FC2ブログ

LP研 2月例会のお知らせ

 性的マイノリティと介護・老後の住まい 2014

   お 話:ホイちゃん(医療系コンサルティング会社勤務、当会理事)
   と き:2月23日(日)午後6~8時
   ところ:コミュニティセンターakta(新宿二丁目)
   参加費:500円(パープル・ハンズ会員は無料)

 2025年問題(日本最大のボリュームゾーンである団塊世代が全員75歳の後期高齢者に入る年。10年後)をひかえ、日本の介護や医療が音を立てて変わろうとしています。一言で言えば、「施設から在宅へ」。財政難もあって、病院や特養などの施設は増やせない。在宅で、訪問○○をベースに老後サポートを組み立てる政策です。キーワードは「地域」。
 しかし、他人の介入やセンサクを拒んで生きてきたセクマイが高齢期を迎えたとき、「地域」とは何なのか? 単身・独居・高齢、あるいは介護や認知症や貧困、社会的認知の乏しいHIV陽性や同性カップル……、「地域」は私たちをどう迎えるのか。
 昨年のLP研でも大変好評であった「性的マイノリティと介護・老後の住まい」。前回の社長プレゼンにつづき、今年はその社員で当会理事が、当事者(ゲイ)の立場から考察、プレゼンします。
 高齢期も支え合えるコミュニティづくりへーーパープル・ハンズの真骨頂が問われるテーマです。ご期待、ご来場ください。
 
 (会場では本名で話します。)

 *予約や申込みは不要です。当日、会場(akta)へお越しください。
 *転載・転送、リツート等、歓迎です。
 *定刻開始、定刻終了です(オカマ時間はありません)。時間までにご到着になることをおすすめします。
 *終了後、近所の中華屋でご飯食べています。自分の食べたものを払う気楽な集いです。お気軽にどうぞ。


スポンサーサイト
Comment (-)