FC2ブログ

カテゴリ:未分類 の記事一覧

当会の集会的活動の休止にかんするお知らせ

2020年3月28日


 日ごろは特定非営利活動法人パープル・ハンズの活動に、ご理解とお力添えをたまわり、深く感謝申し上げます。

 さて、報道等でもご承知のように、新型コロナウイルスの感染拡大が伝えられ、東京都をはじめ行政各部よりも外出自粛が要請されることとなりました。また、政府の専門家会議からは「密閉・密集・密接」な状況を作り出さないことが求められています。

 こうした状況の変化をふまえ、当会では(3月16日配信メルマガの方針を転換し)4月中の「学びの場」「集いの場」の活動を休止することといたします。以下のものを休止します。


 パープル・カフェ(3/28開催のものから)
 おとな食堂(昼・夜)
 キャラバントーク「樹木葬霊園でお花見」(4/4)
 パープル夜間大学(4-5月講座)


 開催を楽しみにしてくださっていたかたにはまことに申し訳ございませんが、ご理解のほどお願い申し上げます。なお、活動の再開時期については、諸般の情報を収集・検討のうえ、慎重に判断をいたします。
 急なご案内となり、ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解・ご協力のほどをお願い申し上げます。

 末尾ながら、みなさまにおかれましても、手洗いやうがいの励行、継続的な検温等による体調観察に努められ、日々健康にお過ごしになれますようお祈り申し上げます。


 *なお、4月5日午後3時からの理事会兼用の活動検討会は開催をします(事務所にて)。賛助会員のかたはオブザーバー参加できますので、傍聴ご希望のかたはメールでお知らせください。(ご本人および同居者に発熱等の症状のないことをご確認ください)。

 *電話等によるご相談は随時、受け付けておりますので、なにかありましたらお電話あるいはメールをお寄せください。


 パープル・ハンズ事務局 

スポンサーサイト



Comment (-)

【報告】昼のおとな食堂も楽しかった

 2月26日、「おとな食堂」の昼の部を開催し、8人が参加しました。夜の一品持ち寄り形式と異なり、こちらは協力者(もと社員食堂の料理人Nさん)によって用意されたお昼ご飯をみんなでいただきました。(参加費:千円)
 すでにリタイアしたかた、仕事が休みのかた、いま仕事を休んでいるかたなど、いろいろなかたが集まり、Nさんとお手伝いのGさん手作りの鍋料理(ウイルス対策で加熱料理にしたそう)、野菜たっぷりのおそうざい、事務所で炊いたゆかりご飯、さらに食後はこれまた手作りのアップルケーキを味わいました。
 あたたかい鍋物やおそうざいをいただきながら、生活者・等身大の感覚で、でもセクマイということをとくにごまかしも隠しもせず、あたりまえの感覚で話題の前提としながら、気軽におしゃべりを楽しめる場は、あるようでなかなか無いようです。
 シニアからも安心できる交流と友だちづくりの場をめざして、いろいろな工夫で集いを開催してゆきたいと思っています。

Comment (-)

【報告】NPO法人コラボさんで講演しました

 レズビアンと多様な女性のためのコミュニティcoLLaboさんのお招きで、2月22日(土)、講演をしました。お題は「L・セクマイ女性×パートナーシップ~大切なひとと『かぞく』になろう~
 

 当日はウイルス騒ぎにもかかわらず、当初の定員30名を上回る40名余のかたのご参加があり、途中、換気等にも気をつけながら、質疑応答も含め熱心にお話しを聞いていただきました。
 ビアンカップルはもちろん、FTMのかた、子どもをもつカップルなど、多様なユニットが家族として安心して暮らす法的なツールについて実践的なお話をしました。とかく「同性カップルが、病院やら死んだときやらにいろいろ大変な目にあった。同性婚がほしい……」といった話が新聞などによく紹介されますが、不十分でも備える方法はある。そうした「生きづらさポエム」より「書類作成の実務」が大事といった説明に、勇気づけられた、やり方が見えた、とのお言葉もいただきました。
 終了後は、居酒屋での交流会は中止し、そのまま会場で、お菓子等での交流会。女性たちのネットワークで女性の未来をつくるDIY感覚あふれるコミュニティを訪問できて、私も元気になれたひとときでした。

 全国各地の団体さんで、小さな助成金などがとれましたら、自分たちの暮らしや老後、パートナーシップを守るための勉強会にぜひ呼んでください。お声がけ、お待ちしています。

Comment (-)

【募集】キャラバントーク「訪問看護を知る」

 パープル・ハンズでは、一人暮らしや法律婚に守られていない人の老後を考えることに役立つ場所を訪ねる大人の社会科見学「キャラバントーク」を随時開催しています。前回の「地域包括支援センターを訪ねて」も大変好評でした。報告

 3月は、家での療養や終末期・看取りを支える「訪問看護」について見学をします。介護保険など公的な制度で、定期的に看護師さんが家庭を訪問し、健康状態の観察、病状悪化の防止・回復、療養生活の相談とアドバイス、リハビリ、点滴、注射、痛みの軽減や服薬管理などを行ないます。主治医の指示を受け、看取りまで行なうことができます。
 訪問看護とは

 いま、政策的にも、病院へ来ないで自宅で療養をし、自宅で亡くなることが進められています。同時に、一人暮らしも多い性的マイノリティの老後にそれができるのか? 訪問看護師さんはなくてはならないサポーターです。
 性的マイノリティであっても(同性のパートナーがいる、HIV陽性、性別移行などの課題がある……)安心して利用できるのかも含め、直接いろいろお話しを聞いてみたいと思います。

 3月22日(日)14~16時 (13時45分、西武新宿駅北口改札集合) 参加費:300円
  *職安通り側の改札口です。ご注意ください。
 15名まで。現地到着後、手洗いとマスク着用にご協力をお願いします。
 申し込み:info@purple-hands.net へ、名前(ニックネーム可)、人数明記で
 訪問先の名称を知りたい場合は個別にお問い合わせください。

 
 緊急予告!
 昨年も好評でした「奥多摩霊園」の樹木葬見学(兼お花見)を、今年は4月4日(土)に開催します。昨年同様、12時に奥多摩駅前集合です。お弁当持参。同性カップルや友人、ペットとも入れる樹木葬などの現在や、最近の葬儀や祭祀グッズなどのトレンド紹介も。ご関心のかた、ぜひご予定ください。
Comment (-)

【募集中】パープル夜間大学 4月開講!

パープル夜間大学 4月開講!
月曜 夜7時〜9時 各講座定員10名

性と教育 医療報道 性同一性 高齢福祉 
性的マイノリティの視点と「現場」で考える     (前期シリーズ)

コミュニティや運動を考えることに資する骨のあるテーマを、一人の講師に、4回にわたってじっくり語っていただく、充実の連続講座です。月曜の夜、講師ととことん学び合い、語り合ってみませんか!


 パープル・ハンズではこの4月から、「パープル夜間大学」という講座を開講いたします(第1回は3/30)。
 当会で従来から開催している生活・法律の講座ではなく、コミュニティや運動を考えるうえで骨のあるテーマを設定し、実力のある講師のかたに、1回の講演会ではなく、4回にわたってじっくり語っていただくものです。
 受講は10名定員で、質疑応答・討論にも時間をかけたいと思っています。
 今回は、4-5月ABと6-7月ABの4つの講座を開講し、お申し込みを受け付けます。平日の夜という時間帯ではありますが、ふるってのお申し込み、ご参加をお願いいたします。
 
 9月以後も後期として、HIV、精神保健、差別と社会運動、フェミニズムなどを考える講座を開講の予定です。ひきつづきご注目くださいませ。

【開催要項】
 受講料:4回一括8,000円(税込)定員10名 締切り後に空席あるときのみ1回券発売(2,500円、1週間前予約開始、当日払い)
 申込法:メールで受講講座名(「4-5月A」など)とお名前(振り込み名と合致する名前)をお知らせください。折り返し、振り込み銀行口座をお伝えします。着金をもって申込み完了とします。いったんご入金された受講料は、原則返金しかねますのでご了承ください。
 締切日:4-5月分:3月20日  6-7月分:5月20日  
 会 場:中野区東中野1-57-2 柴沼ビル41(東中野駅西口から1分。エレベータのないビルの4階です)


特定非営利活動法人 パープル・ハンズ 
お申込みアドレス:info@purple-hands.net


 ——————————————————————————

4-5月A
性の多様性をめぐる教育の課題 
ジェンダー/セクシュアリティ形成の場としての 学級を変革する          

渡辺大輔さん(埼玉大学准教授)      
3/30 4/6 4/20 5/18

1講 「LGBT教育」が孕むもの                
2講 性の多様性に関する教材はどうなってるの?        
3講 学級のなかのジェンダー/セクシュアリティを読む      
4講 クィアペダゴジーと批判的教育学

 2015年に文科省が「性同一性障害」や「性的マイノリティ」に関する人権教育の推進について通知を出してから、日本各地で教職員研修や子どもたちへの教育が盛んになってきました。この動きを、オリンピック・パラリンピック対策で終わらせるのではなく、多様性の尊重を現実のものとする土台にしなければならないでしょう。
「性的マイノリティ」が「新しい人権課題」として認識されるなか、学校や学級で行なわれる研修や教育も、現場の教職員や子ども、研究者、NPOなどが試行錯誤を重ねながら実践しています。それらの成果と課題を整理することは、実践を地に足ついたものにするためにも、いまこそ必要な課題です。
 同時に、教室を子どもやおとなのジェンダーやセクシュアリティの形成の場として見たときに、子どもたちが、教職員や保護者を含むおとなとともに、性の多様性をめぐって何を発見していくのか、何を隠してしまうのかについて、教育実践記録を読みながら検討したいと思います。(講師より)

〈企画者からのメッセージ〉
 各地でLGBT研修や講演が盛んです。伝え、学び、人が変わっていく活動、それはまさに「教育」の営みですが、とかく「苦難を乗り越え感動する話」や独善的な「本物の教育」なるものが横行しがちです。だれもが教育や学校の体験者であるせいか、とかく安易に語られるきらいもある教育の課題について、研究者の知見を共有しながらそろそろ根源的に考えてみたいと企画しました。

 ——————————————————————————

4-5月B
医療記者の私が追いかけてきたこと
探り、考え、伝え、変える

岩永直子さん(BuzzFeed Japan記者)   
4/13 4/27 5/11 5/25

1講 性的マイノリティ・HIV問題とスティグマ         
2講 ニセ医学とどう闘うかー血液クレンジングとファクトチェック
3講 HPVワクチンから考えるリスクコミュニケーション     
4講 死をどう迎えるかー安楽死から人生会議まで

〈企画者からのメッセージ〉
 読売新聞を経て、現在BuzzFeed Japanで健筆をふるう岩永直子記者は、医療・健康をテーマとしてさまざまな社会問題を追いかけ、発信してきました。その一つとして性的マイノリティやHIV問題を取材したことから、当会ともご縁ができました。
 この講座では、岩永記者の問題意識をテーマごとに掘り下げ、ふだんはネットの向こうにいる記者と読者が双方向で直接、声を交わしあう機会を通じて、メディアやその記事の発信によって社会に拓けるものを探りたいと思います。

 ——————————————————————————

6-7月A
性別観と性同一性をめぐる心理学
〈トランスフォビア〉を超えるために

佐々木掌子さん(明治大学准教授)     
6/1 6/15 7/6 7/20

1講 身体的性別の発達~性分化とその多様性~         
2講 性同一性と性役割~相関があり独立しているふたつの概念~ 
3講 性同一性の発達と形成~小児・思春期の性別違和~     
4講 規定されない性別を生きる~Xジェンダーと性別~

〈企画者からのメッセージ〉
 トランス女性への排除問題がさまざまに波紋を広げるなか、一方で、シスジェンダーに「安住」するゲイの私には、それは遠く感じられるーー「性別」をめぐる切実さを実感しにくい問題でした。この界隈でよく聞く「私らしさ」(性のアイデンティティに引きつけて言われる)も、わかったようなわからない言葉でした。
 そうした「性別」や性にもとづく私らしさの感覚を正確に、深く掘り下げて学びたい。そしてトランス排除言説など現場の混乱をひもとく一助にもしたい。
 そうした視点からこのコースは企画されました。
 心理学のデータと分析による方法論をベースに、性同一性の形成について、さまざまな知見をご紹介いただきます。講師の著書(『トランスジェンダーの心理学』)の帯書きには、「どのようにして、割り当てられた性別とは異なる性同一性を形成していくのか?」とあります。それは同時に、疑問もなく「割り当てられた性別への性同一性を形成していく」多くの私たちの「特権性」を問うことでもあります。
 あわせて現代は世界的にも、Xジェンダー(ノンバイナリー、エイジェンダー)など、男女の性別二元制への違和を表明する人が増え、性別観の転換期にあるのかもしれません。トランスジェンダーに長く寄り添い、当事者からの信頼も厚い講師に、これまでの歩みや、性別観のゆくえなどについても、示唆的なお話をうかがえたらと思っています。

 ——————————————————————————

6-7月B
性的マイノリティと介護・高齢者福祉
当事者・専門職・研究者の立場から

佐々木宰さん(東京大学大学院博士後期課程)       
6/8 6/22 7/13 7/27

1講 性的マイノリティが要介護状態になるということ      
2講 介護現場で出会ったマイノリティ当事者の生きざま            
3講 介護・高齢者福祉の現場のゆるやかな変革を求めて      
4講 性的マイノリティとして高齢期を生きるということ

 90年代に介護福祉士として働き始め、介護現場に携わって30年。直接運動にはかかわっていないものの、横目に見てきた90年代のゲイ・ムーブメントは、葛藤から抜けだそうともがく私の後押しをしてくれました。
 ゲイ当事者として、世の中の変化と自身の解放を感じながら、一方、仕事で接する介護施設で暮らす当事者(と思われる人たち)に、自分らしい暮らしを保障できないジレンマも感じてきました。
 その後、専門職養成教育や研究職を経て、性的マイノリティと介護を本格的に研究するため、大学院へ戻りました。
 介護を通して出会ってきた当事者(セクマイ以外のマイノリティも含め)は、抑圧されるだけでなく、みな自分の意思を持って周囲の環境と折り合いをつけようと試行錯誤してきました。受講者のみなさんに、私の見てきた利用者さんの暮らしや思いを伝え、まだまだ厳しい現実に悲観するだけでなく、不都合の中でも小さな自信をもって今後の戦略を考えるきっかけにしてもらいたいと思っています。(講師より)


夜間大学チラシJPG




Comment (-)