2017年度も、ゆうちょ財団の助成で講座と相談を実施します

 パープル・ハンズは、新宿のaktaで2010年4月から開始した「同性愛者のためのライフプランニング研究会(LP研)」をその前身とします。2017年の今年で8年目に入ったことになります。

 LP研は、同性婚も差別禁止法もない日本で、それでも私たちがこれからの老後を含め、安全に一生を送っていくには、まずは現行の法律や制度を理解し、それを活用しよう、というところからスタートしました。さいわいさまざまなかたの支持を得て、現在も基幹イベントとして継続しています。

 無料で利用できるaktaさん以外の場所でも開催したい、とくにシニア層が多いといわれる上野・浅草で開催したいと思いながら、資金がないためかないませんでしたが、2015年度から一般財団法人ゆうちょ財団さんの「金融相談等活動助成事業」に採用していただき、上野で「にじ色あんしん老いじたく」講座を3回シリーズで開催してきました。助成への採択は、金融等の場面でも、性的マイノリティの存在への認知が広がってきたことの反映と、嬉しく思っています。

 昨年度は講座に加え、長期延命が可能になったHIV陽性者(ほぼゲイ)のための無料ライフプランニング相談も、助成を受けて提供することができました。11名の年齢も違うゲイのHIV陽性のかたのご相談にあずかるとともに、貴重な事例を収集することができました。

 さて、2017年度もこの「老いじたく」講座(全3回)と、性的マイノリティー全体へ拡大しての無料ライフプランニング相談への助成を申請したところ、さいわいご採択いただくことができました。
 今年の助成先一覧

 現在も、すでに使える制度や方法がありながら、それを知らないばかりに、同性パートナーとの生活や、一人暮らしの老後などに、よけいな不安を覚えているかたは少なくありません。知ることで改善できることがあるなら、まずはそこから。
 
 講座の開催や相談会の概要は、随時このメルマガでもご案内してゆきます。ぜひふるってご参加・ご利用くださいますように。

スポンサーサイト
Comment (-)