FC2ブログ

カテゴリ:未分類 の記事一覧

秋からの「集い」の場のご案内

 コロナ警戒が呼びかけられている日々ですが、この秋から、いくつかの活動・集いの場を「ニュースタイル」で復活してゆきたいと思っています。
 お申し込みメールはいずれも info@purple-hands.net または電話03-6279-3094
 コロナの状況によっては中止の判断をすることもあります。ご了承ください。


 ●鍼灸・からだの教室(新企画)
 のんけ・おひとりさま女性でパープル・ハンズ賛助会員の明るい鍼灸師さんが、ハリや温灸体験をしながら、つぼの特性紹介、健康やからだにかんするご案内をします。体調不良など、お気軽にご相談ください。
 性別・セクシュアリティにかかわりなく、どなたでも。今後ご好評の場合、毎月末に定期的に開催したいと思っています。

 日時:10月31日(土) 2時、3時、4時、5時 (1回1人、施術時間:45分)
 場所:パープル・ハンズ事務所(東中野駅西口1分、エレベータのないビルの4階です)
 申込み:お名前(ニックネーム可)と希望時間(先着順)を明記で
 施術料:千円(材料費や会カンパ含む)マスク着用
  *2時、3時は、埋まりました

 
 ●おとな食堂
 一品持ち寄りで晩ご飯を食べる、飾らない夕食会です。しばらくお休みしていましたが、事務所参加とリモート参加とで交流に比重をおいて、開催してゆきたいと思います。

 10月14日(水曜)午後7~9時
 東中野事務所(2名まで)、リモート参加(5名まで。パソコン・スマホでzoomアプリをご用意ください)
  *zoomがわからないかたはスマホをご持参のうえ事務所へご参加いただければご案内します。
 申込み:お名前(ニックネーム可)と希望参加形態を。無料


 ●10月度パープル・カフェ
 40代からをキーワードに、気楽なお茶会を開催しています。はじめましてのかたから常連のかたまで、どうぞいろいろな話を持ち寄って、お茶のひとときを楽しみましょう。
  
 10月25日(日曜) 午後2~4時 
 茶菓代:300円 要予約 マスク着用

 定員8名まで 予約制とします。お手数ですが事務局まで、「カフェ参加希望」と書いてご一報ください。


スポンサーサイト



Comment (-)

ウェブアンケートのご協力、ありがとうございました!

 先月のメルマガでご案内し、9月いっぱい募集させていただきました「暮らしや老後」に関するウェブアンケートは、おかげさまで「248」通のご回答をいただき、予想を上回る回答数に、理事会・事務局一同、驚き、また大いに感激しております。
 このアンケートは学術調査的に厳密に設計されたものではありませんが、性的マイノリティの老後問題に関心を寄せるみなさまの傾向が大ざっぱに把握できました。それにもまして、任意回答にお書きくださった数々のコメントが、じつに参考になることばかりでした。
 当会の今後の活動に活用するとともに、コメントにもご要望が寄せられていましたが、今回の結果をなんらかのかたちでみなさまにも還元させていただく所存ですので、いましばらく集計・解析にお時間をいただきますよう、お願い申し上げます。

 末尾に、あらためてご回答くださったみなさまに御礼申し上げますとともに、今後とも当会の活動に、ひきつづきご注視・ご関心のほどをお願い申し上げます。

 理事会・事務局一同

Comment (-)

レインボーフラッグサロン(性的マイノリティの居場所サロン)のご案内

 
 大田区「エセナおおた」(女性センター)では、性的マイノリティのサロンを毎月開催しています。今回、当会事務局長がファシリテーターとして参加し、「中高年期のセクマイ」をテーマにおしゃべりします。
 大田区在住のかたはもちろん、他地域からも参加できるそうですので、ふるってお申し込みください。

 日時:10月18日(日)10時~12時、無料、当事者および支援者(10名、先着順、要ZOOM)
 詳細、申込みはこちらをご覧ください。
 
Comment (-)

新冊子の発行

「情報センター」であるパープル・ハンズでは、このたび小冊子『「LGBT」終活ガイドはじめの一歩ーーひとりで逝(い)けるもん』(8ページ)と、老後・終活サポート事業の概要を示した「終活コンシェルジュ」のパンフレットを発行しました。単身高齢者のサポートは行政などでも大きな課題です。公的制度や公的セクター(行政や社協)のサポートをきちんと使い、備える方法を紹介するとともに、いま当会でできるサポートのあらましと費用をご紹介しました。
 今後、協力スポット(団体、スペース、女性センター、ゲイバー・ショップ等)で配布していくとともに、ご希望のかたには郵送いたしますのでご利用くださいませ。
 なお、賛助会員・近3年の元賛助会員のみなさまにはご郵送申し上げます。

【請求方法】
 返信用封筒(94円切手貼付、宛先明記)を同封して、当会へお送りください。
 封筒サイズは「長形3号」(A4三つ折りが入る)です。わからないかたは94円切手と宛先を書いたラベルをお送りください。
 いただいた個人情報は、今回の発送のためのみに使用し、会に保存しません。
 発送者として裏面にパープル・ハンズのゴム印を押します。

 住所:164-0003 中野区東中野1-57-2 柴沼ビル41 パープル・ハンズ

IMG_20201001_135000_resized_20201001_015024585.jpg

Comment (-)

【事務局日誌】ビジョン、ミッション、そしてバリュー

 コロナごもり中の理事会で、パープル・ハンズはこれからどうなるべきかを話したことがあります。マーケティング理論では「ビジョン、ミッション、バリューの共有」というそうですが、それに合わせて整理してみました。もっとも、マーケティングがしっかりできる人なら「セクマイの老後のためのNPO」なんて、立ち上げなかったかもしれませんが(苦笑)。
 さて、「ビジョン」とは、その活動がめざす社会の姿です。当会は、

 ・性的マイノリティがなんの障壁もなく、人生を安心して、終末期(死後も)まで送ることができる
 ・生きてよかったと思える人生を全うできる

 そんな社会を目指しています。そのための任務を「ミッション」といいます。当会では、

 ・当事者が、必要な法・制度の知識を得て、利用する勇気を得る 
 ・当事者が、孤立を回避し、ともに生きていく仲間を得る
 ・当事者が、専門家や団体などコミュニティのちからを知り、信頼する
 ・当事者が、自立した市民として成長し、他の社会課題とも連帯する

 一人一人がこれらが可能になれば上記のビジョン(社会の姿)が実現すると考え、活動をデザインしています。当事者とは「性的マイノリティや多様なライフスタイルを生きる人びと」(定款より)です。のんけの人も含むんですよね。
 そのとき大事にしている考え方、姿勢、態度などを「バリュー」といいます。当会のバリューとは、

 生活者の視点  平凡と持続性  等身大の経済(家計) 小さな成功体験 
 仲間とのつながり コミュニティへの信頼
 組織としての公開性・透明性 堅実・信用   

 といったものでしょうか。言葉遊びみたいで恐縮ですが、イメージを感じていただければさいわいです。また活動の目標(Objectives)を作ることがあります。当会が「なりたい姿」の目標は、これまでも掲げてきました。

 ・老後を考え、つながるNPO
 ・暮らしと同性パートナーシップの確かな情報センター
 ・性的マイノリティのためのライフサポート事業体

 そのための戦略(Strategies)として、学びの場(講座、キャラバントーク、イベントほか)、集いの場(カフェ、おとな食堂ほか)、社会発信を行なっています。「ライフサポート事業体」への道はこれからです。

 今後もパープル・ハンズの活動に、みなさまのご理解をたまわればさいわいです。

Comment (-)