FC2ブログ

今後のつどいの場のご案内(6/5更新)

いずれも東中野事務所
 
 ●グリーフ分かち合いの会
  7月10日(水曜) 午後7~9時 
  茶菓代:300円 予約不要 *平日夜の希望に応えて開催してみます。

 同性パートナーとの死別を経験されたかたの分かち合いの会です。おなじく死別経験者のファシリテータのもと、安心してご自身の経験を話せます。


 ●パープル「おとな食堂」(毎月中旬の月火水、午後7~9時)
  6月17日(月)  ←変更あり
  7月17日(水)
  8月13日(火)
  参加費:300円(米飯、お汁の提供あり) 9時終了厳守で翌日も安心です。要予約
  一品持ち寄りでみんなで晩御飯を食べる会。飲酒をされるかたはご自身の呑み物もご持参ください。


 ●パープル・カフェ(毎月末の午後2~4時)
  6月29日(土)
  7月27日(土)
  8月31日(土)
  茶菓代:300円 予約不要
  40代以上をキーワードにする語り場です。はじめましてから常連さんまで、お気軽に。持ち寄り歓迎。


スポンサーサイト
Comment (-)

キャラバントーク第2回「セクマイも安心してかかれる、中高年期に寄り添うクリニック」

 セクマイとしての老後を考えるうえで役立つ場所へ出かける「おとなの社会科見学」シリーズ、キャラバントークの第2回は、当団体の代表理事である北村医師が開院した、中高年期からの医療に重点をおいたクリニックを訪問します。
 性感染症はもとより、肥満や飲酒など生活習慣病の原因も、性的マイノリティのライフスタイルに根ざす部分も少なくありません。むしろそちらの方が多いのではないでしょうか。しかし、一般病院であれこれ聞かれることは面倒です。EDやアンチエイジングの相談も、受けやすいところがあればと思っているかたもいるでしょう。

 25年以上のキャリアをもつベテラン医師により新しく開院された消化器内科主体のクリニックではありますが、院長が研鑽を積んだ中高年期からの健康「メンズヘルス・男性更年期外来」や、今後の高齢期~在宅緩和ケア医療についても考えるひと時をもちたいと思います。
 シス男性にかぎらず、シス女性のかた、トランスジェンダーのかたも、ご興味のある方はふるってご参加ください。(なお、当院は性別移行医療は提供していません。)

 6月30日(日)14時 西武池袋線「石神井公園駅」西口改札集合
 クリニックへ移動後、院長による「健康講座」とクリニック見学会 、16時をめどに解散 
 参加費は無料ですが、人数把握のためお申し込みください(ニックネーム可、info@purple-hands.netへ)
 
Comment (-)

【報告】クラウドファンディング、無事成立・終了

 当会では、上野での老後講座のさいに、参加者のかたが誤って破損した壁の修理弁償費の補填について、クラウドファンディングによってご支援を呼びかけたところ、多くのかたからご支援をいただき、無事、成立の運びとなりました。
 
 そして、5月末日をもって、ご支援者のみなさまに、返礼品等をお送りし、無事、このプロジェクトを終えることができました。
 今回は、弁償費という金銭的な負担をみなさまに分かち持っていただくとともに、プロジェクトをご覧いただいたみなさまに、当会の活動を知っていただく機会となりました。生きてゆくモデルケースに乏しいと言われる性的マイノリティに、ライフプランを考えることで地に足をつけ、お金とのつじつまを合わせながら、老後まで生きていく知恵と小さな自信がもたらされることもあることを知っていただけたなら、望外の喜びです。
 目標額以上のご支援をいただいたことで、今後、おりおり寄せられる当会への資料請求その他にも、郵送費等の負担を気にせず、このお金を活用して応えることができそうです。
今後とも、パープル・ハンズにご注目、また機会がございましたらご参加いただければ幸いでございます。

 ●収支報告
  目標金額: 130,000円
  ご支援総額: 171,000円
  修理弁償費補填:100,440円
  返礼品郵送費:8,120円
  (ほか、封筒、当会資料等、会内備品を充当)

  残額:62,440円はプールのうえ、今後の郵送費等に活用します。

Comment (-)

セクマイ×老後あんしん講座 第1回

 一般財団法人「ゆうちょ財団」さん助成のこの講座も、今年で5年目となりました。セクマイバージョンで老・病・死に、制度や法律を使っていまできることを備えるライフプラン講座です。
 全3回の第1回は、「老後はコワイ?」と題して、お金と老後の住まいについて、「まずはここから」という情報を学びましょう。

 今年から、20代からの若いかたにもご参加いただけるようにしました。世代を超えた学びあいと交流の場にもなればいいなと願っています。

  と き:2019年7月6日(土)午後1時半~3時半
  ところ:上野駅界隈の貸会議室(お申込者にお伝えします)
  参加費:無料

 *お名前(ニックネーム可)と年齢を添えて、info@purple-hands.net へお申し込みください。折り返し、会場などをお知らせいたします。性別やセクシュアリティの制限はありません。 
 *これまで受講されたかたも、復習受講(?)も歓迎します。
 *終了後、4時から会場近くのバーのハッピーアワーで交流会をしています。交流会だけのご参加も歓迎です。別途お問い合わせください。

 *第2回(病気や介護時)は9月後半、第3回(遺言や終活など)は12月後半を予定しています(1月になると例年、インフルエンザが流行のため、今年は早める予定です。苦笑)。今回は6月末予定が少し遅れて7月初めの開催となります。
flyer_表面4c-0522 のコピー



Comment (-)

渋谷区コミュニティスペース事業で「高齢期」のテーマ開催(6/2)

 パレード等を主催しているNPO法人 東京レインボープライドでは、渋谷区LGBTコミュニティスペース事業「渋谷にかける虹」を受託・運営しています。毎月、さまざまなテーマで、参加者の交流を行なっています。
 6月の回では「アラウンド50/60/70のLGBT」というテーマでの開催で、パープル・ハンズもお手伝いすることになりました。
 当日は、当会からのミニプレゼンにつづいて、参加者での交流を予定しています。詳細は区のホームページをご覧ください。

 と き:6月2日(日) 13時半~16時
 ところ:渋谷区男女平等・ダイバーシティセンター〈アイリス〉
 詳 細:こちら

Comment (-)

【報告】レインボープライド、ブースもイベントも盛況のうち終了

 4月28、29日に東京・代々木公園を会場に開催された東京レインボープライドは、2日あわせて20万人の動員があり(主催者発表)、メディアでも大きく報道されました。
 当会でも、ブースを出展し、新しいチラシ(緊急連絡先カードつき)やパンフレットを配布、またさまざまなかたにお立ち寄りいただきました。
 ブースの設営や印刷物の配布には、会員や有志のみなさまの、朝早くから夕方までの献身的なご協力をいただきました。とくにパープル・カフェ常連の女性カップルさんには、ツイッターで見た当会のブースの飾り付けが大変「簡素」だということで、2日目にさまざまな飾り物をもって駆けつけ、ブースを美しく彩っていただきました。とくに記して感謝いたします。


 30日には、パープル・ハンズのプライドウイーク参加イベントとして、「映画で楽しみ考えるセクマイの老後」を開催。当会会員でもある大塚隆史さんら制作の静止画映画「トモちゃんとマサさん」全5話の上映と、その後、製作者の大塚さん、シンジさん(脚本)とのトークを、約60名の参加者とともにお楽しみいただきました。
 
 アンケートでも、トークで映画のなかのさまざまな謎が解けたとか、高齢期を生きて行く勇気やイメージをもらったなどのお声がありました。


ブース写真
IMG_1297.jpg

Comment (-)

TRPブース ボランティアの呼びかけ

 東京レインボープライドでの、ブースの設営やチラシ配り等のお手伝いをしてくださるかたは、ふるってお声がけください。

 設営(荷物の搬入・移動から)
  28日午前10時、代々木公園渋谷門まえ横断歩道(イベント広場側)集合
  
  設営後、全体プログラムに合わせて11時から開店します。集まった人数で、やれる範囲のことを、だらだらやります(笑)。離脱自由。30分でも1時間でも、お気軽にお手伝いください。
 
  翌29日も10時集合で、できる範囲でやります。5時には撤収します。

 当日立ち寄りでもさしつかえありませんが、事前ご連絡あれば嬉しいです(info@purple-hands.net)。

 ●当日配布する新作成のチラシ(下段におなじみの緊急連絡先カードつき)
新チラシ
Comment (-)

キャラバン・トーク「樹木葬でお花見」報告

 パープル・ハンズでは今年、性的マイノリティの老後を考えるのに役立つ現場をいろいろ訪ねる「おとなの社会科見学」として、キャラバン・トークというシリーズを計画しています。
 当会は葬祭大手「メモリアルアートの大野屋」さんと相談業務での提携をしていますが、同社は奥多摩にある霊園で桜の木を植えた樹木葬も運営しており、いちど見学に行ってみたいと思っていました。ちょうど桜の時期でもあり、第1回として遠足をかね、「樹木葬でお花見」を計画しました。
 なんと20名以上の申し込みがあり、当日は21名が参加しました。70代と80代のゲイカップルがひときわ輝いていました。奥多摩駅までは各自で集合し、無料送迎バスで山上の霊園へ(10分)。お目当ての樹木葬「家族永代供養さくら」は、通常の家族で利用するのはもちろん、同性カップルでも、また友人同士でもOKであり、隣地にはペットと一緒に埋葬できるタイプもあります。また、永代供養というとおり、後継者がいなくても霊園で毎年、供養が続けられ、子どものいない人でお墓を希望する人には向いていると思いました。
 担当者の説明もわかりやすく、本社から事前の連絡も行き届いて、なんの不愉快もなくお話をうかがえました。
 参観後、休憩所で持参のお弁当を食べ、一言ずつ自己紹介や感想を回しあって解散しました。そのまま帰京する人(電車中のおしゃべりが楽しかったそう)、奥多摩駅かいわいの観光に出かけた人(立ち寄り温泉や酒蔵あり)など、あまりお金をかけない小旅行を楽しみ、友だちの輪を広げる機会となったようです。
 あとで「これまで墓などどうでもよいと思ってきたが、あのような形もあるのだということを実際に拝見し、少しマジメに考えてみようかと思った」というメールもありました。現在、公営・私営でいろいろなタイプや値段のお墓が登場しています。昨今流行りの散骨もよし、残る人のため手を合わせる場所を用意しておくもよし。魂の帰り場所はどうするか? いろんなことを考える機会となりました。
 今後も、春の恒例行事にしようと思っています。

 ●写真は「永代供養さくら」前で
さくら葬修正済

Comment (-)

TRP(東京レインボープライド)のご案内

 今年のプライドは、例年通り代々木公園を会場に、4月28日(パレード)、29日(フェスティバル)が開催されます。また5月6日までの連休中、レインボーウイークとして、さまざまな団体がイベントを開催しています。
 パープル・ハンズの開催予定をご案内いたします。

 ●ブース
 4月28、29日は、当会も代々木公園会場でブースを出展しています。活動紹介を展示したり、かんたんな生活相談に応じたり、パンフレット等の配布も行ないます。当会のみならず、沼津に拠点をおくNPO「メリメロ」さんや、沖縄・宜野湾のLGBTカフェ「空飛ぶ船」さんの展示や資料設置もあります。
 プライドにお出かけのさいは、当ブースにもどうぞお立ち寄りください(休憩所としてぜひご利用ください)。
 東京レインボープライド公式ウェブ
 
 ●イベント
 恒例の年間活動報告とあわせ、特別イベントを開催します。
 今年は、制作集団「DOG(Dangerous Old Gays)」による静止画映画『トモちゃんとマサさん』(2019)全5話の一挙上映、そして出演・制作のみなさんとのトークをお送りします。
 DOGは2003年に、50代のゲイが主人公の芝居を観てみたいと、大塚隆史さん(美術家、タックスノットマスター)と青山吉良さん(俳優)が立ち上げたプロジェクト。演劇『違う太鼓』を制作・上演しました。
 本作はその登場人物「トモ」と「マサ」の15年後(70歳と68歳)の日常を描きます。性的マイノリティの老後を考える当会にも、先行世代から、さまざま刺激に富んだメッセージを送ってくださるでしょう。
 作品はYouTubeで見られるとはいえ、なかなかまとめてみる時間がとれなかったかたも、この機会に大画面で一気にお楽しみください。

 予告編① 予告編②
   
 と き:2019年4月30日(休日)
   午後1時開場、1時15分開始(活動報告等)、1時30分開映(約100分) 
   休憩後、3時半ごろよりトーク 4時半終了
 ところ:なかのZERO 視聴覚ホール(本館地下2階、JR中野駅歩5分)
 おかね:1,000円(会員証提示で500円)
 予約不要

 *当日入会(賛助年会費3,000円)で、会員料金が適用になります。
 *諸事情で支払いが困難なかたは、個別に事務局(info@purple-hands.ent)あてご相談ください(秘密厳守)。免除を検討します。
  
Comment (-)

第1回キャラバントーク「お花見で樹木葬見学」(4/13)

 2019年度の活動の一つとして、「おとなの社会科見学」的に、老後を考えるうえで役立つ場所へ出かけるシリーズ「キャラバントーク」を実施します。
 その第1回は、「樹木葬」の見学です。

 霊園に家ごとの墓石を建てる「家墓(いえはか/かぼ)」の時代は終わり、家族形態の変化によりさまざまなお墓スタイルも登場しています。性的マイノリティは後継者がいない、婚姻がなく「家」を形成する機会もないなどで、お墓が買えない/入れないと言われてきましたが、いまはまったくそんなことはなく、さまざまなスタイルの永眠スタイルが選択できます。
 今回は、そんなニュースタイルのお墓の一つ「樹木葬」を見学します。

 当会は葬祭大手の「メモリアルアートの大野屋」さんと、相談事業で提携をしています(ウェブサイト右列中段をご覧ください)。
  
 大野屋さんでは奥多摩の自社霊園に桜の木を植えた樹木葬「さくら葬」を設置し、購入した1区画にはどなたとでも(同性パートナー、友人同士なども当然可能)納骨することができます。別エリアのさくら葬には、ペットの遺灰も一緒に埋葬できます。

 今回、奥多摩への遠足をかねて、奥多摩霊園「さくら葬」を見学にいきます。花はすでに散っているかもしれませんが、よろしければぜひご参加ください。
 *参加人数把握のため、info@purple-hands.net に「奥多摩参加希望」とご返信ください。


 4月13日(土曜) 12時までに、JR奥多摩駅集合
  参考:(事務局長は下記電車の先頭車両に、中野から乗ります)
  新宿10時11分発 中央線青梅特快、11時15分青梅駅発 11時52分奥多摩駅着
  12時発の霊園送迎バスに乗車(約10分) 
  霊園見学後、1時ごろより園内休憩所で昼食・歓談
  2時ごろ様子をみて退園

  *昼食、飲み物等はご持参ください(駅前に店もあるようですが、購入時間がありません)
  *退園後、希望者で奥多摩駅かいわいの観光もいいかもしれません
  (旅程未定。酒蔵「澤乃井」見学、日帰り入浴施設「もえぎの湯」等あり)


 年間通して、老人ホーム、寺院(納骨施設あり)、高齢者クリニックなど、いろいろ「おとなの社会科見学」を計画しています。どうぞお楽しみに!

Comment (-)