FC2ブログ

【募集】パープル夜間大学、後期9月開講、募集開始

 コミュニティ/当事者発で、力になる学びを作り出す市民講座「パープル夜間大学」は、ひとりの講師から4回(月曜夜、隔週で)にわたり掘り下げた講義をいただき、後半は受講者ともじっくり話し合う、一回かぎりの講演会では得られない充実した学びの機会となる市民講座です。前期ではオンラインの特性を活かし、全国から、性別・セクシュアリティやさまざまな立場を超えて参加をいただき、オンラインながら活発な意見交換があり、さまざまな気づきの機会となりました。

 9月からと11月から、引き続き後期の4講座を開講します。後期講座では、日本のLGBT運動が本格的に始まった90年代から活動するかたがたに、現在にまでつづくご自身の実践と問題関心を語っていただくことに加え、同性婚をはじめ運動の進展著しい台湾出身のかたにも開講いただきます。「府中裁判」「性差別」「地方/非東京圏」「台湾LGBT運動」と骨太なテーマが並び、同時代を歩んだかたが自己を振り返るにも、また若い人が先行者の活動を知るうえにも、きっと深い学びのある講座だと確信します。

 ・後期からは夜8時開講とし、働く人にもより受講しやすい時間帯としました。
 ・前期に引き続き講座の模様は録画しYouTubeで受講者限定で公開、復習や欠席時にも便利です。
 ・各回、スライドのpdfを送付しています。
 ・受講料は8000円(4回分)です。みなさまからの受講料は当会のファンドレイジングにも役立っています。

 各講座、定員15名ですので、どうぞお早いめのお申し込みをお願いいたします!

 

【9-10月A講座】
 台湾LGBT運動の現在・過去・未来
 ーーひとりのゲイの体験から

劉靈均(りゅう・れいきん 「関西同志聯盟」共同代表)
開講日:9/6 9/20 10/4 10/18 午後8時〜9時45分

2019年5月24日、台湾はアジアで初めての同性婚ができる国となった。1987年に世界一長い「戒厳令」が解除された後、わずか30年で儒教的伝統に影響された国から一躍、アジアのジェンダー平等の灯台となった。そこにはどんな経緯があったのか。また、隣国としての日本は、このような経緯からなにを学べるのか。講師自身の個人的体験も紹介しながら、受講者と一緒に考えていきたい。

詳細/申込みはこちら 


【9-10月B講座】
 性的マイノリティも地方自治の担い手に
 ーー市民が主体になるとは

小浜耕治(こはま・こうじ レインボー・アドボケイツ東北 代表)
開講日:9/13 9/27 10/11 10/25 午後8時〜9時45分

「個人的なことは政治的なこと」「私たち抜きに私たちのことを決めないで」等の言葉が示すように、マイノリティ当事者は単に支援を受ける対象ではなく、あたりまえの市民として主体的に社会変革を進める主体だと言えます。小浜自身が、90年代からの市民活動やNPO支援の現場で感じたことをお話しし、自分が住む街を誰もが暮らしやすい場所にできるかを、受講者の皆さんと共に考えられる機会となればと思います。

 詳細/申込みはこちら 


【11-12月A講座】
 いま、〈レズビアン〉を語る
 ーー性差別と異性愛主義の交差点から

堀江有里(ほりえ・ゆり 信仰とセクシュアリティを考えるキリスト者の会 ECQA 代表)
開講日:11/1 11/15 11/29 12/13 午後8時〜9時45分

1990年代に「レズビアン」という名づけを葛藤のなかで引き受けはじめてから四半世紀が経過しました。いったい、「レズビアン」とは何を指すのか、運動でも研究でも、いまだ議論はつづいています。「同性愛者」であると同時に「女」であること。そこに横たわっているのは社会におけるジェンダー(性差)の問題です。2015年に出版した『レズビアン・アイデンティティーズ』(洛北出版)に描いたこと、また積み残している課題について、ひとりの「レズビアン」という地点からみえる風景を、共同体や国家、文化(宗教)の切り口からご一緒に考えてみたいと思います。

 詳細/申込みはこちら 


【11-12月B講座】
(男性)同性愛者の可視化と排除
 ーー「府中青年の家訴訟」提訴30年目に考える

風間 孝(かざま・たかし 中京大学教養教育研究院教授)
開講日:11/8 11/22 12/6 12/20 午後8時〜9時45分

アカー(動くゲイとレズビアンの会)が、同性愛者団体の青年の家利用を拒絶した東京都を東京地裁に訴えてから、30年がたった。同性愛者の人権を争点にした日本初のこの訴訟は、アカーの勝訴により東京高裁で終結した(1997年)。この講座では、府中青年の家訴訟における同性愛者の可視化、すなわちカミングアウトの実践が、青年の家の利用者、東京都、ゲイ・コミュニティ、そしてマスメディア等にどのように受け取られたのか、そこにはどのような抵抗感や排除の意識が存在していたのかに焦点をあてる。そのうえで、この裁判が現在の性的マイノリティの社会運動に示唆する点はなにかを考えてみたい。

詳細/申込みはこちら 
スポンサーサイト



Comment (-)

グリーフわかちあいの会

当会では、同性パートナーや大切なかたとの死別の哀しみを抱える性的マイノリティのための集いを、隔月(奇数月)の第3日曜午後に開催しています。
直近は7月18日(日)3時からです。
こうした場を求めているかたがいましたら、予約不要です、お気持ちに任せてご参加ください。死別経験者のゲイがファシリテータします。
会場は、当会事務所(東中野駅西口徒歩1分、03-6279-3094)です。

Comment (-)

7月の「集い」「研究会」の場のご案内

 仲間が集いつづける場の継続を趣旨に、リモートで開催します。お申し込みはいずれもinfo@purple-hands.netへ。リモート開催はzoomをダウンロードください(無料版でかまいません。ホストは事務局が行います)。


 ●カフェ「猫の話をしませんか」
 猫を飼っている人、飼っていた人、飼いたい人、話を聞きたい人……猫を切り口にしてお話するオンラインカフェです。画面にどうぞ猫ちゃんも見せてください。(申し込みは「猫カフェ希望」と明記)

 7月17日(土曜)午後8時から9時半ごろ 

 ●パープル・カフェ
 セクマイの老後をキーワードにする気楽なお茶会。はじめましてのかたから常連のかたまで、どうぞいろいろな話を持ち寄って、お茶のひとときを楽しみましょう。(申し込みは「パープル・カフェ」と明記)

 7月24日(土曜)午後2時から3時半ごろ 


 ●高齢性的マイノリティの生活課題に関する研究会(シニア研)
 介護・福祉・医療や法務・葬送など、高齢期にかかわる専門家のネットワークづくりと知見・経験の共有をはかっています。該当の専門家のかたはぜひ、エントリーください。毎月第4金曜夜。

 7月23日(金曜)午後7時から8時半
 テーマ:地域でオープンにしているケアマネ事務所としての私の体験(仮)
 話題提供:Uさん(ケアマネジャー)


 ●おとな食堂
 一品持ち寄りで晩ご飯を食べる、飾らない夕食会。交流メインにリモート併用で開催します。

 7月21日(水曜)午後7~8時過ぎまで
 東中野事務所(2名、スタッフ・常連含め全5名)、リモート参加(若干名)
 申し込みは、希望参加形態明記で(緊急事態になった場合は中止)
Comment (-)

【募集】事務局長が、G-FRONT関西さんで講演します

 性的マイノリティのマネー&ライフプラン講演会(全2回)
 第2回 性的マイノリティのライフプラン

 と き:8月7日(土) 
 時 間:15時開場、15時半開始 入場無料
 会 場:兵庫県民会館(市営地下鉄「県庁前」すぐ)
 申込み:8月6日(金)までに、G-FRONT関西のアドレス gfront@muh.biglobe.ne.jp へ、氏名、電話番号を記入の上、事前予約をお願いします。受付確認メールの発行をもって受付となります(注意事項、要閲覧)。
 
 結婚制度のない同性カップルや、子なしで老後を迎える「おひとりさま」(同性カップルも死別すればおひとりさま)が、人生の老・病・死の場面で知り、備えておきたいことをご紹介するとともに、セクシュアリティにかかわらず単身高齢社会にある日本で生きるために、さまざまな動きや変化にアンテナを立てるヒントをご一緒に考えましょう。

 関西のかた、神戸でお目にかかりましょう!


 参考 チラシ表  チラシ裏
 
 
Comment (-)

オンラインで老後講座を再開! 全国からご視聴ください

 コロナでリアル開催が難しくなった「セクマイ×老後 あんしん講座」を、6月から毎月オンラインで開催することにしました。セクマイ版のライフプランに必要な知識が、無料でオンラインで学べます。人として避けて通れない「老・病・死」の場面に起こりがちなことと備え方の基礎を、月がわりでご紹介。ぜひ、ご受講ください。
 一人暮らしでも、同性ふたり暮らしでも、お役に立つ内容を目指しています。
 各回およそ1時間の講座です。中締め後、30分程度、希望者は残って質問や自由歓談いたします(途中退室可)。アーカイブは残しません。

 *一般財団法人ゆうちょ財団「金融相談活動等助成」事業


 第1回 老後はコワイ?
 お金と老後の住まい、「これならできる」のススメ
 6月11日(金)午後8時

 第2回 入院はコワイ?
 シングルでも、同性二人でも、病院や認知症時にどうする?
 7月2日(金)午後8時

 第3回 死ぬのはコワイ?
 遺言や相続、お墓に片付け、いつかかならず来る日のために
 8月6日(金)午後8時


 ・ZOOMをダウンロードください(無料版でかまいません)。前日にアドレスやpdf資料をお送りします。
 ・お申し込みいただくと、ご受講希望日にかかわらず、1シーズン毎回のアドレス案内が届きますが、ご受講できるものをお聞きください。また、期間の途中からの申し込みも歓迎します。
 ・第2シーズン(9.10.11月)は第1土曜日午後第3シーズン(12.1.2月)は第1水曜の夜を予定しています。いずれも第1シーズンと同内容です。


 お申し込みは「everevo」のサイトから(恐縮ながら登録をお願いします)
 
セミナーポスター-0517のコピー

Comment (-)

6月の「集い」「研究会」の場のご案内

 仲間が集いつづける場の継続を趣旨に、リモートで開催します。お申し込みはいずれもinfo@purple-hands.netへ。リモート開催はzoomをダウンロードください(無料版でかまいません。ホストは事務局が行います)。


 ●カフェ「猫の話をしませんか」
 猫を飼っている人、飼っていた人、飼いたい人、話を聞きたい人……猫を切り口にしてお話するオンラインカフェです。画面にどうぞ猫ちゃんも見せてください。(申し込みは「猫カフェ希望」と明記)
 6月23日(水曜)午後8時から9時半ごろ 

 ●パープル・カフェ
 セクマイの老後をキーワードにする気楽なお茶会。はじめましてのかたから常連のかたまで、どうぞいろいろな話を持ち寄って、お茶のひとときを楽しみましょう。(申し込みは「パープル・カフェ」と明記)
 6月27日(日曜)午後2時から3時半ごろ 

 ●高齢性的マイノリティの生活課題に関する研究会(シニア研)
 介護・福祉・医療や法務・葬送など、高齢期にかかわる専門家のネットワークづくりと知見・経験の共有をはかっています。該当の専門家のかたはぜひ、エントリーください。毎月第4金曜夜。

 6月25日(金曜)午後7時から8時半
 テーマ:親族なき単身高齢者の支援を考えるーー身内の成年後見の経験から(仮)
 話題提供:Kさん(行政書士)


 今月は緊急事態継続中のため、「おとな食堂」と「はりきゅう・からだの教室」はお休みします。
Comment (-)

ネットで当会の活動報告をぜひご覧ください!

 レインボーウイーク中に開催できなかった(ウイークにエントリーするのも忘れてた!)、当会の活動報告を、このたびYouTubeに3本、アップしました。見よう見まねで収録(紙の雑音などもあり)、編集ソフトでへたなアフレコ・BGM、素人くささだけが「とりえ」(?)ですが、性的マイノリティのシニア期を考える話題を、ご視聴いただければ幸いです。

 【パープル・ハンズの談話室①】
 シニア世代 性的マイノリティの暮らしを拓く 2021年度の活動へ
 当会は2月末で前年度を終了し、3月から第9期の活動に入りました。性的マイノリティの高齢期の課題や当会が目指すこと、今年の活動についてご紹介します。(約20分)
 

 【パープル・ハンズの談話室②】
 パープル・ハンズをより良くするためのアンケート2020集計報告
 昨年の秋に行ったアンケートの246回答の傾向、そして寄せられたさまざまな老後に関するリアルな声をご紹介します。(約40分)
 

 【パープル・ハンズの談話室③】
 東アジアonlineシンポジウム「高齢レズビアンの生活と介護」報告
 今年3月、台湾から呼びかけられたシンポジウムに参加したときの報告です。シニア世代の日本の性的マイノリティ女性たちの暮 らしとリアルについて語り合いました。(約40分)
 

 いずれもコメントはオフになっていますが、ご感想など事務局までお寄せくだされば光栄です。
「もっと見る」の欄に、関連リンクなどもいろいろ書いてございますので、ぜひご覧ください。
 また、ツイッターその他、SNSでご吹聴(拡散)いただけますと幸いです。

Comment (-)

5月の「集い」の場のご案内

 仲間が集いつづける場の継続を趣旨に、リモート併用で開催します。お申し込みはいずれもinfo@purple-hands.netへ。リモート開催はzoomをダウンロードください(無料版でかまいません。ホストは事務局が行います)。「猫カフェ」「シニア研」は別記事をご覧ください。

 ●グリーフ分かち合いの会
 同性パートナーとの死別を経験されたかたの分かち合いの会です。死別経験のあるゲイがファシリテートします。小人数なのでリアルで開催します。予約不要

 5月16日(日曜)午後3時〜4時半ごろ 参加費500円


 ●おとな食堂
 一品持ち寄りで晩ご飯を食べる、飾らない夕食会。交流メインにリモート併用で開催しています。

 5月25日(火曜)午後7~8時過ぎまで
 東中野事務所(2名、スタッフ・常連含め全5名)、リモート参加(若干名)
 申し込みは、希望参加形態明記で(緊急事態の場合は中止)


 ●パープル・カフェ
 セクマイの老後をキーワードにする気楽なお茶会。はじめましてのかたから常連のかたまで、どうぞいろいろな話を持ち寄って、お茶のひとときを楽しみましょう。

 5月29日(土曜)午後2時~3時半ごろ リモート参加(10名程度)

Comment (-)

シニア研 5月例会案内

 当会では高齢期にかかわる「専門家」(介護、医療、福祉、法律・後見、金融、葬祭、行政など)によるネットワークづくりと知見の蓄積・共有を目的に、毎月第4金曜の夜、ズームを利用して「シニア研」を開催しています。

【第7回研究会】 
 日 時:5月28日(金)19:00~20:30 
 題 目:性的マイノリティの介護職として「マイノリティの利用者」と出会って考えてきたこと
 話し手:Mさん(介護福祉士、社会福祉士)

 専門職のかたの、ネットワークへのご参加を歓迎します。ご参加の要領はこちらをご参照ください。
 
Comment (-)

【報告】猫のはなしをするオンラインカフェ開催

 「猫の話をしませんか」という呼びかけに、11人のかたと数匹の猫が集まり、zoomの画面を通して猫にまつわる話をしました。 参考ツイッター
 
 自己紹介を愛猫と一緒にするのは、オンラインだからこそのことかもしれません。また東京近郊のかただけではなく、関西からご参加してくださったかたもおられ、これもオンラインのメリットだと思いました。
 また、参加者には猫を飼っているかただけではなく、猫が好きで猫カフェによく行くというかたや、仕事の訪問先にいる高齢猫さんと上手に付き合いたいというかた、動物好きだけど、家で飼えないので飼い主さんとその猫さんの顔を見て幸せな気持ちになりたいというかたもいました。
 トークは、自分と猫の関わりやなぜこの猫カフェにご参加くださったのかをお聞きした後で、自分が病気になった時に猫をどうするのか、猫の看取りなど避けては通れないことから、猫と一緒に暮らして良かったことや猫の爪切り問題、内田百閒(作家)の『ノラや』の話まで、多岐に渡りました。参加者のみなさんの猫に対する想いや愛情の深さを感じる、あっという間の1時間半でした。
 次回も開催予定です。猫に興味があるからちょっとのぞいてみようかな、という方も大歓迎です。
 猫の話をしましょう。ゆるやかにつながっていけたらと思っています。(たけし:当会理事)

 次回の開催
 5月22日(土曜) 午後8時から(1時間半程度)
 希望者はメールで「猫カフェ希望」と書いてお申し込みください


Comment (-)