カテゴリ:同性婚など の記事一覧

養子縁組あっせん そのとき同性カップルは?

【朝日新聞 2013.6.28】

 養子縁組というと、「同性婚」のない日本で、同性カップル間に相続その他の法的関係を起こすためにバイパスとして行なう養子縁組を思い浮かべますが、それは成人間で合意にもとづいて行なう「成人養子」です。一方、未成年を養子にする場合は、家庭裁判所の審判を得る必要もあり、いろいろ厄介。しかし、不妊などで実子ができない夫婦や、虐待・ネグレクトなどで親の育児が期待できない子などの間に、養子縁組をあっせんするケースがあります。その実態について、この日の生活面で紹介していました。
 なぜこの記事に注目するのかというと、同性愛者のコミュニティでも、近年、子育てをしたいカップルなどが養子(または里子)のあっせんを受けることはできないか、と模索する動きがあるからです。

続きを読む
Comment (-)

成年後見人の親族解任 入所者の財産管理「不適切」 宇都宮家裁

【朝日新聞(夕刊)2012.8.28】

 栃木の南西部にある知的障害者の入所施設で、入所者の財産が不適切に管理されていたとして、宇都宮家裁が成年後見人1人を解任、同様に後見人を勤めていた親族50人について財産管理の権限を弁護士に移した、との報道がありました。
 
 この施設では、入所者について親族が成年後見人になるようにしており、その後見人ら約50人が入所者の財産から1億5千万を集めて、その一部を禁じられている投機的な資産運用に使っていた、とのことです。

続きを読む