カテゴリ:パープルのイベント の記事一覧

事務所でのつどい(7月)

 ●パープル・カフェ
 40代からの語り場。はじめましてのかたからリピーターのかたまで、どうぞお気軽においでください。
 7月30日(日曜)15時~17時

 ●グリーフ分かち合いの会
 死別を経験されたかたの、分かち合いの会です。死別当事者のみのご参加でお願いします。当会のファシリテータがご一緒します。
 8月19日(土曜)15時~17時

 どちらも予約不要、東中野事務所(東中野駅西口徒歩1分)、茶菓代:300円
 
スポンサーサイト
Comment (-)

第1回「にじ色あんしん老いじたく」 開催ご報告

 性的マイノリティの老後に役立つお金や法律・制度の知識を学ぶ、「にじ色あんしん老いじたく」講座が、6月17日、上野の会場で開催されました。3回シリーズの第1回は「老後のお金と住まい、こう考える!」。会場定員36名いっぱい、じつに満席のお申し込みとなったのはちょっと驚きでした。
 今回の参加者は30代のカップルから77歳まで。アンケート回収数は29で、そのうちパートナーありが15、シングルと回答した人が11。パートナー同士で参加した組も多く、23年を最長に15年以上の組が複数あったのが目を引きました。長期の中年・シニアの同性カップルが、性的マイノリティ版のライフプラン・ノウハウを求めて参加したことが見て取れます。
 ネットで知った人以外に、ゲイバーや上野のゲイショップでチラシをもらい、お電話で申し込んでこられた年配のかたも、複数いらっしゃいます。「老後 ゲイ」で検索してたどり着いたというかたも。

 テーマである「老後のお金」について、私は加入が義務である公的な社会保障をまず知り、十分に活用したうえで、足りないものや財布に余裕があれば民間の保険などの活用をお話ししています。参加者の世代が多岐に渡るので、「もう年金もらい始めているよ」というかたもいますが、リタイア前のかたには目からウロコだったみたいです。地域の行政の施策にも、老後の不安解消に役立つものが多々あります。
「身近なことからいろいろなものを見直す大切さに気付かされました。自分の入っている会社の保険や年金、そのつぎに住んでる地域の行政について調べようと思います」
「すべての不安が取り除かれたわけではありませんが、基本的なことを押さえるだけでもいろいろとカバーできることを知り、安心できました」
「社会保障を知ったうえで、同性パートナーとの場合どうしていくかを知りたい」
 そんなお声を複数、いただきました。わかりづらい制度の情報を、性的マイノリティの実情に合わせて解説することで、いろいろお役に立つ面があったなら、さいわいです。
 第2回(9月。入院時や介護、認知症)、第3回(12月。遺言や死後事務、いわゆる終活)も、どうぞご期待ください。

Comment (-)

パープル・カフェ 2月

 2月26日(日)午後3~5時
 パープル・ハンズ事務所(東中野1-57-2柴沼ビル41号) 
 
 性別セクシュアリティ年齢不問
 茶菓代 300円 予約等不要・途中入退場可
 はじめましてのかた、常連のかた、7~8人の集いです。
 暮らしや老後のこと、なんでもお話してください。

  *予告と変わりましたので、ご注意ください
   3月は25日(土曜)を予定しています。

Comment (-)

1~2月中の活動のご報告

 2月5日、新宿のコミュニティーセンターaktaでライフプランニング研究会「遺言や相続、お墓や片付け、いつか必ず来る日のために」を開催しました。昨年12月に上野で開催した「にじ色あんしん老いじたく」第3回の「再放送」です。
 最近は上野会場へ多くのかたがご参加くださり、aktaさんでは小人数で開催していますが、それでも予想以上の11人のかたがご参加くださり、テーブルを囲んでじっくりお話をしました。終了後も、近所の中華の小部屋でそれぞれの事情も含めて交流会ができ、こうしたじっくりした話ができる機会が本当に貴重だとのお声をいただきました。
 今年度の講座シリーズは終了ですが、来年度も上野で講座ができるよう、ゆうちょ財団さんに申請をしています。決まりましたら、またご案内します。法律や制度の知識をきちんと理解して、自立したセクマイライフをつくるお役に立てていただければさいわいです。

 1月28日には、岩手県盛岡市で開催された東北地区の司法書士さんの研修会で、事務局長の永易が、「法律家として性的マイノリティの暮らし・老後をどう支えるか」について、福島以北の東北の司法書士さんたちにパープル・ハンズの活動もふくめ、ゲイの行政書士の立場から、ご紹介しました。地縁血縁の濃く、震災の爪痕もいまだ癒えぬ地域での性的マイノリティの生きづらさと法律家ができることについて、その一端をお話できた、よい機会でした。

Comment (-)

 TV番組ホウドウキョク「LGBT LIFE」をぜひご視聴ください!


 フジテレビのインターネットTV番組「ホウドウキョク」(毎週金曜)では、毎月最終金曜の番組内で、LGBT向け情報コーナーを放送しています。担当ディレクターがオープンリーなレズビアンであり、番組パーソナリティーはLGBTアライとして東京のプライドパレードにも協力する阿部知代さん。
 1月27日に放送された同コーナーで、同性カップルを守るために作っておきたい4つの書類について、事務局長の永易至文が出演、お話しました。
 番組では、ディレクターが自身の同性パートナーとの同棲と解消の経験を語り、永易から、パートナーシップ開始時、病気や事故時、認知症(高齢期)、死別時に二人の関係を守るための書類について説明しました。パープル・ハンズの活動についても、配布している「緊急連絡先カード」などとともにご紹介しました。
 阿部さんからは、セクシュアリティに関係なく、これはみんなに大事なこと、とお言葉をいただきました。
 いつも講座でお話していることが、20分ほどの番組で手軽にご覧いただけます。ぜひ、ご視聴くださいませ(10分すぎあたりからの出演です)。

 こちらをクリックしてご覧ください

 開始10分ごろからの登場です。

Comment (-)