FC2ブログ

オンラインで老後講座を再開! 全国からご視聴ください

 コロナでリアル開催が難しくなった「セクマイ×老後 あんしん講座」を、6月から毎月オンラインで開催することにしました。セクマイ版のライフプランに必要な知識が、無料でオンラインで学べます。人として避けて通れない「老・病・死」の場面に起こりがちなことと備え方の基礎を、月がわりでご紹介。ぜひ、ご受講ください。
 一人暮らしでも、同性ふたり暮らしでも、お役に立つ内容を目指しています。
 各回およそ1時間の講座です。中締め後、30分程度、希望者は残って質問や自由歓談いたします(途中退室可)。アーカイブは残しません。

 *一般財団法人ゆうちょ財団「金融相談活動等助成」事業


 第1回 老後はコワイ?
 お金と老後の住まい、「これならできる」のススメ
 6月11日(金)午後8時

 第2回 入院はコワイ?
 シングルでも、同性二人でも、病院や認知症時にどうする?
 7月2日(金)午後8時

 第3回 死ぬのはコワイ?
 遺言や相続、お墓に片付け、いつかかならず来る日のために
 8月6日(金)午後8時


 ・ZOOMをダウンロードください(無料版でかまいません)。前日にアドレスやpdf資料をお送りします。
 ・お申し込みいただくと、ご受講希望日にかかわらず、1シーズン毎回のアドレス案内が届きますが、ご受講できるものをお聞きください。また、期間の途中からの申し込みも歓迎します。
 ・第2シーズン(9.10.11月)は第1土曜日午後第3シーズン(12.1.2月)は第1水曜の夜を予定しています。いずれも第1シーズンと同内容です。


 お申し込みは「everevo」のサイトから(恐縮ながら登録をお願いします)
 
セミナーポスター-0517のコピー

スポンサーサイト



Comment (-)

6月の「集い」「研究会」の場のご案内

 仲間が集いつづける場の継続を趣旨に、リモートで開催します。お申し込みはいずれもinfo@purple-hands.netへ。リモート開催はzoomをダウンロードください(無料版でかまいません。ホストは事務局が行います)。


 ●カフェ「猫の話をしませんか」
 猫を飼っている人、飼っていた人、飼いたい人、話を聞きたい人……猫を切り口にしてお話するオンラインカフェです。画面にどうぞ猫ちゃんも見せてください。(申し込みは「猫カフェ希望」と明記)
 6月23日(水曜)午後8時から9時半ごろ 

 ●パープル・カフェ
 セクマイの老後をキーワードにする気楽なお茶会。はじめましてのかたから常連のかたまで、どうぞいろいろな話を持ち寄って、お茶のひとときを楽しみましょう。(申し込みは「パープル・カフェ」と明記)
 6月27日(日曜)午後2時から3時半ごろ 

 ●高齢性的マイノリティの生活課題に関する研究会(シニア研)
 介護・福祉・医療や法務・葬送など、高齢期にかかわる専門家のネットワークづくりと知見・経験の共有をはかっています。該当の専門家のかたはぜひ、エントリーください。毎月第4金曜夜。

 6月25日(金曜)午後7時から8時半
 テーマ:親族なき単身高齢者の支援を考えるーー身内の成年後見の経験から(仮)
 話題提供:Kさん(行政書士)


 今月は緊急事態継続中のため、「おとな食堂」と「はりきゅう・からだの教室」はお休みします。
Comment (-)

ネットで当会の活動報告をぜひご覧ください!

 レインボーウイーク中に開催できなかった(ウイークにエントリーするのも忘れてた!)、当会の活動報告を、このたびYouTubeに3本、アップしました。見よう見まねで収録(紙の雑音などもあり)、編集ソフトでへたなアフレコ・BGM、素人くささだけが「とりえ」(?)ですが、性的マイノリティのシニア期を考える話題を、ご視聴いただければ幸いです。

 【パープル・ハンズの談話室①】
 シニア世代 性的マイノリティの暮らしを拓く 2021年度の活動へ
 当会は2月末で前年度を終了し、3月から第9期の活動に入りました。性的マイノリティの高齢期の課題や当会が目指すこと、今年の活動についてご紹介します。(約20分)
 

 【パープル・ハンズの談話室②】
 パープル・ハンズをより良くするためのアンケート2020集計報告
 昨年の秋に行ったアンケートの246回答の傾向、そして寄せられたさまざまな老後に関するリアルな声をご紹介します。(約40分)
 

 【パープル・ハンズの談話室③】
 東アジアonlineシンポジウム「高齢レズビアンの生活と介護」報告
 今年3月、台湾から呼びかけられたシンポジウムに参加したときの報告です。シニア世代の日本の性的マイノリティ女性たちの暮 らしとリアルについて語り合いました。(約40分)
 

 いずれもコメントはオフになっていますが、ご感想など事務局までお寄せくだされば光栄です。
「もっと見る」の欄に、関連リンクなどもいろいろ書いてございますので、ぜひご覧ください。
 また、ツイッターその他、SNSでご吹聴(拡散)いただけますと幸いです。

Comment (-)

5月の「集い」の場のご案内

 仲間が集いつづける場の継続を趣旨に、リモート併用で開催します。お申し込みはいずれもinfo@purple-hands.netへ。リモート開催はzoomをダウンロードください(無料版でかまいません。ホストは事務局が行います)。「猫カフェ」「シニア研」は別記事をご覧ください。

 ●グリーフ分かち合いの会
 同性パートナーとの死別を経験されたかたの分かち合いの会です。死別経験のあるゲイがファシリテートします。小人数なのでリアルで開催します。予約不要

 5月16日(日曜)午後3時〜4時半ごろ 参加費500円


 ●おとな食堂
 一品持ち寄りで晩ご飯を食べる、飾らない夕食会。交流メインにリモート併用で開催しています。

 5月25日(火曜)午後7~8時過ぎまで
 東中野事務所(2名、スタッフ・常連含め全5名)、リモート参加(若干名)
 申し込みは、希望参加形態明記で(緊急事態の場合は中止)


 ●パープル・カフェ
 セクマイの老後をキーワードにする気楽なお茶会。はじめましてのかたから常連のかたまで、どうぞいろいろな話を持ち寄って、お茶のひとときを楽しみましょう。

 5月29日(土曜)午後2時~3時半ごろ リモート参加(10名程度)

Comment (-)

シニア研 5月例会案内

 当会では高齢期にかかわる「専門家」(介護、医療、福祉、法律・後見、金融、葬祭、行政など)によるネットワークづくりと知見の蓄積・共有を目的に、毎月第4金曜の夜、ズームを利用して「シニア研」を開催しています。

【第7回研究会】 
 日 時:5月28日(金)19:00~20:30 
 題 目:性的マイノリティの介護職として「マイノリティの利用者」と出会って考えてきたこと
 話し手:Mさん(介護福祉士、社会福祉士)

 専門職のかたの、ネットワークへのご参加を歓迎します。ご参加の要領はこちらをご参照ください。
 
Comment (-)

【報告】猫のはなしをするオンラインカフェ開催

 「猫の話をしませんか」という呼びかけに、11人のかたと数匹の猫が集まり、zoomの画面を通して猫にまつわる話をしました。 参考ツイッター
 
 自己紹介を愛猫と一緒にするのは、オンラインだからこそのことかもしれません。また東京近郊のかただけではなく、関西からご参加してくださったかたもおられ、これもオンラインのメリットだと思いました。
 また、参加者には猫を飼っているかただけではなく、猫が好きで猫カフェによく行くというかたや、仕事の訪問先にいる高齢猫さんと上手に付き合いたいというかた、動物好きだけど、家で飼えないので飼い主さんとその猫さんの顔を見て幸せな気持ちになりたいというかたもいました。
 トークは、自分と猫の関わりやなぜこの猫カフェにご参加くださったのかをお聞きした後で、自分が病気になった時に猫をどうするのか、猫の看取りなど避けては通れないことから、猫と一緒に暮らして良かったことや猫の爪切り問題、内田百閒(作家)の『ノラや』の話まで、多岐に渡りました。参加者のみなさんの猫に対する想いや愛情の深さを感じる、あっという間の1時間半でした。
 次回も開催予定です。猫に興味があるからちょっとのぞいてみようかな、という方も大歓迎です。
 猫の話をしましょう。ゆるやかにつながっていけたらと思っています。(たけし:当会理事)

 次回の開催
 5月22日(土曜) 午後8時から(1時間半程度)
 希望者はメールで「猫カフェ希望」と書いてお申し込みください


Comment (-)

4月の「集い」の場のご案内

 仲間が集いつづける場の継続を趣旨に、リモート併用で開催します。お申し込みはいずれもinfo@purple-hands.netへ。リモート開催はzoomをダウンロードください(無料版でかまいません。ホストは事務局が行います)。


 ●おとな食堂
 一品持ち寄りで晩ご飯を食べる、飾らない夕食会です。

 4月13日(火曜)午後7~8時過ぎまで
 東中野事務所(2名、スタッフ・常連含め全5名)、リモート参加(若干名)
 申し込みは、希望参加形態明記で


 ●パープル・カフェ
 セクマイの老後をキーワードにする気楽なお茶会。はじめましてのかたから常連のかたまで、どうぞいろいろな話を持ち寄って、お茶のひとときを楽しみましょう。

 4月25日(日曜)午後2時~3時半ごろ リモート参加(10名程度)
 zoom参加がむずかしいかたは、事務所参加を受け付けますのでご相談ください。


 ●はりきゅう・からだの教室
 賛助会員で新米鍼灸師の水野さん担当の「はりきゅう・からだの教室」、好評継続中です。はりきゅうで漢方にいう「気・血・水」の循環をよくして、調和ある健康づくりをしましょう。

 4月24日(土) 2時、3時15分、4時30分(各回約1時間、先着順)
 パープル・ハンズ事務所(東中野駅西口1分、エレベータのないビルの4階です)
 お名前(ニックネーム可)と希望時間(先着順)明記で
 施術料:千円(材料費等)、マスク着用
Comment (-)

猫のはなしをしませんか?(新設)

 ペットも家族の一員といいます。ある調査によると、シニア世代では72%がペットと暮らしているとか(*)。パープルハンズの集いでお会いするかたからは、猫が好き、猫と暮らしているという声をよく聞きます。セクマイと猫とは相性が合うのかもしれません。

 でも、猫と暮らすためには、いろいろなハードルがありますね。食事のこと、病気のこと、看取りのことなどなど。その大変さは、セクマイにとっても、そうではないひとにとっても変わらないでしょう。ただ、たとえばペットシッターさんにお願いするときなど、セクマイにはもうひとつのハードルがあるようにも思います。

 猫との暮らしのあれこれについて情報交換しながら、ゆるやかにつながることはできないだろうか。そう考えたパープルの有志が、オンラインの集いを企画しました。猫と暮らしているかた、これから猫との暮らしを考えているかた、猫と暮らした日々が忘れられないかた。よろしければ、ズームでお話しませんか。うちの子自慢、いま困っていることなど、テーマは猫のことなら何でもけっこうです。集いが定例化できるといいなあと考えています。

 そして、遠い遠いはるかな目標は、セクマイと猫がいっしょに暮らすコミュニティー空間を作ること。まだまだ夢物語ですが、今回の集いがそのための最初の一歩になればうれしいです。

 *セクシャリティー不問。猫以外のペットと暮らしている方も、興味があればどうぞご参加ください。
 *「人とどうぶつが上手に共生するにはどうすればよいか」100人無差別アンケートより(2015年に川崎市で実施)

 4月28日午後8時から1時間程度 若干名
 お申し込み者に当日のzoomアドレスをお送りします。
 info@purple-hands.net へ、「猫カフェ希望」と書いてメールください。


Comment (-)

新年度(第9期)は、こんな感じでがんばります!

 昨年度の第8期は、2020年春以来のコロナ禍により、活動の休止・縮小を余儀なくされた1年でした。
 しかし、NPO向け支援講座などを受講し、1)規模を縮小して実施する、2)オンラインで開催する、3)新事業を開発する、の3つの道があるとも聞きました。これにならい、昨年12月にTOKYO AIDS WEEKSに参加して当会の基幹活動である「老後ライフプラン講座」をオンラインで実施してみたところ、全国から受講があり(北は札幌、西は長崎、南は沖縄)、リアル開催にない広がりを実感できました。パープル・カフェは人数を縮小して実施し、飲食を伴う「おとな食堂」は事務所の人数を限定し、オンライン併用で開催してみました(いずれも緊急事態中は休止)。
 そして3)の新事業というわけではないですが、昨秋にネットアンケートを実施し、当会へ関心を寄せてくださるかたの属性や悩み事項、当会への要望などを知りました。コミュニティ内に、暮らしや老後のテーマで中高年にフォーカスした活動が少ないこともあり、熱いご期待を数多くいただいています。
 また、おなじく秋より、当会のシンクタンク的機能を充実させるために「高齢性的マイノリティの生活課題に関する研究会(シニア研)」をオンラインで立ち上げ、専門家によるネットワークと知見の蓄積のために月例会をはじめました。
 
 コロナ禍状況はまだまだかんたんには解決しません。この状況がまだしばらく続くことを前提として、先日の理事会で、第9期をつぎのように歩んでいくことを話し合いました。

【学びの活動】
 1)会場形式だった老後ライフプラン講座を、オンラインで毎月開催する(3回完結を3サイクル。6月より開始)
 2)キャラバントークを定員制で実施(参観先として、介護ステーション、後見法人団体、団地見守り活動、寺院・合祀墓、遺品整理業者などを検討中)。参加できない人のために、訪問記をブログ等で発信。
 3)パープル夜間大学……昨年延期した講座を4月よりオンラインで実施
 4)対面無料ライフプランニング相談を継続(希望者にはオンラインでも対応)
  *1、2、4には、本年度も一般財団法人ゆうちょ財団さまの助成をいただきました。
 
【集いの活動】
 1)パープル・カフェ……月末の土日いずれかにオンライン開催(事務所参加も配慮)
 2)おとな食堂……第2火曜夜に事務所とオンライン併用で開催
 3)グリーフわかちあいの会……奇数月第3日曜午後に事務所で開催(性質上、少人数開催なのでリアル継続)
 4)猫の話をしませんか(新設)……オンラインの「猫カフェ」、月一でトライアル開催

【調査・発信等の活動】
 1)シニア研の継続開催……参加者募集中。関連する専門家のご参加を歓迎します。
 2)パープルモニター(新設)……アンケートに連絡先を書いてくださったかたを軸に、ヒアリングやアンケートなどでお声を聞かせていただくかたを委嘱。
 3)小冊子シリーズの完成……既刊の「お金」「終活」につづき「同性パートナーシップ保障」を作成する。その他、緊急連絡先カードの重刷など、印刷物の作成をする。
 4)パープルチャンネル(新設)……ユーチューブアカウントを開設し、オンラインでイベント開催やアーカイブを行う。
 5)行政、高齢福祉関係期間、企業等へのDM……認知の向上と、講演・受託業務等への発展を期待


 こうした活動を本格スタートするに先立ち、5月のレインボーウイーク中に「パープル三夜」として、上記新年度の活動のご紹介、昨秋のアンケート報告、そして先ごろ参加した東アジアのシニアレズビアンに関するシンポジウム報告を、各1時間程度、3夜連続でオンライン配信する予定です。詳細は後日のメルマガ等告知をお待ちください。

 会計状況については、第8期末で78名のかたが賛助会員になってくださり、毎年継続してくださるかたが多く、会費に添えてご寄付をくださるかたも少なくありません。ほかに緊急連絡先をお引き受けする特別会員が2名、いらっしゃいます。また、昨年度も葬祭大手「メモリアルアートの大野屋」さまからご寄付をいただきました。
 昨年度は会費やご寄付以外に収入がない一方、プロジェクターやオンライン用マイク、zoom有料版、新規小冊子のデザイン料・印刷費など、相応の支出がありました。今期は幸い自主事業である夜間大学のお申し込みが好調で、財源確保にもおおいに役立っています。
 みなさまからも賛助会員(年間3000円)のお申し出をご検討いただければ、まことに幸甚に存じます。年間報告書や新規発行の冊子類をお送りしています。

 今年度も、パープル・ハンズの活動にご注目、お力添えたまわりますよう、お願い申し上げます。


Comment (-)

オンライン国際シンポジウムのお知らせ(視聴歓迎)

17日夜10時、東アジアのシニア期の性的マイノリティ女性に関する
国際シンポジウムがオンラインで開催
当会からも報告をいたします (ご視聴歓迎)



3月8日に国際女性デーが祝われるこの時期、第65回国連女性の地位委員会(CSW)パラレルイベントが多数、オンラインで一斉開催されています。

台湾最大のLGBT支援団体「台湾同志ホットライン協会」では、このたび高齢レズビアンの聞き書き集を刊行したことを記念して、「Senior lesbian’s life and caregiving」(高齢レズビアンの暮らしと介護)というシンポジウムを企画し、当会へもパネラーの招請状が届きました。

英語ということもあり、事務局は男ばかりでもあり、尻込みしていましたが、当会の協力メンバーである、英語の堪能な「makiko matsumoto」さんと「kayin fong」さんの、(ミドルエイジの!)女性カップルに参加していただくことになり、とかくアジアのネットワークから取り残されがちな日本としても、女性の連帯を示すことができそうです。
kayinさんは香港系カナダ人で、makikoさんとの日本でのパートナーシップも長く、日本人・外国人の同性パートナーシップの困難も身をもって経験され、日本の性的マイノリティ女性(カップル)の現状を東アジアの姉妹たちに伝えるのに適任の一組でしょう。

今回は、まずは東アジアの、シニア期の性的マイノリティ女性のネットワークづくりの第一歩として、やってみましょう、という段階ですが、今後の広がりに期待がもてるイベントです。

オンラインでの開催ですので、どなたでもご視聴いただけますので(使用言語は英語なのですが)、ご関心のあるかたは、ご覧ください。


最初に登録が必要です。下記は他団体のページから借用しましたが、登録はすべて共通ですので、こちらをご参考にご登録ください。(ドネーションは任意です。)


(参考:このように、他団体でもイベントをエントリーしています。)


登録後、以下の要綱でご視聴ください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

===============

第65回国連女性の地位委員会(CSW)パラレルイベント

テーマ
「Senior lesbian’s life and caregiving」
(高齢レズビアンの暮らしと介護)

日時:2021年3月17日(水)22:00~23:30(日本時間)
開催方法:Zoom
参加費:無料
使用言語:英語
主催:台湾同志ホットライン協会

イベントのサイト:こちら


===============


当日は、日本、台湾、香港から報告があります。

日本からは、当会の紹介、日本での性的マイノリティ女性のシニア期の現状や課題についてのかんたんな報告につづき、2019年にALSと診断され、現在介助を受けながら自宅で自立生活を続けているレズビアンでパフォーマンスアーティストのイトーターリさんの日常を紹介する動画、そしてお二人の状況もまじえて同性パートナーシップに関する報告(ちょうど札幌での同性婚訴訟の判決日でもあります)。

3地域から約20分ずつの報告につづき、質疑応答を行ないます。

Comment (-)