事務局長の永易が京都で講演します(6/4 京都)

HIV陽性者と高齢化、地域における支援ネットの構築という趣旨の勉強会で、永易も講師のひとりとして招かれ、京都で講演します。どなたでも無料参加できますので、関西地区の「オフ会」?として、どうぞご聴講ください。

HIV陽性者の老後・ゲイ男性の老後
法律家とNPO法人に問題点と解決策を聴いてみよう

 日 時:2016年6月4日(土曜)午後1時~4時半(座席数30名)
 会 場:同志社大学今出川キャンパス(烏丸線今出川駅1番出口すぐ)
 講 師:
 入院治療や介護が必要になった時、どんなことが起きるのか
  岡本学氏(大阪医療センターメディカルソーシャルワーカー)
 法律家の立場から自分たちの問題として
  大畑泰次郎氏(弁護士、大阪弁護士会)
 NPOの立場から
  永易至文(行政書士、パープル・ハンズ事務局長)

 第二部 交流会(17:00〜、バザールカフェ、参加費:3,000円食べ飲み放題)

 参加人数の確認が必要ですので、以下の項目を記載の上、5月28日(土)までに事務局までメールで参加申し込みをしてください。席数には限りがございますので、あらかじめご了承ください。
・参加者氏名
・参加人数
・当日のご連絡先・講演会/交流会それぞれ参加の有無
[事務局]
 特定非営利活動法人CHARM
 担当 吉田 yoshida@charmjapan.com

平成28年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事
HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究 研究代表者:白阪琢磨
分担研究「HIV陽性者の地方コミュニティでの受け入れに関する研究」分担研究:榎本てる子

スポンサーサイト
Comment (-)