FC2ブログ

【報告】トロントの高齢性的マイノリティ

 新宿二丁目のコミュニティセンターaktaで、パープル・トーク「トロントの高齢性的マイノリティ」を開催し、約20名が参加しました。
 当会会員で 一時帰国中のCさん(1955年生まれ、69歳)は、20代中旬、日本での結婚圧力の苦しさなどを逃れ、海外移住を希望。当時、積極的に移民受け入れをしていたカナダのトロントに渡りました。それ以来、40年余り、トロントに暮らしています。
 移民を多く受け入れたカナダでは、多文化主義政策を進め、それは現在、性的マイノリティにも及んでいます。そうした「進んだ」面もある一方、当事者コミュニティ内での民族差別や年齢差別などの格差も存在します。
 Cさんからは、70代を迎えるゲイとして、トロントのLGBTコミュニティセンターなどでのシニア向けプログラムを中心に、写真をまじえていろいろお話しをうかがいました。自分史講座、瞑想、ライフプラン(終活)講座、読書会など、センターのHPには多彩に紹介されています(トランス向けやノンバイナリー=日本でいうXジェンダーの人向けなども、いろいろ用意されています。英語の勉強にもどうぞ)。これらはすべて無料で受けられ、州や市の助成金が手厚いとのことです(そのぶん税金も高いのですが……)。
 写真は撮影がクリスマスシーズンだったため、パーティーがよく開催され、「何度もターキーを食べた(無料)」とおっしゃっていました。
 また、各地区の(一般の)高齢者センターでも、あたりまえにオールドのLGBT向けプログラムーー朝食会とか、親などの介護をする人たちのピアグループがあることも紹介され、暮らしに溶け込むLGBTの姿がいいなぁと思いました。

 終了後の交流会も10名余りが参加し(自分の食事分だけ払う、飲酒しない人にも気楽な方式です)、落ち着いた話の時間をもつことができました。

 写真は左上から時計回りに、コミュニティセンター外観、パーティで歌のリーダーをした元オペラ歌手のレズビアン女性、コミュニティセンターでのシニアパーティ(中央はセンターの別の音楽サークルの演奏)、絵画サークルのチャリティ販売会。トロントのシニアも楽しくやっています。

1902.jpg

スポンサーサイト



Comment (-)