fc2ブログ

セクマイ ケアラーズカフェ

 親やパートナーなど、大切な人の介護をする人の会です。親の介護にかかりっきりでたまった愚痴を言いたい人、きょうだいやパートナーの介護をしている人、「この先なんとなく不安…」という人など、それぞれのスタンスで気軽に参加してください。時間が限られているため個々の悩みに答えを出すことはできないかもしれませんが、ゆる~くつぶやき合って、お互いに小さな気づきが得られればと思います。

 世話人には、医療・福祉・法律の専門職、現役で親の介護をしていたり、介護経験のあるメンバーもいます。まったりおしゃべりしながら、必要に応じて専門的な情報も提供できます。
 セクシュアリティや年代は不問。開始時間に間に合わなさそうな人は、途中参加(途中退出)もOKです。
 お申し込みは、info@purple-hands.net へ。ご状況なども書き添えていただけると進行の参考になります。また、「こんなテーマで語り合いたい」「こんな情報がほしい」という方は、その旨メールにお書きください。

 日時:2024年4月17日(水)午後8時〜9時半ごろ オンライン


 前回の報告・感想

スポンサーサイト



Comment (-)

【募集】4月からオンライン中国語講座開講

 当会のファンドレイジングも兼ねて、オンライン中国語講座を開講します。
 NHKラジオ「まいにち中国語」は、半年間で基礎文法を習得するのにたいへんすぐれた講座です。このラジオ講座をベースに、ピンインが読めるようになることと、発音練習に重点をおいてトレーニングします。作文練習でも、「彼氏が」「彼女と」とこだわりなく言えますよ。
 途中で挫折しがちなラジオ講座ですが、あなたも春から半年間、がんばってみませんか!

 *ラジオ「まいにち中国語」は4月1日放送開始。放送後もNHK「聴き逃し」で聞けるほか、翌週にストリーミングも聴けます。パープルの講座ではさらにその翌週の月曜日に、1週間分の復習と定着をします(第1回は4月15日)。ラジオ講座を(本放送であれストリーミングであれ)受講していることが前提です。4月号テキストは書店発売中。各自ご用意ください。

 日時:毎週月曜日 午後8時から9時半ごろ オンライン 
 月謝:6000円(4回分)
 定員:3名以上5名まで
 講師:永易至文(当会事務局長、中国文学科卒業)


 お申込み/問い合わせは、info@purple-hands.netへ、中国語と明記
 途中退会や、定員に空きがある場合の途中参加も可能です。月謝は月単位で振込です。

 過去受講生の感想  
 
 
 *先月、同時間帯に開催予告したライフプラン講座については、開催スタイルを変更します。あらためてのご案内をお待ちください。
Comment (-)

【ご案内】墨田区でのカフェと映画「94歳のゲイ」ご紹介

 会員のかたが運営する墨田区のNPO法人カラフル・コネクターズ(就労継続支援B型)さんで、休業日のNPO事務所を活用して、中高年の性的マイノリティのおしゃべり会を開催します。当会の「パープル・カフェ」とも連携し、参加者を分散して少人数での充実した話し合いを可能にしたり、東京東部/東京以東のかたもより参加しやすくなればと思っています。
 方式は、パープル・カフェと同様、中高年の性的マイノリティの日常をテーマとした自由なおしゃべり会です。性別・セクシュアリティにかかわらず、どなたでも参加できます(ノンケのかたを含めて)。年齢制限もありませんので、比較的若めのかたで、先輩たちの話を聞いてみることもできるでしょう。開催を重ねるうちに、このおしゃべり会なりの味や特長が育っていくといいですね。

 1回目の事務局を当会で担当しますので、お申し込みは当会へお願いします。
 性的マイノリティが安心して交流できる場を、増やしていきましょう。

 と き:4月28日(日)14時から16時
 ところ:NPO法人カラフル・コネクターズ(墨田区の銭湯「御谷湯」の2階。錦糸町駅からバス利用、または徒歩15分)
 参加費:300円


 *閉会後、銭湯に入っていくこともできます。希望者は入浴具のご用意を(笑 東京都銭湯料金520円)。
  御谷湯


 ●映画「94歳のゲイ」公開のご案内
 1929年生まれのゲイ、長谷忠さんを追ったドキュメンタリー映画「94歳のゲイ」が、4月20日から一般公開されます。先輩たちの人生を追った映像記録を、ぜひ多くの人にご覧いただきたいと思います。この映画には、上記「カラフル・コネクターズ」代表のボーン クロイド リロイさんも後半の重要人物として登場しています。
 公開館は東中野のポレポレ東中野です。レインボープライドとも重なりますので、遠方のかたも上京のおついでにぜひご観覧ください。弊会でも観覧会やその後の交流会などしたいと考えていますので、詳細は当会Xなどをご注目ください。
 映画公式サイト

 ちなみにこちらの映画もおすすめです(公開中)
 
Comment (-)

【募集】TRPブーススタッフ、事務所発送ボランティ

 4月19日(金)から21日(日)は、代々木公園で東京レインボープライド https://tokyorainbowpride.comが開催されます。弊会でも、20、21日にブースを出展し、各種パンフレットや緊急連絡先カードなどの配布、書籍の販売などを行います。また、同性パートナーシップ保障やおひとりさまの老後など、各種の相談にもお答えいたします。休憩所としても開放しています。みなさま、ぜひお出かけください。


 ●ブースでの配布ボランティア
 当日、ブース設営や配布にご協力くださるかた、ぜひお願いいたします。参加できる日と、おおまかに午前/午後などお知らせください(きっちりしたシフト制というわけではないので、合間に会場を観覧したり、パレードにも参加ください)。
 と き:4月20,21日 午前は10時集合
 場 所:代々木公園イベント広場

 
 ●報告書等の発送ボランティア
 弊会は2月で11期を終了し、現在、第12期へ入りました。作成したNPO報告書やご挨拶状、パンフレット類を、会員さま/元会員さま、各種コミュニティ団体、行政諸機関等、例年約700通近くを発送します。その作業ボランティアを募集いたします。ぜひご協力ください。
 と き:4月27日土曜 午後1時開始(約4時間程度)
 場 所:弊会事務所(東中野)
 おやつ・飲み物、薄謝進呈

 お申込み:info@purple-hands.net へ、ブースボラまたは発送ボラと明記のうえ

Comment (-)

【募集】奥多摩の樹木葬霊園への遠足ヘぜひご参加を!

 パープル・ハンズでは、葬祭事業の総合企業「メモリアルアートの大野屋」さんと提携しており、毎年、奥多摩にある樹木葬霊園 を見学させていただいています。
 4月はパープル・カフェやちゃぶ台の会など、通常の集いイベントもお休みしますので、ぜひ遠足をかねて、こちらで春のひとときをお過ごしいただければと思います。
 当日は同性カップルやおひとりさまでも問題なく埋葬できる樹木葬霊園の見学のほか、大野屋さんから最近の葬祭事情(現代的な骨壷やペンダント、モダン仏壇ほか)のご紹介もあります。その後は霊園休憩所でお弁当を広げつつ交流の機会となります。
 山上はちょうど花の盛り、終活の学びと友だちづくりを兼ねて、春の奥多摩をお楽しみください。前回ご参加のかたも、またぜひどうぞ!(弊会への営業委託ではありませんので、終活を考える参考と知り合いづくりの場として、ご参加ください。)

 4月7日(日曜) 10時半までに、JR奥多摩駅集合
  参考:事務局長は「新宿8時37分発 ホリデー快速おくたま5号」の先頭車両に乗車します
  (8:42中野、8:52三鷹、9:00国分寺。9:38青梅駅乗り換え発 10:19奥多摩駅着)
  霊園送迎バスに乗車(無料、約10分) 
  霊園見学後、12時ごろより園内休憩所で昼食・歓談
  1時すぎ現地解散 参加費無料


  *昼食、飲み物(適宜な飲酒可)等はご持参ください(駅前に店もあるようですが、購入時間がありません)
  *解散後は、奥多摩駅かいわいの観光をご自由にお楽しみください(酒蔵「澤乃井」、日帰り入浴施設「もえぎの湯」等あり)
  *昨年の様子(当会Xより)

 お申込み:info@purple-hands.net へ、奥多摩希望と明記(人数と)
Comment (-)

3月の集いのご案内

 当会では、性的マイノリティ当事者が、中高年からも安心して集える場の開催に努めています。
 すべての申込み・問合せはイベント・日時を明記で、info@purple-hands.net へ


 ●中高年のセクシュアルマイノリティ女性のためのお茶会「エム茶」

 女性どうしでいろいろ語り合ったり、情報交換したり、のんびりひとときを楽しんでいます。

 日 時:3月10日(日)、午後2時〜3時半ごろ
 場 所:東中野事務所
 参加費:500円(お茶代) 

 *ご参加は、レズビアン、トランスジェンダーなどさまざまなセクシュアリティ/性自認のかたで、中高年からの生き方や暮らしの課題に関心のある、日常生活を女性として送っていらっしゃるかた。
 *当日は、はじめに事務局長(ゲイ男性)が同席してアイスブレイキング後退席し、司会と参加者のみの進行とします。


 ●ちゃぶ台の会

 一品持ち寄りの、気の置けない食事会です。スーパーのおかずで大丈夫。夕食のお膳を囲みながら、いろいろお話しましょう。

 日時:3月13日(水) 午後7時から9時 
 場所:東中野事務所
 会費:500円(ご飯、お味噌汁提供)


 ●「猫カフェ」(リアル開催)

 今回は、おなじみの中野の古民家カフェでのリアル開催です。猫を切り口に、暮らしのこと、老後のこと、なんでも話しましょう。猫を飼っていない人もお気軽にご参加ください。(人数確認のためお申し込み必須でお願いします。) 

 日時:3月23日(土)12時半JR東中野駅西口ロータリ集合、1時開催
 会費:800円


 ●グリーフ分かち合いの会(オンライン併用)

 同性パートナーとの死別の思いを分かち合う場を、奇数月に開催しています。こうした場が必要なかたがいらっしゃったら、どうぞおいでください。事務所参加は予約不要(お茶代500円)。

 日時:3月17日(日) 午後3時から4時半ごろ。
 場所:東中野事務所
 会費:500円 予約不要


 ●介護をするセクマイの会「ケアラーズ・カフェ」(オンライン)
 
 親や同性パートナーなど、大切な人の介護をする人の会。偶数月の平日や休日の夜に開催しています。介護は長い旅路。仲間との語らいをぜひペースメーカーに。

 日時:4月17日(水)午後8時から9時半ごろ 


 *4月中の「集い」は、レインボープライド(4/19から21)もあり、お休みします(ケアラーズカフェ除く)。レインボープライドでのブース出展その他の活動は、後日のメルマガ等でご案内します。

Comment (-)

いろんな集い、いろいろな感想(感想小特集)

 ●女性のためのお茶会「エム茶」で出る話題

 2月12日に第2回目となるエム茶が開催されました。参加人数は9名で、40~70代のシスジェンダー、トランスジェンダー女性の集まりとなり、リピーターさんあり新規の参加者あり、今回もなかなかに賑やかな会となりました。
 参加者の半数ほどは、これまでにも「猫カフェ」や各種勉強会に参加されていたかたでしたが、パープル・ハンズがまったく初めてのかたもいます。
 お茶会への参加理由としては、今後一人で生きていく、もしくはパートナーと過ごしていく上で、高齢期をどう過ごせばよいのか? と模索中であったり、日常では出会えない仲間とフラットに話してみたい、情報交換したい! といった動機が多くありました。話題についても互いの自己紹介に始まり、自身の老後や親の介護、墓じまいの話、死後事務のことなど、具体的かつ多岐に渡り、それぞれの生きてきた人生・経験を踏まえた含蓄のある内容となりました。
 なかでも、元・看護師の私が気になったことは、いまだに病院間で家族以外への対応にかなりの差がみられることでした。面会や病状説明などで親類縁者以外は一切シャットアウト‼ の病院もあれば、20年連れ添ったパートナーとして尊重され意思決定支援にも参加できた医療機関があったりと、さまざまでした。現在、厚生労働省でも医療のキーパーソンは親族限定ではないとガイドラインなどで明記しています。いざというとき、パートナーの療養生活や意思決定支援に参加できるよう病院側に申し入れる、そんな勇気をもちたいものです。下記の資料の10-11ページもぜひ参照してください。(世話人:まさみ、レズビアン)

 パープル・ハンズ編『介護や医療、福祉関係者のための 高齢期の性的マイノリティ理解と支援ハンドブック
 

 ●猫とカフェと私(「猫カフェ」、地方からも参加)

 猫を飼い始めて10か月になる。昨年春にペット可の物件を見つけ、念願がかなったのである。東京を離脱して今年で20年、長野県松本市での暮らしは現在で14年を数える。
 長野での歴史はそのまま今のパートナーとの付き合いの歴史で、つまりは20周年記念である。とくに祝いはしないが、しかし猫の誕生日は祝う。ウチの子は大晦日に生まれたらしいので昨年末はツレが猫用のケーキを買って与えた。少しかじって残していた。内心ほくそ笑んでいた私は意地が悪いのだろうか、ケーキなどで猫の歓心を買おうというツレの浅はかさをどこかで軽蔑していたのだろう。
 とは言え、ツレとの仲がさほど冷えてもいない私は、猫がいて住む家があれば不自由など何もないはずだが、それでも誰かと話したい。そんな時に猫カフェを知った。誰とは知らないが、同じLGBTQの人々と好きな猫の話(厳密にはウチの子の話)をできるのだから、この話に私が飛びついたのは言うまでもない。早や半年、まだまだ話し足りないようである。(TOM、ゲイ、55歳)


 ●10回を迎えた介護者の会「ケアラーズカフェ」

 2022年から細ぼそと開催してきたケアラーズカフェ、今回で10回目を迎えました。毎回、身近な人を介護している人、離れて暮らす親の様子を見に通う人の思いや、親亡き後の思いをポツリポツリとつぶやいて、それぞれの思いを共有しています。とは言え、介護では気持ちだけではなく事務的な手続きで頭を悩ますことも多いです。
 今回は、様子を見に通っている親の状態が変化すると、高かった要介護度が急に下がるかもしれないので心配…というお話から始まりました。要介護度が変われば使えるサービスや負担額も変わるため、そのつど気をもみます。このカフェで先輩介護者の知恵やいざという時の打開策を持ち寄って話せば、少しは楽に乗り切れるかもしれません。世話人には、専門職でもあり現役で親の介護をするメンバーもいますので、互いの思いを共有しつつ、介護生活に役立つ専門的な知識も提供することができます。年度末の忙しい時期ではありますが、親の介護と自分の健康、仕事や私生活のバランスをうまくとって乗り切っていきたいですね。(世話人:まぎゑ、理事、社会福祉士)

Comment (-)

私たち版のエンディンノートを作ろう・ワークショップ  第3回は「LGBTQの高齢期と精神保健」


 高齢期にぶつかりそうなさまざまな課題を、私たち性的マイノリティの条件(おひとりさま、同性おふたりさま、性別移行、HIVやメンタル疾患を持つ場合がある、など)で乗り越えるために必要な情報やポイントを整理するワークショップ。

 前回(第2回、2/17)は、地域の一人暮らし高齢者の見守りのカギともなる、社会福祉協議会(社協)について、中野区社協から来ていただき、学びました。どこの自治体にもかならず組織されている社協ですが、会場での知名度は いま一つ。赤い羽根募金やコロナで注目された緊急貸付の窓口でもあり、地域の町会や民生委員とも密接に結びつき、地域サポートのかなめとして、行政からの委託事業も多い、福祉行政の実働部隊といった感じです。
 高齢者への支援活動では、地域での「まちの居場所」づくりの支援、家事手伝いなどボランティアのマッチング(1時間:千円)、成年後見の相談窓口や物忘れが激しくなった人の重要書類を預かるなどのサービス、そして社協によっては高齢者見守りや終活支援の事業もやっていて、まさに中野区社協は「あんしんサポート」という事業をやっています。  
 区民で65歳以上でないと利用できませんが、定期訪問や相談のほか、高齢期によく困る緊急連絡先になってくれたり、オプション契約で死後の片付けを依頼することもできます。
 いま、高額な預託金を預ける民間の生前契約団体について、さまざまな課題も指摘されていますが、
 こうした社協の事業のほうが、まだ信頼感があるでしょう。
 全国の社協が終活事業をしているわけではないですが、まずはお住まいの地域の行政や社協に使える制度がないか、これから注目していきましょう。
        *
 第3回のワークショップでは、「LGBTQの高齢期と精神保健」として、精神科医のかたにさまざまなメンタル疾患や認知症などについて解説いただくとともに、メンタルヘルスの悪化率が高いと指摘されるLGBTQ当事者が、高齢期も地域ですこやかに過ごすために、ご一緒に考えてみたいと思います。
 会場およびオンラインでの参加です。申し込みフォームではご質問も受け付けております。
 ふるってご参加ください。

 と き:3月16日(土)17時から19時
 話し手:ゲイの精神科医
 ところ:コミュニティセンターakta(新宿二丁目) 会場参加定員20名
 参加費:会場参加のかた500円程度のカンパ(任意)、オンラインのかた無料(カンパで切手郵送など歓迎)
 申込み:こちらのグーグルフォームから 
Comment (-)

2月の集いのご案内

 当会では、性的マイノリティ当事者が、中高年からも安心して集える場の開催に努めています。ときに連絡とりあったり、ご飯食べたり、そんな友達ができるといいですね。zoomによるオンライン参加も受け付けています。
 すべての申込み・問合せはイベント・日時を明記で、info@purple-hands.net へ


 ●ちゃぶ台の会

 一品持ち寄りの、気の置けない食事会です。スーパーのおかずで大丈夫。夕食のお膳を囲みながら、いろいろお話しましょう。

 日時:2月13日(火)、3月13日(水) 午後7時から9時 
 場所:当会事務所
 会費:500円(ご飯、お味噌汁提供)


 ●「猫カフェ」(オンライン、3月はリアル)

 猫を切り口に、暮らしのこと、老後のこと、なんでも話しましょう。猫を飼っていない人もお気軽にご参加ください。 

 日時:2月21日(水)午後8時から9時半ごろ 
    3月23日(土)午後1時〜(リアル開催の予定)


 ●パープル・カフェ
 
 老後や40代からの暮らしをテーマに、おしゃべりする会です。いろんな話題を持ち寄って、お茶のひとときを。

 日時:3月3日(日) 午後2時から3時半ごろ 
 場所:当会事務所
 会費:300円 (2月3日の会はお問い合わせください)


 ●介護をするセクマイの会「ケアラーズ・カフェ」(オンライン)
 
 親や同性パートナーなど、大切な人の介護をする人の会。偶数月の平日や休日の夜に開催しています。介護は長い旅路。仲間との語らいをぜひペースメーカーに。

 日時:2月4日(日)午後8時から9時半ごろ 


 ●グリーフ分かち合いの会(オンライン併用)

 同性パートナーとの死別の思いを分かち合う場を、奇数月に開催しています。こうした場が必要なかたがいらっしゃったら、どうぞおいでください。事務所参加は予約不要(お茶代500円)。

 日時:3月17日(日) 午後3時から4時半ごろ。

Comment (-)

中高年のセクシュアルマイノリティ女性のためのお茶会「エム茶」(2月)

【前回報告】1月14日(日)初回の「エム茶」が開催されました。パープル・ハンズはオールジェンダーの会ですが、男性が多い集まりに女性は参加しづらいとのことで、「女性」の会を開催。このたびファシリテーター役を仰せつかりました。私自身は、あまり経験の無いことで、当日どのような方が参加して下さるのか、はたまた誰も来ないかも、と少々の不安もありつつ当日を迎えました。
 蓋を開けてみると、50〜60歳代の8人の集まりとなり、おかげさまでなかなかにぎやかな会となりました。はじめに自身の年齢や活動エリア、参加動機、最近興味のあること等、多少緊張しながらの自己紹介(ここまでは事務局長同席)。彼の退室後は女性だけで、「ウィメンズウイークエンドやラウドに参加したらお姉さま方が恐かった(うぶなときは先輩がたが大きく見えるもの。笑)」話や、「昔は文通が主流だったよね」的なあるある話も出てきて、同年代ということもあり、懐かしい感じが漂いました。また「昨今の2丁目はどうなっている?」とか、「ビアンのマッチングアプリってどう?」みたいな情報共有もあり楽しい話題が展開しながら、あっという間にお開きの時間。会話途中で出た「日常から離れて、こうしてたわいもない話をする場(サードプレイス)があってもよいかもね~~」的な集まりとなりました。
 今後は、事務所でのお茶会を継続しつつ、暖かくなったらお散歩等の野外活動もよいかもしれません。ゆったりのんびり「エム茶」が続いてくれると嬉しいな。(文責:まさみ、レズビアン)

 日 時:2月12日(月祝)、3月10日(日)、いずれも午後2時〜3時半ごろ
 場 所:東中野事務所
 参加費:500円(お茶代) お申込みはinfo@purple-hands.net へ
 
 *ご参加は、レズビアン、トランスジェンダーなどさまざまなセクシュアリティ/性自認のかたで、中高年からの生き方や暮らしの課題に関心のある、日常生活を女性として送っていらっしゃるかた。
 *当日は、はじめに事務局長(ゲイ男性)が同席してアイスブレイキング後退席し、司会と参加者のみの進行とします。


Comment (-)