【報告】「おとな食堂」を開催


 昨今、各地で「こども食堂」が盛んです。いわゆる貧困支援から地域の居場所づくりまで、さまざまな意図をもって開催されていますが、当会でもあたらしい集いの場として、「おとな食堂」を開催してみました。
 これは、おかず等を一品もちよりでみんなで夕食の卓を囲みましょう、というもので、米飯とお味噌汁は当会で用意しました(参加費300円)。
 集いの場としては、従来、土曜か日曜の午後、「パープル・カフェ」を開催していますが、お仕事等の都合で土日には参加できないというかたもいました。平日の集いとして、考案されたものです。
 当日は20代後半の人から60代、70代の人まで、私をふくめ6名の人が会食しました。みなさんはりきって(?)さまざまなものをご持参され(手作りあり、スーパーのオツトメ品あり)、お酒の差し入れもあり、飲む人も飲まない人も、それぞれ楽しく歓談に花が咲きました。

 アセクシュアルを名乗り、ほとんどセクマイ当事者との交流もないという20代の若者は、「一人暮らしをしていると、つい孤独に慣れてしまいますが、しばらくぶりに人の温かみに触れられました。やっぱり大切ですね、そういうものは……」と、過分な感想を寄せてくれました。
 また、ほかの参加者からも、「いろいろな場があることが、「多様性」の懐の広さになるのでしょうね。70代のかたと最寄駅まで一緒に帰りました。お話しでき、良かったです」とのメールもいただきました。
 お味噌汁は、私(事務局長)の郷里の伊予の麦味噌を、新橋駅前の愛媛県のアンテナショップで購入して、あさりの味噌汁に仕立て、一緒に求めた本場のじゃこ天とともにお出ししました。甘口の田舎味噌も好評----これは手前味噌(笑)。

 私の個人ツイッターでつぶやいてみると、意外におおくの「いいね」をいただき、「家庭感覚なイベントいいですね」といった反応もありました。こうした場も、求められていたのだと実感しました。
 キラキラしたホームパーティーとはちょっと違う、日常の延長線上で同じ仲間と交流する場です。ご興味があったら、どうぞ気楽にご参加ください。性別・セクシュアリティ一切不問。


スポンサーサイト
Comment (-)