第2回ゆうちょ財団助成「にじ色あんしん老いじたく」講座、好評終了

 性的マイノリティの立場にたった老後セミナーの第2回が、10月24日、無事終了しました。今回は席数35が満席(全員40代以上)となる好評でした。ひとりで、あるいは同性ふたりで、病院での面会や認知症時の代理などシビアな場面について解説しましたが、みなさん熱心に聴講くださいました。
 終了後、向かいのパブで交流会を呼びかけたところ、そちらにも16名のかたが参加され、自己紹介ののち、随所で歓談の輪ができていました。
 今回は、助成元のゆうちょ財団のかたが、活動監査ということで参加され、一緒に聴講してくださいましたが、最後に感想をお願いしたところ、ご自分もおひとりさま女性としてみなさんとおなじ心配を抱いている、おたがい偏見なく、おなじ問題に向き合うものどうし手を取り合っていきたい、と嬉しい感想を述べてくださり、大きな拍手を浴びていました。

 第3回は1月に、「遺言と相続、お墓、死後事務」など、いわゆる終活について考えてみる予定です。ぜひ、ふるってご参加ください。

スポンサーサイト
Comment (-)