FC2ブログ

老後2000万不足問題、勃発?!

 にわかに巻き起こった「老後2000万不足」騒動。2千万という額に妙な信憑性があるのか、大きな話題になりました(これが5千万不足と言われたら、みんなはじめから諦めるでしょう。笑)。
 みなさまはいかがご覧になりましたか?

 報告書がもとにした数字は、総務省統計局家計調査(2017年)の「高齢夫婦無職世帯」の平均値。
こちらの28ページ)

 でも、夫65歳、妻60歳で、ふたりとも無職(つまり年金だけで暮らす)、それで30年を過ごすって、どんなふたりでしょう?(私なら3日でウンザリ?) しかも65歳のとき貯金がなく、その後は支出額がずっと変わらない、という設定は、「あり」でしょうか? 
 毎月5.5万の不足でも、なぜ働かないのでしょうか、60代なら元気なのに……。
 仔細に見ると、ちょっとおかしいこの数字。もちろん、「あれは嘘ですから、老後も安心していてください」という気はありません。人生90歳、100歳時代、これまでの考え方では通用しない場面が多くなりました。
 それは、私たち性的マイノリティといわれる人たちも、おなじです。いえ、おひとりさまだったり、事実婚(法律婚していない)だったりという点では、セクシュアリティにかかわらない問題だといえるでしょう。
 
 老後のライフプラン情報をお届けするパープル・ハンズでは、7月の「セクマイ×老後」講座を開催・募集したところ、今回、2週間前に満席となるご注目をいただきました。社会一般でも、セミナー等がにわかに盛況のようですが、銀行や証券会社の主催では、金融商品を勧められることも多いようです(当会では、それはありません)。
 そうした点に注意しながら、今後も上手に情報を収集していただければと思います。


 【当会の、直近のライフプラン講座】
 第26回 AIDS文化フォーラム in 横浜
 8月3日・土曜 午後1~3時「にじ色ライフプランニング入門」
 会場 かながわ県民センター(横浜駅西口5分) 予約不要、無料
 
 毎年開催の「エイズの文化祭」のようなイベントです。こちらにプログラム(PDF)があります。陽性/未感染にかかわらず、どなたでも聞いていただけます。

 また、対面ライフプラン相談も実施しています(記事は昨年度のものですが、今年も助成をいただいています)。必要に応じて、ご利用ください。
 
スポンサーサイト
Comment (-)