介護事業所へのセクマイ/HIV研修会を開催します

 ●区内の介護事業者へ研修会を企画

 このほどパープル・ハンズでは、「パルシステム東京(生協)」の「市民活動助成基金」公募 において「介護事業者への性的マイノリティおよびHIV陽性者にかんする研修の提供」が採択され、助成を受けることになりました。
 以前なら(余儀なく)結婚していたセクマイも、現在は一生をシングルとして、あるいは同性のパートナーと一緒に暮らそうとする人が増えています。それは同時に、遠くない将来に、介護・療養の現場でも、性的マイノリティの存在が顕在化してくることを意味しています。
 介護の現場からすると、

 ・なにかご事情を抱えているようだが、ハッキリとはおっしゃらない
 ・おひとり暮らしだが、「家族」ではない人(同性)が出入りしている、お世話している
 ・異性のヘルパーに抵抗がある(その逆の場合も)
 ・はじめからゲイだとおっしゃっているが、こちらもそれにどう対応していいかわからない
 ・HIVに感染していらっしゃる(HIV陽性のかたの多くはゲイ・バイ男性です)
 ・見た目と書類上の性別が違う……

 やがて介護でも、こうした利用者さんに対応する場面が出てくるでしょう。
 まずはパープルが事務所を置く中野区内の介護や看護の事業者へ、受け入れへの準備性を高めてもらうための、さまざまな情報提供を前後2回にわたって行ないます。

 ・性的マイノリティやHIV感染症についての基礎知識
 ・介護事業所等での受け入れ体制づくりや先行事例
 ・セクマイに多いと予想されるおひとりさまや、HIV陽性者に増加が予想される認知症への、成年後見の利用例など

 まだまだレアなトピックで、10か所も参加申込みがあれば大成功かなと思っていますが、セクマイに対応可能な事業所を少しずつ開拓する機会にしたい。また、当日参加できなくても、地元に相談できる当事者団体もあることを認知してもらうのも、大きな前進だと思っています。
 まだまだ介護現場で認知が乏しいセクマイ問題。いまから少しずつ理解を広めていきましょう。


 ●LGBTヘルパーさんも介護者研修に参加しませんか?

 ここでみなさんに呼びかけデス!
 セクマイ業界って、介護・福祉関係にかかわっているかた、けっこう多いですよね(笑)。セクマイと介護についてヘルパーとして、ケアマネとして、現場で日ごろ見聞したり感じている「困ったなあ」「直したいなあ」を、よければぜひ私たちにお知らせください。当日の資料づくりの参考にさせていただきます。
 また、研修会当日は、席にも若干余裕があります。ご参加になって、事業者との質疑に答えたり、集まったセクマイ系介護者のネットワーク作りのきっかけにしませんか?(研修会終了後、居酒屋での懇親会も予定しています。)
 ぜひ、パープルへメール info@purple-hands.net でご連絡ください。

 と き:2014年12月12日(金)
     午後7~9時
 ところ:中野区内公共施設(ご連絡者にお知らせします)
 内 容:性的マイノリティの基礎理解  
      講師:永易至文(パープル・ハンズ事務局長、ライター、行政書士)
     HIV感染症の基礎理解 
      講師:北村 浩(パープル・ハンズ代表理事、医師)
     質疑応答・経験交流
 主 催:特定非営利活動法人パープル・ハンズ
 後 援:中野区
     中野区社会福祉協議会
 助 成:パルシステム東京 市民活動助成基金

 こちらもご参照ください。


スポンサーサイト
Comment (-)