FC2ブログ

【募集開始】にじ色「あんしん老いじたく」② 病院・介護編


シングルでも、同性二人でも、
入院や介護、認知症、どうする?

 一人暮らしや、家族と認知されづらい同性パートナーとの暮らしで、
 高齢期にはつきものの入院や介護。病院面会や財産管理の代理など
 法律的な知識を正確に理解しておきましょう。


 一般財団法人ゆうちょ財団さん助成事業、性的マイノリティのための老後ライフプラン講座「にじ色あんしん老いじたく」は、おかげさまで4年目に入りました。
 ひとり暮らし、同性二人暮らし、家族にカミングアウトしていない、戸籍の性が違う、HIV陽性……など、私たちの事情に即して、老後のお金や暮らし、法律のことなどの不安やお悩み解決に役立つ情報を、全3回のシリーズでお届けしています。

 第2回は、入院や介護といった高齢期に起こりがちな場面で、「通常の家族」に収まらない私たちが事前に備えておくことをご紹介します。また、高齢社会で認知症が懸念されるなか、同性パートナーが「家族/夫婦同様」に相方のお世話をしたり、一人暮らしの場合での対応についても、ご一緒に考えてみたいと思います。
 当事者の専門家による、当事者の事情に即した、当事者のための、老後のライフプランセミナーです。ぜひ、ご参加になってみませんか。


 と き:2018年10月27日(土) 午後1時半〜3時半
 ところ:上野駅徒歩1分の貸会議室(お申込者にお伝えします)
 参加費:無料

 * お名前(ニックネーム可)と年齢を添えて、パープル・ハンズあてにお申し込みください(info@purple-hands.net)。折り返し、会場などをお知らせいたします。性別やセクシュアリティの制限はありません。
 * 申込者多数の場合、40代以上のお申し込みを優先します。
 * 終了後、4時から会場近くのバーのハッピーアワーで交流会をしています。交流会だけのご参加も歓迎です。別途お問い合わせください(昨年受講されたかたもぜひどうぞ)。

第2回チラシ


スポンサーサイト
Comment (-)