今後のお茶会予定 + ちょっとお出かけしませんか

 4月のパープル・カフェは、レインボーウイーク関連の準備多忙のため、お休みします。
 パレード会場やイベント等で、ぜひお会いしましょう。

 つぎのパープル・カフェは5月27日土曜を予定しています。

 ところで、事務局長(永易)は音楽が好きで、ときどきN響の定期公演に出かけます。4月21日(金)午後7時から、NHKホールでの定期演奏会(参照)に出かける予定です。自由席は1500円で、とてもお得です。今回はベートーベンとブラームスの重厚なプログラムも魅力です。
 お仕事を終えておいでになれるかた、家で引きこもっているかた、ときには音楽を聴いてみませんか? 終了後は渋谷で軽くお食事などもいかがでしょう。お好きな席で聴いたあと、終了後、ホール正面玄関の向かって左側でしばらく立っていますから、どうぞお声がけください。直接メールくださるのも歓迎です。切符はそれぞれお好きな席をご準備ください。
 パープル・ハンズでは、あまりお金をかけない小さな楽しみ交流会を、ときどき呼びかけていく予定です。


 
Comment (-)

グリーフ「わかちあいの会」をやってみました

 3月25日のパープル・カフェは、普段はテーマを決めませんが、試験的に「大切な人との死別」をテーマに開催。重いテーマにもかかわらず12名が集い、司会側をふくめ4名のかたがパートナーとの死別の経験を語りました。司会以外はいずれもこの2年以内の経験で、悲しみはまだまだ癒えず、涙をこぼす場面もありましたが、だれかに話し、聞いてもらうことで、つぎの段階へ進もうとしているのかもしれません。

 主催側でも、今回をトライアルとして、今後はパートナーと死別の経験をされたかただけで、わかちあいの会をもちたいと考えています。今回もゲイ男性のみの参加となり、ジェンダーの壁が高いことを感じますが、ドアはどなたにも開いております。レズビアンのかた、トランスジェンダーのかた、クエスチョニングのかた、どなたでもどうぞご参加ください。
 
 次回は、5月20日(土曜)午後3時~5時、東中野の事務所で開催します。
 参加を希望されるかたは、ご記憶いただければさいわいです(申し込み等は不要です。来月また告知します)。

Comment (-)

LGBTと介護・高齢福祉を考えるお茶会

 当会では介護や高齢福祉の面から性的マイノリティにかかわりたいと考えている当事者や支援者(アライ)のかたの専門家や有資格者のネットワーキングを進めています。
 5月3日の講演会のまえに、同じ会場でお茶会を開催します。日々の業務のなかで見かけたLGBTに関連しそうなエピソード、自分の思いなどを気軽に話しあいませんか?
 
 参加費 300円 
 5月3日(水、休日、午後3時~5時)
 中野区産業振興センター大会議室
 申し込みは不要。直接会場へおいでください。お菓子等の差し入れ大歓迎。夜の講演会もぜひどうぞ!


 このイベントは東京レインボーウイークに参加しています。

 
Comment (-)

レインボーウイーク講演会+活動報告会

講演会+活動報告会

 90年代ゲイブームから10年代LGBTブームへ
  ~札幌・台湾・東京、30年間考えてきたこと、そして未来へ願うこと

 お話・鈴木賢さん
 ドメスティックパートナー札幌代表、明治大学教授 

 現在、「LGBT」をめぐる目覚ましい動きが日々、報じられます。LGBT人材活用で企業の活力創出、あるいはLGBTで日本も誇れる国へーーときに肝心の「当事者」を置き去りにし、事態がどんどん動く観さえあります。この激動する時代を私たちは当事者としてどう受け止め、未来をいかに展望するのか。
 1980年代末から活動をはじめ、90年代のゲイブームのなかで自己受容し、東京ではなく札幌にこだわって、長くコミュニティ活動にかかわってきた先行者に、LGBTブームのいま、等身大の私たちの視点から、過去と現在、そして未来を読み解いていただきます。

 当日は鈴木さんの講演に先立ち、特定非営利活動法人パープル・ハンズ2016年度活動報告を事務局長・永易至文より行ないます。あわせてご聴取ください。

 5月3日(水、休日、午後6時~8時半、開場5時半)
 参加費1000円(会員500円、事情のあるかた無料・問い合わせフォームでご相談ください)
 中野区産業振興センター大会議室(JR中野駅徒歩5分)

 資料の準備のために、お申し込みをお願いします。
 

 このイベントは東京レインボーウイークに参加しています。
 参加費の純益は、当会のファンドレイジングに役立てられます。
 当日会場でも入会手続きができ、当日から会員価格が適用されます。


Comment (-)

3月のパープル・カフェ「大切な人との死別」をテーマに開催

 3月25日(土)午後3~5時
 パープル・ハンズ事務所(東中野1-57-2柴沼ビル41号) 
 

 暮らしや老後のことを語り合うシニアからの「しゃべり場」。
 ときにパートナーや大切な人と死別した経験を話されるかたがいます。
 長い人生のなかで死別は何度となく訪れる経験かもしれませんが、そこには性的マイノリティならではの深い悲しみもあるようです。
 パープル・カフェはこれまでとくにテーマを設けず開催していますが、3月のカフェでは、試験的に「大切な人との死別」をテーマに開催してみたいと思います。
 あなたのご経験をお話いただけるとうれしいです。
 でも、お話が困難な場合は、聞いているだけでもかまいません。


 性別セクシュアリティ年齢不問
 茶菓代 300円 予約等不要・途中入退場可

Comment (-)

2017年度も、ゆうちょ財団の助成で講座と相談を実施します

 パープル・ハンズは、新宿のaktaで2010年4月から開始した「同性愛者のためのライフプランニング研究会(LP研)」をその前身とします。2017年の今年で8年目に入ったことになります。

 LP研は、同性婚も差別禁止法もない日本で、それでも私たちがこれからの老後を含め、安全に一生を送っていくには、まずは現行の法律や制度を理解し、それを活用しよう、というところからスタートしました。さいわいさまざまなかたの支持を得て、現在も基幹イベントとして継続しています。

 無料で利用できるaktaさん以外の場所でも開催したい、とくにシニア層が多いといわれる上野・浅草で開催したいと思いながら、資金がないためかないませんでしたが、2015年度から一般財団法人ゆうちょ財団さんの「金融相談等活動助成事業」に採用していただき、上野で「にじ色あんしん老いじたく」講座を3回シリーズで開催してきました。助成への採択は、金融等の場面でも、性的マイノリティの存在への認知が広がってきたことの反映と、嬉しく思っています。

 昨年度は講座に加え、長期延命が可能になったHIV陽性者(ほぼゲイ)のための無料ライフプランニング相談も、助成を受けて提供することができました。11名の年齢も違うゲイのHIV陽性のかたのご相談にあずかるとともに、貴重な事例を収集することができました。

 さて、2017年度もこの「老いじたく」講座(全3回)と、性的マイノリティー全体へ拡大しての無料ライフプランニング相談への助成を申請したところ、さいわいご採択いただくことができました。
 今年の助成先一覧

 現在も、すでに使える制度や方法がありながら、それを知らないばかりに、同性パートナーとの生活や、一人暮らしの老後などに、よけいな不安を覚えているかたは少なくありません。知ることで改善できることがあるなら、まずはそこから。
 
 講座の開催や相談会の概要は、随時このメルマガでもご案内してゆきます。ぜひふるってご参加・ご利用くださいますように。

Comment (-)

パープル・カフェ 2月

 2月26日(日)午後3~5時
 パープル・ハンズ事務所(東中野1-57-2柴沼ビル41号) 
 
 性別セクシュアリティ年齢不問
 茶菓代 300円 予約等不要・途中入退場可
 はじめましてのかた、常連のかた、7~8人の集いです。
 暮らしや老後のこと、なんでもお話してください。

  *予告と変わりましたので、ご注意ください
   3月は25日(土曜)を予定しています。

Comment (-)

1~2月中の活動のご報告

 2月5日、新宿のコミュニティーセンターaktaでライフプランニング研究会「遺言や相続、お墓や片付け、いつか必ず来る日のために」を開催しました。昨年12月に上野で開催した「にじ色あんしん老いじたく」第3回の「再放送」です。
 最近は上野会場へ多くのかたがご参加くださり、aktaさんでは小人数で開催していますが、それでも予想以上の11人のかたがご参加くださり、テーブルを囲んでじっくりお話をしました。終了後も、近所の中華の小部屋でそれぞれの事情も含めて交流会ができ、こうしたじっくりした話ができる機会が本当に貴重だとのお声をいただきました。
 今年度の講座シリーズは終了ですが、来年度も上野で講座ができるよう、ゆうちょ財団さんに申請をしています。決まりましたら、またご案内します。法律や制度の知識をきちんと理解して、自立したセクマイライフをつくるお役に立てていただければさいわいです。

 1月28日には、岩手県盛岡市で開催された東北地区の司法書士さんの研修会で、事務局長の永易が、「法律家として性的マイノリティの暮らし・老後をどう支えるか」について、福島以北の東北の司法書士さんたちにパープル・ハンズの活動もふくめ、ゲイの行政書士の立場から、ご紹介しました。地縁血縁の濃く、震災の爪痕もいまだ癒えぬ地域での性的マイノリティの生きづらさと法律家ができることについて、その一端をお話できた、よい機会でした。

Comment (-)

 TV番組ホウドウキョク「LGBT LIFE」をぜひご視聴ください!


 フジテレビのインターネットTV番組「ホウドウキョク」(毎週金曜)では、毎月最終金曜の番組内で、LGBT向け情報コーナーを放送しています。担当ディレクターがオープンリーなレズビアンであり、番組パーソナリティーはLGBTアライとして東京のプライドパレードにも協力する阿部知代さん。
 1月27日に放送された同コーナーで、同性カップルを守るために作っておきたい4つの書類について、事務局長の永易至文が出演、お話しました。
 番組では、ディレクターが自身の同性パートナーとの同棲と解消の経験を語り、永易から、パートナーシップ開始時、病気や事故時、認知症(高齢期)、死別時に二人の関係を守るための書類について説明しました。パープル・ハンズの活動についても、配布している「緊急連絡先カード」などとともにご紹介しました。
 阿部さんからは、セクシュアリティに関係なく、これはみんなに大事なこと、とお言葉をいただきました。
 いつも講座でお話していることが、20分ほどの番組で手軽にご覧いただけます。ぜひ、ご視聴くださいませ(10分すぎあたりからの出演です)。

 こちらをクリックしてご覧ください

 開始10分ごろからの登場です。

Comment (-)

1月からのイベント等のご案内


 ●パープル・カフェ
 1月21日(土) 午後3~5時 
 パープル・ハンズ事務所(東中野1-57-2柴沼ビル41号) 
 
 性別セクシュアリティ年齢不問
 茶菓代 300円 予約等不要・途中入退場可

 のんびり部屋を開けてます。よろしかったらお立ち寄りください。

 ●活動検討会
 1月15日(日) 午後4~6時 
 パープル・ハンズ事務所(同上) 
 
 12月に予告しながら事情により延期いたしました。あらためて1月に開催いたします。
 理事会というほどのものではないのですが、来年度の活動準備を含めて、正会員で話しています。パープルの活動にもう少しかかわってみたい、興味ある、話だけでも聞いてみたい、というかたは、「検討会希望」と書いてお気軽におメールください。オブザーバー参加を歓迎します。

 ●ライフプランニング研究会
 2月5日(日) 午後5〜7時
 コミュニティセンターakta(新宿二丁目)
 
 内容は12月に上野で開催した講座と同様です(過去記事ご参照)
「遺言や相続、お墓や片づけ いつかかならず来る日のために」
 会員無料、非会員500円、予約不要

Comment (-)