【報告】パープル・トーク「性的マイノリティと介護・高齢福祉」


 当会では、講座やお茶会のほか、ゲストを招いて老後にかんする話題を紹介する「パープル・トーク」を3か月に1回のペースで開催しています。6月23日、性的マイノリティと介護・高齢福祉をテーマにコミュニティセンターaktaで開催。雨天にもかかわらず20名近いかたがご参加くださいました(初参加や専門家のかたも多かった)。
 介護や高齢福祉の専門家のかたとつながってきましたが、今回は、いまパープルと60代以上の当事者インタビューを一緒に行なってくださっている日本体育大学の北島洋美先生から、現在11人のインタビューを経て感じたことをお話いただきました。また、介護の現場、そして教育の場が長い、当会理事でもあるゲイのまぎゑさんから、介護現場で見聞きした性的マイノリティに関するエピソードなどをお話しいただきました。
 ちなみに北島さんは、横浜の社会福祉法人で高齢福祉の仕事に入り、ホームヘルプサービスのコーディネーター、老人ホーム所長、地域包括支援センターの受託管理者などの現場を歩いて、7年まえから日体大の教員へ。30年まえの駆け出し時代、ホームヘルプで高齢男性のお宅に伺うと、20歳ぐらい年下の人がいて、家族じゃない、友だちだ、とおっしゃる。血縁でもない高齢者を20も年下の人が一緒に住んで面倒見ている、なんて親切な人なんだろうと思っていた、と笑いながら振り返ってくれました。いつの時代だって、性的マイノリティの暮らしも、その介護も、あったということです。
 話題提供に続いて、会場からもたくさん質問や発言がありました。また、終了後、近所の中華レストランでの交流会にも10名以上のかたが参加され(自分の食べただけを払う気楽な夕食会がパープルのやり方で、飲む人も飲まない人も負担なく参加できます)、より突っ込んだ感想も話されていました。
 東京はパレード時期を中心にシンポジウムなども盛んですが、壇上から一方的にお話しを聞いて終わるケースも少なくありません。当会では今後も、「暮らし」「老後」にかかわることを等身大で、お互い膝つきあわせて、しかしなるたけ深く、語り合う場を企画してゆきたいな、と思っています。

 次回は10月に、「性的マイノリティと葬儀・お墓」をテーマに考えています。

スポンサーサイト
Comment (-)