パープル・ハンズ第4期(2016年度)の活動のご報告

(以下、メルマガより転載)

 過日、つぎのようなご挨拶状と都庁へ提出の法定報告書(事業・会計)を、会員・諸団体のみなさまにお送りいたしました。メルマガ登録のみなさまにも、ご高覧いただければさいわいです。
 なお、報告書本文(ワードファイル、エクセルファイル)の閲覧をご希望のかたは、お申し付けいただければ添付でお送りいたしますのでご連絡くださいませ。なお、都庁のホームページには約1か月ごにはpdfファイルで掲載されます。
 http://www.npo.metro.tokyo.jp


 謹啓
 新緑のころ、みなさまにはお元気にお過ごしのことと拝します。
 日頃はNPO法人パープル・ハンズにご理解とご支援をたまわり、まことにありがとうございます。

 当会は2月末日に法人第4期を終了し、現在、第5期の活動に入りました。これもひとえに応援くださるみなさまのおかげと、心から感謝申し上げます。
 昨年度の事業報告書と会計報告をお届けいたしますので、ぜひご高覧ください。

 当会の特徴は、「性的マイノリティの老後を考え、つながるためのNPO」「老後と同性パートナーシップのたしかな情報センター」といったキャッチフレーズで説明しています。

 まず、昨年度の活動をご紹介します。

 シニア層のお客さんが多いゲイバーが集まる上野・浅草エリアで、老後セミナー「にじ色あんしん老いじたく講座」を3回シリーズで開催しました(一般財団法人ゆうちょ財団助成事業)。「標準家族」ではない当事者の事情に即した、実践的な内容で好評をいただき、終了後の交流会も楽しみとのお声をいただいています。これと合わせて少し若い目の世代にあわせて新宿のaktaさんでも、ライフプラン講座を続けています。

 パープル・カフェは、集いの場をほぼ月一で開催、老後の不安なども安心して話せる場として、初めての人からリピーターまで、ご好評をいただいています。支援者のなかにはお菓子を送って下さるかたもいます。

 相談事業は、電話相談に加え、やはりゆうちょ財団さんの助成をいただき、ゲイに多いHIV陽性者のライフプラン相談を実施し、昨年は11人のかたのお話しをうかがい、貴重な事例を集めることができました。

 そして、一般社会への情報発信として、昨年3月には、生活協同組合パルシステム東京さんの助成金をいただき小冊子(『高齢期の性的マイノリティ 理解と支援ハンドブック』。現在品切れ)を発行、それにあわせてシンポジウムを開催し、70名のかたに聴講していただきました。
 そのほか、HIV陽性者の長期療養支援の場面などを中心に、講演等の依頼をいただいています。

 決算内容はあいかわらず収支それぞれ100万円強の小さな規模で、昨年度は1万6千円程度の黒字で終わりましたが、このほとんどは助成金を受け、受けた助成金で助成事業を行なったもので、「通過会計」の現状です。助成事業以外の事務局/団体を運営するための管理費は、みなさまからの会費などの自主財源で賄っていますが、事務局員への人件費や、個人事務所に間借りするための家賃や水光熱費等の事務所費の按分は、まだ実現するだけの体力がないのが現状です。

 さて、第5期の今年もとくに代わり映えなく、生活に立脚した視点で、できることを、できる範囲で、地道に続けてまいります。
 当会の持ち味である実践的なライフプラン講座を、新宿と上野で並行して開催する予定であり、今年度もゆうちょ財団の助成金に採用していただきました(第1回のチラシを同封しました)。
 また、パープル・カフェもほぼ毎月、開催します。手薄な広報にも注力し、認知拡大やそれによる研修事業の受託などにつなげたいと思っています。

 それに加え、新しい事業の動きも出てまいりました。これらは別紙に記載しております。冒頭に掲げたキャッチフレーズに加え、今期はさらに、「性的マイノリティに対応するライフサポート事業体」をめざして、新たなトライをしたいと考えています。ぜひご高覧いただき、みなさまからのご鞭撻をいただけましたら幸いです。
 今後の活動はメルマガでお届けするほか、ツイッターやブログ等でもぜひチェックしてくださいませ。
 以上、最後までお読みくださいまして、まことにありがとうございました。

 末尾ながら、みなさまのますますのご健勝をお祈り申し上げます。

 敬具

 2017年5月吉日

 特定非営利活動法人パープル・ハンズ 
 事務局長 永易至文




 【別紙】
パープル・ハンズ 2017年度の活動

 従来からの継続

◉あんしん老いじたく講座(上野)*、ライフプランニング研究会(LP研、新宿)の継続
3年目に入ったシニア向けの上野講座、8年目に入った若い人から役に立つ新宿講座を、続けていきます。社会が悪い、差別が悪い、と他を責めるまえに、意外にできることはたくさんあります。知は力!
*一般財団法人ゆうちょ財団助成事業

◉LGBT/HIV陽性者のライフプランニング相談*
電話相談はいつでも、対面相談もLGBT全般からお受けできるようになりました。
*一般財団法人ゆうちょ財団助成事業

◉パープル・カフェの月例開催
月末の土曜か日曜に開催。はじめましてからリピーターまで。お気軽に。

◉介護や高齢福祉領域への認知拡大
対外的な「営業」が全然弱いので(当会はおもに当事者向け活動に注力)、介護や高齢福祉、行政の男女参画部門を中心に、こうした団体があること、一般基礎知識研修もさることながら当事者向け生活相談などにあたれることをPRしたいと思っています。


新しい活動、ニューチャレンジ

◉グリーフ分かち合いの会の開始
死別経験者のご相談が続いたことから、カフェの別枠として、当事者の分かち合いの会を年4回ほど計画しています。他の同種の団体の活動とも連携し、年間を通してコミュニティのどこかでわかちあいの場を提供できればいいかなと思っています。

◉緊急連絡先預かりサービス(身元引き受け人)
一人暮らし、親族等と不仲など緊急連絡先がない人に、緊急連絡先として当会をご指定いただくサービスを、当会の特別会員(年1万2千円)として開始します。万一時には緊急連絡を受けるとともに、事前に打ち合わせた対応をします。

◉性的マイノリティと介護・高齢期研究会
介護にかかわる大学教員や専門家との連携をきっかけに、ネットワークが動きはじめました。当事者インタビューやネット調査を行ない、学会発表やエビデンスにもとづく種々の研修・資材作成などに活用していきます。

◉小冊子「理解と支援ハンドブック」3刷をクラウドファンディング
助成金で作成の初刷・1500部、自費増刷した2刷・2500部もなくなり、3刷を計画中。クラファンに初挑戦し(2刷への補填ふくめ30万円を予定)、資金調達とともに当会の活動の広報をはかります。

◉成年後見法人へのトライアル(主にHIV領域)
HIV領域を中心に、一人暮らし、高齢期で、認知症、親族と疎遠といった課題をかかえる人の問題が指摘されはじめました。そういうかたを、外付け家族として支えるのが成年後見制度です。当会では、行政書士や社会福祉士からなる実務班と、その活動を監督する専門家によるカンファレンス委員会とによる、法人後見の受任体制を現在、構築中です。


=============================================
特定非営利活動法人パープル・ハンズ
事務局長 永易至文
〒164-0003
東京都中野区東中野1-57-2柴沼ビル41号
TEL : 03-6279-3094
http://purple-hands.net/
ツイッター :@PurpleHands_net
=============================================
スポンサーサイト
Comment (-)

グリーフ分かち合いの会(5/20)とパープル・カフェ(5/27)

 3月にトライアルで開催してみた、大切なかたとの死別を経験した人の語り合いの会では、さまざまな学びがありました。当会では今後、年4回ほど、死別経験をされたかただけの語り合いの場を開催することになりました。コミュニティ内の同種の活動と連携し、毎月どこかでこうした場が開催されていることが希望です。
 パートナーや親友など大切なかたとの死別に悩み、こうした分かち合いの場を求めているかたは、どうぞおいでください。予約は不要です。当日のお気持ちに任せてご参加ください。

 開催のご要望の多い「パープル・カフェ」は、月末の土曜か日曜に開催します。40代からの語り場をテーマとする集いの場です。はじめましてのかたからリピーターのかたまで、どうぞお気軽においでください。

 グリーフ分かち合いの会
 5月20日(土曜)午後3時~5時、東中野事務所、茶菓代:300円
 (死別を経験されたかたのみの会です)

 パープル・カフェ
 5月27日(土曜)午後3時~5時、東中野事務所、茶菓代:300円
 (どなたでもご参加になれます)

Comment (-)

第1回「にじ色あんしん老い仕度」講座(6/17、上野)受付開始

 老後のお金と住まい、こう考える!

 高齢期ならではのお金、貯金、保険、年金、
 そして高齢者用住宅などの情報と
 考え方のコツを、私たちバージョンでご紹介します。


 昨年、一昨年と大変ご好評をいただいた、性的マイノリティのための老後ライフプラン講座「にじ色あんしん老いじたく」を、3年目の今年も一般財団法人ゆうちょ財団さまの助成金をいただいて、上野で開催いたします(全3回)。
 ひとり暮らし、同性二人暮らし、家族にカミングアウトしていない、戸籍の性が違う、HIV陽性……など、私たちの事情に即して、老後のお金や暮らし、法律のことなどの不安やお悩み解決に役立つ情報をお届けします。

 第1回は、不安の多い老後のライフプランニングに役立つ情報のまとめです。富裕層向けではなく、ほどほどのお金で安心して暮らすために、本当に備えなければいけないことはなんなのか。みなさまとご一緒に考えてみたいと思います。
 当事者の専門家による、当事者の事情に即した、当事者のための、老後のライフプランセミナーです。ぜひ、ご参加になってみませんか。

 日 時:2017年6月17日(土曜)午後1時半~3時半(座席数30名)
 会 場:地下鉄銀座線・上野駅から徒歩1分(お申込者にご案内)
 講 師:永易至文(パープル・ハンズ事務局長、行政書士、2級FP技能士)
  性別不問、参加費無料、秘密厳守 

 お申込みは、お名前(ニックネーム可)と年齢を書いて、info@purple-hands.net へご送信ください(上野申し込みと明記)。
 おおむね40代以上のご参加を想定。 申込み締切は6月15日夜12時
 定員を超えた場合、年齢のお若い順にご遠慮いただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 昨年と同様の内容ですが、またご聴講いただいてもかまいません。
 終了後、向かいのイングリッシュパブのハッピーアワーで軽く交流会を予定しています。(自由参加)
 交流会だけのご参加も歓迎です。別途お問い合わせください(昨年受講されたかたもぜひどうぞ)。

 *一般財団法人ゆうちょ財団助成「金融相談等活動助成事業」

上野講座①


Comment (-)

レインボーウイーク、盛況のうちに終了

 4月末から5月の連休時に、RAINBOW WEEKと称してさまざまなイベントが開催されました。パープル・ハンズでも、5月3日に中野区の公共施設で二つのイベントを開催しました。

 LGBTと介護・高齢福祉を考えるお茶会には、介護や高齢福祉にかかわる専門家・有資格者が約20名参加しました。当事者のかた、理解者のかたと、立場はさまざまで、当事者にも当会の集まりでは少数になりがちなトランスジェンダーのかたもお名乗りがあっただけでも3名のかたが参加くださいました。
 それぞれの状況や見聞、問題意識を語り合い、有意義な交流ができました。
 今年、当会では高齢期の当事者のインタビュー、さらに介護や高齢期に関する多世代からのネット調査に取り組みたいと思っています。協力を申し出てくださるかたもおり、今後の当会の特徴となればいいなと思っています。

 夕方からは「講演会+活動報告会」を開催。
 最初に事務局長から、昨年度(4期)の活動実績や今年度に新たに展開を予定している活動等について報告をしました。
 続いてメインでは、長く札幌での当事者活動の中心の一人である鈴木賢・明治大学教授からお話をうかがいました。鈴木さんは、90年代以来の札幌での活動を振り返り、最近の札幌でのパートナーシップ公認制度導入までの動きを紹介しました。地元の当事者、弁護士会、メディア、行政内部の理解者らによる連携、住民票を添えての当事者の可視化や要請、全国からの支援メッセージなどで市を動かしていった歩みが語られました。最後は、このLGBTブームを千載一遇のチャンスと捉え、LGBT市場や階層格差(いわゆるキラキラ路線)などさまざまな論点はあるが、「分断を拒み、内部対立に無用なエネルギーを使わず、同床異夢でも行けるところまで行こう」という提言には、長く見てきた人だからこそ言える見識でした。

 7日のパレード当日は、当会もブースを出し、パンフレットや新作の「緊急連絡先カード」などを約700部、配布することができました。ブースに立ち寄っていろいろお話くださるかたもいました。

 今後ともみなさまのご支援やご鞭撻を、お願い申し上げます。

Comment (-)

今後のお茶会予定 + ちょっとお出かけしませんか

 4月のパープル・カフェは、レインボーウイーク関連の準備多忙のため、お休みします。
 パレード会場やイベント等で、ぜひお会いしましょう。

 つぎのパープル・カフェは5月27日土曜を予定しています。

 ところで、事務局長(永易)は音楽が好きで、ときどきN響の定期公演に出かけます。4月21日(金)午後7時から、NHKホールでの定期演奏会(参照)に出かける予定です。自由席は1500円で、とてもお得です。今回はベートーベンとブラームスの重厚なプログラムも魅力です。
 お仕事を終えておいでになれるかた、家で引きこもっているかた、ときには音楽を聴いてみませんか? 終了後は渋谷で軽くお食事などもいかがでしょう。お好きな席で聴いたあと、終了後、ホール正面玄関の向かって左側でしばらく立っていますから、どうぞお声がけください。直接メールくださるのも歓迎です。切符はそれぞれお好きな席をご準備ください。
 パープル・ハンズでは、あまりお金をかけない小さな楽しみ交流会を、ときどき呼びかけていく予定です。


 
Comment (-)

グリーフ「わかちあいの会」をやってみました

 3月25日のパープル・カフェは、普段はテーマを決めませんが、試験的に「大切な人との死別」をテーマに開催。重いテーマにもかかわらず12名が集い、司会側をふくめ4名のかたがパートナーとの死別の経験を語りました。司会以外はいずれもこの2年以内の経験で、悲しみはまだまだ癒えず、涙をこぼす場面もありましたが、だれかに話し、聞いてもらうことで、つぎの段階へ進もうとしているのかもしれません。

 主催側でも、今回をトライアルとして、今後はパートナーと死別の経験をされたかただけで、わかちあいの会をもちたいと考えています。今回もゲイ男性のみの参加となり、ジェンダーの壁が高いことを感じますが、ドアはどなたにも開いております。レズビアンのかた、トランスジェンダーのかた、クエスチョニングのかた、どなたでもどうぞご参加ください。
 
 次回は、5月20日(土曜)午後3時~5時、東中野の事務所で開催します。
 参加を希望されるかたは、ご記憶いただければさいわいです(申し込み等は不要です。来月また告知します)。

Comment (-)

LGBTと介護・高齢福祉を考えるお茶会

 当会では介護や高齢福祉の面から性的マイノリティにかかわりたいと考えている当事者や支援者(アライ)のかたの専門家や有資格者のネットワーキングを進めています。
 5月3日の講演会のまえに、同じ会場でお茶会を開催します。日々の業務のなかで見かけたLGBTに関連しそうなエピソード、自分の思いなどを気軽に話しあいませんか?
 
 参加費 300円 
 5月3日(水、休日、午後3時~5時)
 中野区産業振興センター大会議室
 申し込みは不要。直接会場へおいでください。お菓子等の差し入れ大歓迎。夜の講演会もぜひどうぞ!


 このイベントは東京レインボーウイークに参加しています。

 
Comment (-)

レインボーウイーク講演会+活動報告会

講演会+活動報告会

 90年代ゲイブームから10年代LGBTブームへ
  ~札幌・台湾・東京、30年間考えてきたこと、そして未来へ願うこと

 お話・鈴木賢さん
 ドメスティックパートナー札幌代表、明治大学教授 

 現在、「LGBT」をめぐる目覚ましい動きが日々、報じられます。LGBT人材活用で企業の活力創出、あるいはLGBTで日本も誇れる国へーーときに肝心の「当事者」を置き去りにし、事態がどんどん動く観さえあります。この激動する時代を私たちは当事者としてどう受け止め、未来をいかに展望するのか。
 1980年代末から活動をはじめ、90年代のゲイブームのなかで自己受容し、東京ではなく札幌にこだわって、長くコミュニティ活動にかかわってきた先行者に、LGBTブームのいま、等身大の私たちの視点から、過去と現在、そして未来を読み解いていただきます。

 当日は鈴木さんの講演に先立ち、特定非営利活動法人パープル・ハンズ2016年度活動報告を事務局長・永易至文より行ないます。あわせてご聴取ください。

 5月3日(水、休日、午後6時~8時半、開場5時半)
 参加費1000円(会員500円、事情のあるかた無料・問い合わせフォームでご相談ください)
 中野区産業振興センター大会議室(JR中野駅徒歩5分)

 資料の準備のために、お申し込みをお願いします。
 

 このイベントは東京レインボーウイークに参加しています。
 参加費の純益は、当会のファンドレイジングに役立てられます。
 当日会場でも入会手続きができ、当日から会員価格が適用されます。


Comment (-)

3月のパープル・カフェ「大切な人との死別」をテーマに開催

 3月25日(土)午後3~5時
 パープル・ハンズ事務所(東中野1-57-2柴沼ビル41号) 
 

 暮らしや老後のことを語り合うシニアからの「しゃべり場」。
 ときにパートナーや大切な人と死別した経験を話されるかたがいます。
 長い人生のなかで死別は何度となく訪れる経験かもしれませんが、そこには性的マイノリティならではの深い悲しみもあるようです。
 パープル・カフェはこれまでとくにテーマを設けず開催していますが、3月のカフェでは、試験的に「大切な人との死別」をテーマに開催してみたいと思います。
 あなたのご経験をお話いただけるとうれしいです。
 でも、お話が困難な場合は、聞いているだけでもかまいません。


 性別セクシュアリティ年齢不問
 茶菓代 300円 予約等不要・途中入退場可

Comment (-)

2017年度も、ゆうちょ財団の助成で講座と相談を実施します

 パープル・ハンズは、新宿のaktaで2010年4月から開始した「同性愛者のためのライフプランニング研究会(LP研)」をその前身とします。2017年の今年で8年目に入ったことになります。

 LP研は、同性婚も差別禁止法もない日本で、それでも私たちがこれからの老後を含め、安全に一生を送っていくには、まずは現行の法律や制度を理解し、それを活用しよう、というところからスタートしました。さいわいさまざまなかたの支持を得て、現在も基幹イベントとして継続しています。

 無料で利用できるaktaさん以外の場所でも開催したい、とくにシニア層が多いといわれる上野・浅草で開催したいと思いながら、資金がないためかないませんでしたが、2015年度から一般財団法人ゆうちょ財団さんの「金融相談等活動助成事業」に採用していただき、上野で「にじ色あんしん老いじたく」講座を3回シリーズで開催してきました。助成への採択は、金融等の場面でも、性的マイノリティの存在への認知が広がってきたことの反映と、嬉しく思っています。

 昨年度は講座に加え、長期延命が可能になったHIV陽性者(ほぼゲイ)のための無料ライフプランニング相談も、助成を受けて提供することができました。11名の年齢も違うゲイのHIV陽性のかたのご相談にあずかるとともに、貴重な事例を収集することができました。

 さて、2017年度もこの「老いじたく」講座(全3回)と、性的マイノリティー全体へ拡大しての無料ライフプランニング相談への助成を申請したところ、さいわいご採択いただくことができました。
 今年の助成先一覧

 現在も、すでに使える制度や方法がありながら、それを知らないばかりに、同性パートナーとの生活や、一人暮らしの老後などに、よけいな不安を覚えているかたは少なくありません。知ることで改善できることがあるなら、まずはそこから。
 
 講座の開催や相談会の概要は、随時このメルマガでもご案内してゆきます。ぜひふるってご参加・ご利用くださいますように。

Comment (-)