FC2ブログ

新年ごあいさつ

2021年辛丑(かのとうし)、おめでとうございます

 新しい年をお元気にお迎えのこととお喜び申し上げます。
 旧年中は特定非営利活動法人パープル・ハンズの活動に、ご理解とご支援をたまわり、心より御礼申し上げます。昨秋実施したウェブアンケートでも、当会に期待する多くのお声をいただき、身の引き締まる思いです。

 昨年はにわかのコロナ禍で、だれもが大きな影響をこうむった一年でした。生き方の再考・転換を余儀なくされたかたもいらっしゃるでしょう。
 当会も同様で、とくに春から開講を予定した「パープル夜間大学」は新企画でもあり、講師のみなさんが意気込んでくださっただけに、その中止が惜しまれました。例年の「セクマイ×老後あんしん講座」(ゆうちょ財団助成)や「キャラバントーク」、カフェやおとな食堂も、中止や開催方法の変更を余儀なくされました。

 一方で、よろず時代遅れで旧式な(笑)当会も、オンライン開催などに取り組むこととなりました。昨12月にTOKYO AIDS WEEKSに協賛して開催したライフプラン講座(全3回)はzoomで配信し、各回10~20名、北は札幌から南は長崎や沖縄まで受講者がありました。おとな食堂も事務所とzoom併用で開催し、四国からもご参加があります。昨秋立ち上がった高齢福祉の専門家ネットワーク「シニア研」も同様です。物理的距離に拘束されない活動の広がりを、むしろチャンスととらえたいと思っています。

 本年も厳しい事態はまだしばらくは続くことでしょう。オンラインの活用に希望はありますが、リアルでなければ伝わらないものもあります。リアルによって、人は癒され、生を充足し、文化ははぐくまれます。リアルとオンラインを両眼でにらみ、当会はなにをなすべきか、なにができるのか、みなさまとともに考え、歩みたいと思っています。
 今年もみなさまのお力添えを、お願いするしだいです。

 末尾ながら、みなさまのご安全を心よりお祈り申し上げます。


 特定非営利活動法人パープル・ハンズ
 代表理事 北村 浩  事務局長 永易至文


【付記】
 昨年、2つの媒体よりインタビュー掲載の機会をいただきました。当会の趣旨へのご理解をたまわるうえからご紹介させていただきます。ご笑覧たまわれば幸いです。(再掲)
 LIFULL介護 tayorini
 ZIEL 人生を豊かに彩るWEBマガジン
 
スポンサーサイト



Comment (-)