FC2ブログ

【報告】にじ色あんしん老いじたく②「療養・介護」編 開催

 10月27日、台東区上野の貸会議室で性的マイノリティ版の老後ライフプラン講座「にじ色あんしん老いじたく」②を開催しました。
 今回は「シングルでも、同性二人でも、入院や介護、認知症、どうする?」という内容で、26名の申し込み、24名の参加で実施されました。全員が40代以上のみなさんでした(スタッフ側除く)。
 前半は、発病・入院時、要介護時、認知症時にわけて、だれにも使える公的制度(健康保険、介護保険、成年後見制度)の確認や、準備しておくとよい書面について説明しました。後半の質疑応答では、ご自分の事情を話してくださるかたもいて、互いに学び合う「ピアエデュケーション」の趣きがありました。
 アンケートの感想では、

 ・公的な制度の活用でさまざまな保障が得られるとわかったが、なかなか難しく、勉強が必要だ
 ・法的なことは難しく、専門家の助言がもらいたい
 ・後見制度をわかりやすく説明してもらえてよかった
 ・介護時も自宅で過ごしたいと思っていたので、参考になりました
 ・パートナーが後見人になることは難しそう。専門家や見守り法人などとの契約となるのか?
 ・パートナー有りの話に偏っていたのでは? 独居の場合の身元保証サービスについて知りたい

 などがうかがえました。また「困りごと・不安」として、

 ・孤独死
 ・生活費や住居の確保。どのくらいの金銭が必要か。
 ・特養、有料老人ホーム、 サ高住、老健などの違い・実態等を知りたい
 ・ケアマネやヘルパーの具体的な話を聞きたい
 ・自分でも調べていて情報多すぎて逆に不安(ふりまわされないように、筋道をつけてほしい)
 ・パートナーが経済的に自立していない、親族にカムアウトしていない
 ・後見や死後事務のやり方はわかったが、だれに託せばいいのか……
 ・終末期で(親族以外が)どこまで関われるのか
 ・他界したパートナーとおなじお墓に入りたい

 などが書かれていました。今後の講座内容への工夫にも役立てたいと思っています。
 会後の交流会も10名が残留し、他所ではできない深い話をしたり、SNS等を交換して今後の連絡を約束しあうなど、中年からの友だち作りのよい機会となったようでした。

 第3回の「終活編」は、1月の19日か26日の土曜を予定しています。今後のお知らせにご注目ください。

スポンサーサイト
Comment (-)