fc2ブログ

カテゴリ:未分類 の記事一覧

2月の集いのご案内

 当会では、性的マイノリティ当事者が、中高年からも安心して集える場の開催に努めています。ときに連絡とりあったり、ご飯食べたり、そんな友達ができるといいですね。zoomによるオンライン参加も受け付けています。
 すべての申込み・問合せはイベント・日時を明記で、info@purple-hands.net へ


 ●ちゃぶ台の会

 一品持ち寄りの、気の置けない食事会です。スーパーのおかずで大丈夫。夕食のお膳を囲みながら、いろいろお話しましょう。

 日時:2月13日(火)、3月13日(水) 午後7時から9時 
 場所:当会事務所
 会費:500円(ご飯、お味噌汁提供)


 ●「猫カフェ」(オンライン、3月はリアル)

 猫を切り口に、暮らしのこと、老後のこと、なんでも話しましょう。猫を飼っていない人もお気軽にご参加ください。 

 日時:2月21日(水)午後8時から9時半ごろ 
    3月23日(土)午後1時〜(リアル開催の予定)


 ●パープル・カフェ
 
 老後や40代からの暮らしをテーマに、おしゃべりする会です。いろんな話題を持ち寄って、お茶のひとときを。

 日時:3月3日(日) 午後2時から3時半ごろ 
 場所:当会事務所
 会費:300円 (2月3日の会はお問い合わせください)


 ●介護をするセクマイの会「ケアラーズ・カフェ」(オンライン)
 
 親や同性パートナーなど、大切な人の介護をする人の会。偶数月の平日や休日の夜に開催しています。介護は長い旅路。仲間との語らいをぜひペースメーカーに。

 日時:2月4日(日)午後8時から9時半ごろ 


 ●グリーフ分かち合いの会(オンライン併用)

 同性パートナーとの死別の思いを分かち合う場を、奇数月に開催しています。こうした場が必要なかたがいらっしゃったら、どうぞおいでください。事務所参加は予約不要(お茶代500円)。

 日時:3月17日(日) 午後3時から4時半ごろ。

スポンサーサイト



Comment (-)

中高年のセクシュアルマイノリティ女性のためのお茶会「エム茶」(2月)

【前回報告】1月14日(日)初回の「エム茶」が開催されました。パープル・ハンズはオールジェンダーの会ですが、男性が多い集まりに女性は参加しづらいとのことで、「女性」の会を開催。このたびファシリテーター役を仰せつかりました。私自身は、あまり経験の無いことで、当日どのような方が参加して下さるのか、はたまた誰も来ないかも、と少々の不安もありつつ当日を迎えました。
 蓋を開けてみると、50〜60歳代の8人の集まりとなり、おかげさまでなかなかにぎやかな会となりました。はじめに自身の年齢や活動エリア、参加動機、最近興味のあること等、多少緊張しながらの自己紹介(ここまでは事務局長同席)。彼の退室後は女性だけで、「ウィメンズウイークエンドやラウドに参加したらお姉さま方が恐かった(うぶなときは先輩がたが大きく見えるもの。笑)」話や、「昔は文通が主流だったよね」的なあるある話も出てきて、同年代ということもあり、懐かしい感じが漂いました。また「昨今の2丁目はどうなっている?」とか、「ビアンのマッチングアプリってどう?」みたいな情報共有もあり楽しい話題が展開しながら、あっという間にお開きの時間。会話途中で出た「日常から離れて、こうしてたわいもない話をする場(サードプレイス)があってもよいかもね~~」的な集まりとなりました。
 今後は、事務所でのお茶会を継続しつつ、暖かくなったらお散歩等の野外活動もよいかもしれません。ゆったりのんびり「エム茶」が続いてくれると嬉しいな。(文責:まさみ、レズビアン)

 日 時:2月12日(月祝)、3月10日(日)、いずれも午後2時〜3時半ごろ
 場 所:東中野事務所
 参加費:500円(お茶代) お申込みはinfo@purple-hands.net へ
 
 *ご参加は、レズビアン、トランスジェンダーなどさまざまなセクシュアリティ/性自認のかたで、中高年からの生き方や暮らしの課題に関心のある、日常生活を女性として送っていらっしゃるかた。
 *当日は、はじめに事務局長(ゲイ男性)が同席してアイスブレイキング後退席し、司会と参加者のみの進行とします。


Comment (-)

私たち版のエンディンノートを作ろう・ワークショップ  第2回「地域での高齢者見守り・社会福祉協議会」

 高齢期にぶつかりそうなさまざまな課題を、私たち性的マイノリティの条件(おひとりさま、同性おふたりさま、性別移行、HIVやメンタル疾患を持つ場合がある、など)で乗り越えるために必要な情報やポイントを整理するワークショップ。第1回(1/20)は、都内不動産会社の専務さんに高齢者への住宅賃貸の状況をうかがいました。
 高齢者への賃貸難は、身元保証人(トラブルや死後にかかわる親族等)がいないことによるもの。とくに孤独死されたとき相続人を探して契約解除や残置物撤去で苦労するため、はじめから不動産屋に敬遠される。ただ、遺言があったり法律家の執行者が指定されているとずいぶん違うなど、現場の状況が語られました。結局、不動産屋に探す気があるか。借りる側もこの物件に住みたいという物件ありきより、よい不動産屋と巡り合って、エリアや予算等を伝えて紹介してもらうほうが時間のロスがないそうです。よい不動産屋は、条件の緩い物件や理解ある大家の物件を多くもっているものだとか。
 23区や首都圏都市部での賃貸難や家賃高騰は続いていますが、郊外にいくとまだまだ物件はある。高齢期は都心へ出勤もなくなるので、場所を妥協してもらえると(紹介しやすい)、と本音も。また、保証人不要で更新がないURはお勧め。同性カップルで住めるハウスシェアリング制度もあります。
 購入は購入で、子なし(相続難)の身には課題もあり、高額で売り抜けてそのお金で老人ホームに入るラッキーケースはかなりレア。高齢期での建て替えや、管理が荒れてスラム化する課題のほか、いま現場では老々売買(80代の売り手と70代の買い手)など、え、そうなの? という話がいろいろ聞けました。
 お決まりの同性カップルへの賃貸は、大手ゼネコン系物件では問題なく、とくに自治体パートナーシップ証明などがあるとまったくスムーズ。ただ、中小や町場の不動産屋ではまだ奇異の目で見られ、敬遠されることも(昔より改善しているが)。このへんも、不動産屋の探すやる気があるか。
 当日の動画公開はありませんが、いずれ報告ブログなどを作成しようと思っています。
        *
 第2回のワークショップは、「地域での高齢者見守り・社会福祉協議会」。どの自治体にもある社協ってなに? 地域での高齢者(とくにおひとりさま)の見守り策ってどういうものがあるの? 社協が終活もしているの? など、中野区社会福祉協議会のかたに来ていただき、お話をうかがいます。申し込みフォームではご質問も受け付けております。
 ふるってご参加ください。

 と き:2月17日(土)17時から19時
 ところ:コミュニティセンターakta(新宿二丁目) 会場参加定員20名
 https://akta.jp/community-center/#access
 参加費:会場参加のかた500円程度のカンパ(任意)、オンラインのかた無料(カンパで切手郵送など歓迎)
 申込み:こちらのグーグルフォームから 

 *今後の予定 3月16日(「高齢者と精神保健」、ゲスト:精神科医)。詳細後日。
Comment (-)

1月の集いのご案内

 当会では、性的マイノリティ当事者が、中高年からも安心して集える場の開催に努めています。ときに連絡とりあったり、ご飯食べたり、そんな友達ができるといいですね。zoomによるオンライン参加も受け付けています。
 すべての申込み・問合せはイベント名称明記で、info@purple-hands.net へ
 3ヶ月分の予定をご案内しています。集い名と日時指定でお申し込みください(前月の同日から受け付けます。1月分は受付中)。


 ●パープル・カフェ
 
 老後や40代からの暮らしをテーマに、おしゃべりする会です。いろんな話題を持ち寄って、お茶のひとときを。

 日時:2024年1月7日(日)、2月3日(土)、3月3日(日) 午後2時から3時半ごろ 
 場所:当会事務所
 会費:300円


 ●ちゃぶ台の会

 一品持ち寄りの、気の置けない食事会です。スーパーのおかずで大丈夫。夕食のお膳を囲みながら、小さな望年会をしましょう(飲酒する人は、ご自身で持参ください)。

 日時:1月10日(水)、2月13日(火)、3月13日(水) 午後7時から9時 
 場所:当会事務所
 会費:500円(ご飯、お味噌汁提供)


 ●「猫カフェ」(オンライン、3月はリアル)

 猫を切り口に、暮らしのこと、老後のこと、なんでも話しましょう。猫を飼っていない人もお気軽にご参加ください。 

 日時:1月17日(水)、2月21日(水)午後8時から9時半ごろ 
    3月23日(土)午後1時〜(リアル開催の予定)


 ●グリーフ分かち合いの会(オンライン併用)

 同性パートナーとの死別の思いを分かち合う場を、奇数月に開催しています。こうした場が必要なかたがいらっしゃったら、どうぞおいでください。事務所参加は予約不要(お茶代500円)。

 日時:1月21日(日)、3月17日(日) 午後3時から4時半ごろ。


Comment (-)

映画『老ナルキソス』のクラファン、ご協力を!

 鮮烈なトランスジェンダーの生き様を描いた映画『片袖の魚』(2021年)で知られる東海林毅監督。つづく2023年に放った高齢ゲイとそのコミュニティを描いた『老ナルキソス』はミニシアターでの異例のロングラン上映を経て、現在、DVD化企画のクラウドファンディング中です。DVDには当会の活動(ちゃぶ台の会)の様子を撮ったミニ作品(「変わるまで、生きる」)も収録。みなさまぜひご協力ください! 下記Xのポストもご参照
 クラファン呼びかけ
「変わるまで生きる」紹介
Comment (-)