ夫婦と子ども2人の「標準家族」中心のままです。
 NPO法人パープル・ハンズでは、性的マイノリティの暮らしや老後の課題に、「確かな情報センター」として、かずかずのご相談に応じています。

 昨年に続き、一般財団法人ゆうちょ財団さんの「金融相談等活動助成事業」として、性的マイノリティのための無料ライフプランニング相談を提供できることになりました。これは、行政書士・2級FP技能士へのライフプラン相談の費用(1回5,000円/約2時間)が助成されるものです。
 当事者の事情に通じた当事者の専門相談員が、お話を共感的にうかがい、課題を整理します。そして、現行の法律や制度を活用し、多大な費用をかけないで、まずは具体的にできることを紹介したり、一緒に考えてゆきます。一部にありがちな「商品販売」のための相談ではなく、中立な立場からアドバイスをします。

 お名前(ニックネーム可)、お住まいエリア(市区名)、セクシュアリティ(ご自分の言葉で)、年齢、ご相談内容のあらましと来談希望の日時をいくつか添えて、info@purple-hands.net へお申し込みください。
 また、お知り合いのかたにも、ぜひご紹介いただければ幸甚です。

LP無料相談

Comment (-)

事務局長(永易)がお話ししました(活動報告)

 女性運動のプラットフォームである認定NPOウイメンズアクションネットワーク(WAN、上野千鶴子理事長)が助成するイベント「おひとりさまのおカネと老後~おひとりさまを支えるプロここにいます」で、女性士業者とともに、行政書士・FPとして、永易が「ゲイが教えるおひとりさまのライフプランニングのコツ」と題して、お話ししました。当日は上野さんファンの妙齢の女性を中心に会場(立教大学)には250名ほどが参加。一緒に来てくれたゲイの友人は、「その妙齢の女性たちをドッカンドッカン笑わせて、LGBT界の“きみまろ”と呼ぼう」と。
 当日の模様はこちらに動画でもアップされています。他の登壇者や締めの上野千鶴子さんのミニ講演も含め、ぜひ、ご覧ください。(7月8日)
 
 当事者向けセミナーが中心で、一般講演が少ないパープル・ハンズですが、7月12日には、練馬区の人権講演会で「新しい隣人~性的マイノリティ~」と題し、区内外から38名のかたにご聴講いただきました。
 基礎知識では、性別、性自認、性的指向の3点を軸の説明がよかったようで、「性的マイノリティを理解する助けになる様々な事柄(知識・歴史・課題など)を短い時間の中で分かりやすくお話くださった」と好評をいただき一安心。「日本は性的マイノリティに寛容とは無関心の別名ということもよくわかった」とも。
 あとで区の担当者からも、「仕事でさまざまな講演を聞きますが、個人的経験に偏らない、総合的なバランスの取れた内容だった」と感謝されました。

 そして、7月29日には、世田谷区でパートナーシップ宣誓書の実現を推進した区内在住の当事者グループ「世田谷ドメスティックパートナーレジストリ」のお招きで、ライフプランニング学習会に出講しました。大雨のなか区外からや国際カップルも含め25名前後のご参加がありました。同性パートナーシップを法的に保証する書面についても、多くの熱い質問が寄せられました。
 気になりつつも日常にまぎれてそのままにしている大事なことについて学んでいただく、よい機会になりました。

 【既報・ご参考】こちらのネットTVで、同性カップルを守る書面についてお話ししました。10分めごろから。
 
Comment (-)

事務局長(永易)がお話しします~~公開講演のご案内(7月)


 ●おひとりさまのおカネと老後~おひとりさまを支えるプロここにいます~
 と き:7月8日(土曜) 13時半~16時半
 ところ:立教大学14号館201号室
 無料、先着200名
 主 催:「おひとりさまと女性のためのおカネ」シンポジウム実行委員会・立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科
 
 編集者時代からの上野千鶴子さんとのご縁で、こちらのイベントに登壇することになりました。おひとりさまと性的マイノリティ、暮らしや老後での連帯を模索します。


 ●練馬区人権セミナー 「新しい隣人~性的マイノリティ~」
 と き:7月12日(水曜)18時半~20時半
 ところ:練馬区役所本庁舎20階交流会場
 入場無料、40名、申し込み制
 
 性的マイノリティの基礎知識の公開講座です。匿名・匿住所でも可能とのこと。お問い合わせください。


 ●にじ色ライフプランニング入門
 と き:7月29日(土曜)18時半~
 ところ:世田谷区桜丘区民センター
 入場無料、先着30名、申し込み制(odamaki60890@gmail.comへ)

 同性パートナーシップ宣誓制度を成立させた地域住民グループ、世田谷DPRの、〈セクマイ当事者向けライフプラニング〉公開勉強会で、最後まで自分らしく暮らすための法律や制度の知識、活用法などをお話しします。

Comment (-)

第1回「にじ色あんしん老いじたく」 開催ご報告

 性的マイノリティの老後に役立つお金や法律・制度の知識を学ぶ、「にじ色あんしん老いじたく」講座が、6月17日、上野の会場で開催されました。3回シリーズの第1回は「老後のお金と住まい、こう考える!」。会場定員36名いっぱい、じつに満席のお申し込みとなったのはちょっと驚きでした。
 今回の参加者は30代のカップルから77歳まで。アンケート回収数は29で、そのうちパートナーありが15、シングルと回答した人が11。パートナー同士で参加した組も多く、23年を最長に15年以上の組が複数あったのが目を引きました。長期の中年・シニアの同性カップルが、性的マイノリティ版のライフプラン・ノウハウを求めて参加したことが見て取れます。
 ネットで知った人以外に、ゲイバーや上野のゲイショップでチラシをもらい、お電話で申し込んでこられた年配のかたも、複数いらっしゃいます。「老後 ゲイ」で検索してたどり着いたというかたも。

 テーマである「老後のお金」について、私は加入が義務である公的な社会保障をまず知り、十分に活用したうえで、足りないものや財布に余裕があれば民間の保険などの活用をお話ししています。参加者の世代が多岐に渡るので、「もう年金もらい始めているよ」というかたもいますが、リタイア前のかたには目からウロコだったみたいです。地域の行政の施策にも、老後の不安解消に役立つものが多々あります。
「身近なことからいろいろなものを見直す大切さに気付かされました。自分の入っている会社の保険や年金、そのつぎに住んでる地域の行政について調べようと思います」
「すべての不安が取り除かれたわけではありませんが、基本的なことを押さえるだけでもいろいろとカバーできることを知り、安心できました」
「社会保障を知ったうえで、同性パートナーとの場合どうしていくかを知りたい」
 そんなお声を複数、いただきました。わかりづらい制度の情報を、性的マイノリティの実情に合わせて解説することで、いろいろお役に立つ面があったなら、さいわいです。
 第2回(9月。入院時や介護、認知症)、第3回(12月。遺言や死後事務、いわゆる終活)も、どうぞご期待ください。

Comment (-)

グリーフ分かち合いの会を開催してみて(活動報告)

5月20日、事務所で開催した「グリーフ分かち合いの会」には、大切な人との死別を経験されたゲイ2名、レズビアン1名のご参加がありました。
 突然の病死やガンによる闘病死など、大切なかたの亡くなり方や相手方親族とのその後の関係もさまざまでしたが、参加者はみな「あのときああもすればよかった」などなど、いまも癒されない傷や苦しみを抱えていました。
 こうした死別の悲しみを癒すグリーフケアの集いは各所で開催されていますが、異性の夫婦や親子の死別経験が中心です。同性パートナーとの死別経験者が拒否されることはないにしても、その共感はやはりおなじ立場(ピア)同士のほうがより深いことも(当たり前かもしれませんが)、今回、あらためて実感され、セクマイのためのこうした場の必要性を感じました。
 会の後、「悲しみを一人で抱えていくしかないと諦めていたが、おなじ立場の人に相互に共感ができ、心が少し穏やかになれた」とメールで感想もいただき、運営側としては身の引き締まる思いもしました。

 当会では8月に2回目を予定しています。予定が決まりましたら、またそのせつに告知します。

Comment (-)

「30代から知っておきたいお金と制度の知識①」(7/15、新宿akta)

 30代前後から、知っておきたい、性的マイノリティ版のライフプランニング講座です(ライフプランニング研究会、LP研)。今年も3回、開催します(7、10、1月)

 1回目の今回は、「社会保険と生命保険」を中心にお話しします。
 家計の支出に意外に大きな割合をしめている生命保険や医療保険などの民間の保険。一方、給料からかならず天引きされている社会保険。おなじホケンだけど、私たちはなにに加入し、どんな保障が受けられるのか、正確に理解しているでしょうか?
 老後への備えもふくめ、公的・私的それぞれの保険について、理解を深めたいと思います。

 日 時:2017年7月15日(土曜)午後6時~8時
 会 場:コミュニティセンターakta
 講 師:永易至文(パープル・ハンズ事務局長、行政書士、2級FP技能士)
 参加費:500円(パープル・ハンズ会員は無料)
  性別不問、予約不要 

 閉会後は二丁目でお食事会をしています(自分の食べた分を自分で払う形式)。お時間が許せばどうぞ。
Comment (-)

パープル・ハンズ第4期(2016年度)の活動のご報告

(以下、メルマガより転載)

 過日、つぎのようなご挨拶状と都庁へ提出の法定報告書(事業・会計)を、会員・諸団体のみなさまにお送りいたしました。メルマガ登録のみなさまにも、ご高覧いただければさいわいです。
 なお、報告書本文(ワードファイル、エクセルファイル)の閲覧をご希望のかたは、お申し付けいただければ添付でお送りいたしますのでご連絡くださいませ。なお、都庁のホームページには約1か月ごにはpdfファイルで掲載されます。
 http://www.npo.metro.tokyo.jp


 謹啓
 新緑のころ、みなさまにはお元気にお過ごしのことと拝します。
 日頃はNPO法人パープル・ハンズにご理解とご支援をたまわり、まことにありがとうございます。

 当会は2月末日に法人第4期を終了し、現在、第5期の活動に入りました。これもひとえに応援くださるみなさまのおかげと、心から感謝申し上げます。
 昨年度の事業報告書と会計報告をお届けいたしますので、ぜひご高覧ください。

 当会の特徴は、「性的マイノリティの老後を考え、つながるためのNPO」「老後と同性パートナーシップのたしかな情報センター」といったキャッチフレーズで説明しています。

 まず、昨年度の活動をご紹介します。

 シニア層のお客さんが多いゲイバーが集まる上野・浅草エリアで、老後セミナー「にじ色あんしん老いじたく講座」を3回シリーズで開催しました(一般財団法人ゆうちょ財団助成事業)。「標準家族」ではない当事者の事情に即した、実践的な内容で好評をいただき、終了後の交流会も楽しみとのお声をいただいています。これと合わせて少し若い目の世代にあわせて新宿のaktaさんでも、ライフプラン講座を続けています。

 パープル・カフェは、集いの場をほぼ月一で開催、老後の不安なども安心して話せる場として、初めての人からリピーターまで、ご好評をいただいています。支援者のなかにはお菓子を送って下さるかたもいます。

 相談事業は、電話相談に加え、やはりゆうちょ財団さんの助成をいただき、ゲイに多いHIV陽性者のライフプラン相談を実施し、昨年は11人のかたのお話しをうかがい、貴重な事例を集めることができました。

 そして、一般社会への情報発信として、昨年3月には、生活協同組合パルシステム東京さんの助成金をいただき小冊子(『高齢期の性的マイノリティ 理解と支援ハンドブック』。現在品切れ)を発行、それにあわせてシンポジウムを開催し、70名のかたに聴講していただきました。
 そのほか、HIV陽性者の長期療養支援の場面などを中心に、講演等の依頼をいただいています。

 決算内容はあいかわらず収支それぞれ100万円強の小さな規模で、昨年度は1万6千円程度の黒字で終わりましたが、このほとんどは助成金を受け、受けた助成金で助成事業を行なったもので、「通過会計」の現状です。助成事業以外の事務局/団体を運営するための管理費は、みなさまからの会費などの自主財源で賄っていますが、事務局員への人件費や、個人事務所に間借りするための家賃や水光熱費等の事務所費の按分は、まだ実現するだけの体力がないのが現状です。

 さて、第5期の今年もとくに代わり映えなく、生活に立脚した視点で、できることを、できる範囲で、地道に続けてまいります。
 当会の持ち味である実践的なライフプラン講座を、新宿と上野で並行して開催する予定であり、今年度もゆうちょ財団の助成金に採用していただきました(第1回のチラシを同封しました)。
 また、パープル・カフェもほぼ毎月、開催します。手薄な広報にも注力し、認知拡大やそれによる研修事業の受託などにつなげたいと思っています。

 それに加え、新しい事業の動きも出てまいりました。これらは別紙に記載しております。冒頭に掲げたキャッチフレーズに加え、今期はさらに、「性的マイノリティに対応するライフサポート事業体」をめざして、新たなトライをしたいと考えています。ぜひご高覧いただき、みなさまからのご鞭撻をいただけましたら幸いです。
 今後の活動はメルマガでお届けするほか、ツイッターやブログ等でもぜひチェックしてくださいませ。
 以上、最後までお読みくださいまして、まことにありがとうございました。

 末尾ながら、みなさまのますますのご健勝をお祈り申し上げます。

 敬具

 2017年5月吉日

 特定非営利活動法人パープル・ハンズ 
 事務局長 永易至文




 【別紙】
パープル・ハンズ 2017年度の活動

 従来からの継続

◉あんしん老いじたく講座(上野)*、ライフプランニング研究会(LP研、新宿)の継続
3年目に入ったシニア向けの上野講座、8年目に入った若い人から役に立つ新宿講座を、続けていきます。社会が悪い、差別が悪い、と他を責めるまえに、意外にできることはたくさんあります。知は力!
*一般財団法人ゆうちょ財団助成事業

◉LGBT/HIV陽性者のライフプランニング相談*
電話相談はいつでも、対面相談もLGBT全般からお受けできるようになりました。
*一般財団法人ゆうちょ財団助成事業

◉パープル・カフェの月例開催
月末の土曜か日曜に開催。はじめましてからリピーターまで。お気軽に。

◉介護や高齢福祉領域への認知拡大
対外的な「営業」が全然弱いので(当会はおもに当事者向け活動に注力)、介護や高齢福祉、行政の男女参画部門を中心に、こうした団体があること、一般基礎知識研修もさることながら当事者向け生活相談などにあたれることをPRしたいと思っています。


新しい活動、ニューチャレンジ

◉グリーフ分かち合いの会の開始
死別経験者のご相談が続いたことから、カフェの別枠として、当事者の分かち合いの会を年4回ほど計画しています。他の同種の団体の活動とも連携し、年間を通してコミュニティのどこかでわかちあいの場を提供できればいいかなと思っています。

◉緊急連絡先預かりサービス(身元引き受け人)
一人暮らし、親族等と不仲など緊急連絡先がない人に、緊急連絡先として当会をご指定いただくサービスを、当会の特別会員(年1万2千円)として開始します。万一時には緊急連絡を受けるとともに、事前に打ち合わせた対応をします。

◉性的マイノリティと介護・高齢期研究会
介護にかかわる大学教員や専門家との連携をきっかけに、ネットワークが動きはじめました。当事者インタビューやネット調査を行ない、学会発表やエビデンスにもとづく種々の研修・資材作成などに活用していきます。

◉小冊子「理解と支援ハンドブック」3刷をクラウドファンディング
助成金で作成の初刷・1500部、自費増刷した2刷・2500部もなくなり、3刷を計画中。クラファンに初挑戦し(2刷への補填ふくめ30万円を予定)、資金調達とともに当会の活動の広報をはかります。

◉成年後見法人へのトライアル(主にHIV領域)
HIV領域を中心に、一人暮らし、高齢期で、認知症、親族と疎遠といった課題をかかえる人の問題が指摘されはじめました。そういうかたを、外付け家族として支えるのが成年後見制度です。当会では、行政書士や社会福祉士からなる実務班と、その活動を監督する専門家によるカンファレンス委員会とによる、法人後見の受任体制を現在、構築中です。


=============================================
特定非営利活動法人パープル・ハンズ
事務局長 永易至文
〒164-0003
東京都中野区東中野1-57-2柴沼ビル41号
TEL : 03-6279-3094
http://purple-hands.net/
ツイッター :@PurpleHands_net
=============================================
Comment (-)

グリーフ分かち合いの会(5/20)とパープル・カフェ(5/27)

 3月にトライアルで開催してみた、大切なかたとの死別を経験した人の語り合いの会では、さまざまな学びがありました。当会では今後、年4回ほど、死別経験をされたかただけの語り合いの場を開催することになりました。コミュニティ内の同種の活動と連携し、毎月どこかでこうした場が開催されていることが希望です。
 パートナーや親友など大切なかたとの死別に悩み、こうした分かち合いの場を求めているかたは、どうぞおいでください。予約は不要です。当日のお気持ちに任せてご参加ください。

 開催のご要望の多い「パープル・カフェ」は、月末の土曜か日曜に開催します。40代からの語り場をテーマとする集いの場です。はじめましてのかたからリピーターのかたまで、どうぞお気軽においでください。

 グリーフ分かち合いの会
 5月20日(土曜)午後3時~5時、東中野事務所、茶菓代:300円
 (死別を経験されたかたのみの会です)

 パープル・カフェ
 5月27日(土曜)午後3時~5時、東中野事務所、茶菓代:300円
 (どなたでもご参加になれます)

Comment (-)