FC2ブログ

年末年始に入院した高齢独居ゲイの話

 きょうは賛助会員さんで、見守りもかねて毎月「おとな食堂」に来ていらした70代のおじさんゲイ(独居)のお話しをします。じつは昨年末から正月あけまで入院していたそう。
 年末、熱気味だったのでクリニックにかかり、コロナも心配だから総合病院の紹介状ももらい、翌日、受診の準備をしていたら急に目眩がして倒れ、人事不省に陥った。遠くで電話が鳴るので、やっと意識が戻ってきた。それは前日、お姉さんに明日コロナが心配だから医者へ行くと電話をしており、もう病院へ行ったかと心配してお姉さんがかけてきた電話だったそう。
 なんとか意識をとりもどし、救急車を呼び、総合病院に搬送。紹介状があったのでPCR検査もでき、そのまま入院(コロナは陰性だった)。肺炎との診断でした。そんなぜえぜえ、はあはあ、言ってるわけではないが、高齢者はやはり気をつけないといけません。そのまま年末年始は入院になり、逆に正月休みができてよかったと言っていました。
 救急車がかけつけたとき、一人暮らし高齢者の救急搬送は消防も慣れているのか、出るときに、鍵はかけましたか、携帯もちましたか、とか言ってくれたそうです。たまたま近所に以前からつきあいのある人がいて、携帯のなけなしのバッテリーで電話をしたら、下着だの携帯充電器だのを買って差し入れてくれた。自宅はぐちゃぐちゃで入れるどころじゃないからだそうです。
 高齢独居はなにもセクシュアルマイノリティに限る話ではないですが、さて自分が一人暮らしで意識を失ったときどうするか。救急車が呼べるか、入院ができるか、そもそも誰かが気づいてくれるか……。
 パープル・ハンズでは、まずは地元自治体の高齢者政策でなにをやっているか、調べてみましょう、と呼びかけています。上記のかたの居住区では、ペンダント型やセンサー式の緊急通報システムをつけてくれ、毎週「安心コール」電話がかかってきたり、短時間(有償)ヘルパー派遣で入院時の対応をしてもらえたりします。毎週、銭湯で入浴会があったり、そこで体操教室もあったり(友人づくりもできるわけです)。まずは最寄りの地域包括支援センターへ相談に行くことです。それから地区担当の民生委員に顔繋ぎすること。
 行政以外に、地元の社会福祉協議会でも高齢者サービスがあります(前号で紹介した中野区社協の「あんしんサポート」はその一例)。
 みなさんも地元の行政や社会福祉協議会で、どういう高齢者サポート事業をやっているか、まずは調べてみてはいかがですか? 低額または無料で、そこそこのサービスがあるはずです。「制度を上手に使いこなす知恵をつける」ーーこれがパープル・ハンズの進める活動です。

 当会のこうした小冊子もご利用くださいませ。
 
スポンサーサイト



Comment (-)